映画【マイティ・ソー】の詳細なあらすじ解説&感想【マーベル映画】

映画【マイティ・ソー】の詳細なあらすじ解説&感想【マーベル映画】ソー

アベンジャーズにおける最高戦力の一人、雷神ソーが初登場!

他MCU作品にも登場するキャラクターが顔見せする重要な物語。

映画「マイティ・ソー」の基本情報

映画「マイティ・ソー」の基本情報

映画『マイティ―・ソー』基本情報

監督:ケネス・ブラナー
脚本:アシュリー・エドワード・ミラー,ザック・ステンツ,ドン・ペイン
主演:クリス・ヘムズワース
公開:2011年7月2日
上映時間:114分
製作費:150,000,000ドル
興行収入:449,326,618ドル

イカ
イカ

アベンジャーズ屈指の強キャラ「ソー」がついに本作で登場!

ハカセ
ハカセ

MCUの世界観を大きく広げた一作なのじゃ。

映画「マイティ・ソー」は【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題配信中。

Disney+ (ディズニープラス)

映画「マイティ・ソー」の詳細なあらすじ解説

映画「マイティ・ソー」あらすじ

プロローグ

天文物理学者のジェーン・フォスターは、ニューメキシコで謎のオーロラを観測中に、どこからともなく現れた男性を車ではねてしまった。

西暦965年、氷と暗闇の国ヨトゥンヘイムから来たフロスト・ジャイアントたちが、ノルウェーのトンスベルグに攻め入っていた。

その者たちによって地球は氷漬けにされかかったが、オーディン率いるアスガルドの軍団は、ラウフェイ率いるフロスト・ジャイアントの侵略からミッドガルド(地球)を守るための戦い勝利し、そのパワーの源である「箱」を奪い取った。

オーディンはそれらのエピソードを引き合いにして、宇宙に平和をもたらす存在であるアスガルドの戦士の精神を、まだ幼い二人の息子に語って聞かせていた。

ソーの王位継承

そして現代、オーディンの長男であるソーがアスガルドの王位を継承することになり、盛大な儀式が行われていた。

しかしその最中に、フロスト・ジャイアントが「冬の小箱」を奪おうとアスガルドの宝物庫に侵入する事件が発生したが、戦闘マシン「デストロイヤー」によって阻止された。

オーディンはラウフェイとの休戦を崩したくないためこの件について追及することはしないと決めていたが、儀式を台無しにされたソーはオーディンの制止を無視して、弟のロキ、幼馴染のシフ、「ウォリアーズ・スリー」のヴォルスタッグ、ホーガン、ファンドラルを引き連れ、ヨトゥンヘイムに攻め込もうとした。

アスガルドの戦士にして、9つの世界をつなぐ天文台「ビフレスト」の番人であるヘイムダルを説得した一行は、ヨトゥンヘイムに降り立つとすぐに激しい戦闘となった。

戦闘の中で、フロスト・ジャイアントに触れられた部分は凍傷のダメージを負うことが分かったが、何故かロキにだけはその攻撃が通用しなかった。

多勢に無勢となり追い込まれていった一行だったが、オーディンが介入したことで無事に退却することができた。

しかしソーの先走った行動は、アスガルドとヨトゥンヘイムが対立するきっかけを作ってしまったのだった。

このことに激怒したオーディンは、ソーのパワーを奪うと、ムジョルニアと共に地球に追放した。

コールソンの登場

冒頭のシーンへと戻り、ニューメキシコ州へと落下したソーは、天文物理学者のジェーン・フォスター、そのアシスタントのダーシー、指導者のエリック・セルヴィグ博士の乗る車にはねられたあと保護され、病院に搬送された。

ジェーンはソーが現れた場所にワームホールが出現していたと考え、そのワームホールを通って現れたのが彼なのではないかと考えた。

そして、ソーが現れた場所からやや離れた場所で発見されたムジョルニアは、誰にも持ち上げられないことから観光スポットとして賑わっていた。

その特殊性を聞きつけたS.H.I.E.L.D.エージェントのフィル・コールソンは、ムジョルニアの調査を始めた。

ロキの出生秘話

その頃アスガルドでは、ソーの追放に納得がいかないシフやウォリアーズ・スリーの間で、フロスト・ジャイアントをアスガルドに侵入させてソーが追放される計画を企てた犯人がロキなのではないかと推測されていた。

その頃宝物庫に侵入し「箱」を持ち出そうとするロキを見たオーディンは彼を制止し、自分の正体に疑念を持つロキに対して真実を語って聞かせた。

ミッドガルドを守る戦いの後、オーディンは荒れ果てた寺院でラウフェイの息子である赤ん坊を見つけ、養子とした。

オーディンは当初、この赤ん坊がアスガルドとヨトゥンヘイムの懸け橋となることを期待し育てたが、共にいるうちに情が移り、今では本当の息子のように思っていることをロキに伝えた。

