【MCU・SSU】ヴェノムが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【スパイダーマン】

【MCU・SSU】ヴェノムが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【スパイダーマン】まとめ

原作ではスパイダーマンの宿敵的存在!

マルチバースによって二つの世界が交錯した時、二人はついに出会うのか?

【MCU・SSU】ヴェノムが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【スパイダーマン】

ヴェノムの基本情報

ヴェノムの基本情報

本名:エディ・ブロック

地位:記者

立場:ヒーロー?

現在:元の次元に戻った?

初登場:2018年「