しかしロキは、オーディンが自分を利用するために育てたのだと納得せず、激怒した。

その直後、オーディンは深い眠りについてしまったためロキが代わりに王位についた。

ムジョルニア

ソーが研究に役立つ人物なのか、それともただの変人なのか見極めかねていたジェーン・フォスターたち一行は、一度ソーと別れたものの研究データと機材をS.H.I.E.L.D.のコールソン捜査官に押収されてしまった。

ムジョルニアを探すソーと研究データを取り戻したいジェーンは再度合流し、S.H.I.E.L.D.のキャンプに向かった。

単身でキャンプに乗り込んだソーは次々に警備兵を打ち倒してムジョルニアの元へと進んでいった。

危機を感じたコールソンはクリント・バートン(ホークアイ)をキャンプ上部へと待機させ、いつでも狙撃できるよう対応した。

その後ムジョルニアの元にたどり着くことに成功したソーだったが、地面に刺さったムジョルニアを持ち上げられず、捕らわれてしまうのだった。

ソーの改心

捕らわれたソーの前に現れたロキは彼の心を挫くため、オーディンが死亡し、母親はソーの帰還を許していないと嘘をついた。

しかしこの嘘を真摯に受け止めたことでソーは改心し、これまでの傲慢な態度や考えを改めるきっかけとなった。

その後ロキはヨトゥンヘイムを訪れてラウフェイに謁見すると、オーディンの暗殺を依頼し、成功すれば「箱」を返すと約束した。

ロキに不信感を抱いたシフとウォリアーズ・スリーは、ソーを連れ戻すためにビフレストの番人であるヘイムダルを説得し、地球へと向かった。

そのことに気付いたロキはソーとその仲間たちを抹殺するため、ヘイムダルを氷漬けにして始末するとデストロイヤーを地球へ送り込んだ。

シフとウォリアーズ・スリーがデストロイヤーに立ち向かうが、まったく歯が立たずに敗北。

ジェーンや仲間たちを救いたいソーはその身をデストロイヤーの前にさらし、自分の命と引き換えに皆を守り死亡した。

その時、再びソーを主と認めたムジョルニアが飛来し、力を取り戻したソーは蘇るとデストロイヤーをあっという間に粉砕した。

兄弟対決

氷漬けの状態から自力で脱出したヘイムダルは、ソーの呼びかけに応じて彼らをアスガルドへ帰還させた。

しかし既にロキはラウフェイたちをアスガルドに侵入させており、オーディンに命の危機が迫っていた。

オーディンの寝室に侵入したラウフェイがオーディンに氷の刃を突き立てようとしたその瞬間、ロキがラウフェイを攻撃したことで殺害は阻止された。

そこにソーが駆け付けると、母親とオーディンの前でロキの嘘を暴いたのだった。

その後ロキはビフレストを暴走させてヨトゥンヘイムを崩壊させようとしていた。

彼の真の目的はオーディンの暗殺などではなく、父親を窮地から救ったことで認められ、真のアスガルドの王となることだった。

ロキを止めようとするソーは激闘を繰り広げ、最終的にソーが勝利した。

しかしビフレストの暴走は止まらなかったため、ソーは二度とジェーンに会えなくなると覚悟の上でビフレストを破壊した。

爆発に巻き込まれた二人は宇宙に投げ出される寸前、目覚めたオーディンによって助けられるが、計画の全てが失敗に終わったロキは自ら宇宙の彼方へと姿を消したのだった。

エピローグ

ソーはビフレストの跡地に佇むヘイムダルに、ジェーンの様子を尋ねていた。

ジェーンはソーとの再会を実現させるため、研究に精を出していた。

その後、S.H.I.E.L.D.の基地に招かれたセルヴィグ博士はニック・フューリーから無限の力を生み出す謎のキューブの調査を依頼されていた。

依頼を承諾するセルヴィグだったが、その陰にはロキの姿があった。

映画【マイティ・ソー】の感想

物語:B

配役:A

演出:B⁺

映像:B⁺

音楽:B

※あくまでハカセの個人的な感想を数値化したものです。

ハカセ
ハカセ

というわけで、映画【マイティ・ソー】の面白さは・・・

B⁺ なのじゃ!!

ソー役のクリス・ヘムズワース、ロキ役のトム・ヒドルストンがまさにハマリ役じゃった!

イカ
イカ

当時二人はまだ駆け出しの俳優だったんだよね。才能を見抜いて抜擢した製作陣もまさに神!

↓登場人物の解説はこちら↓

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました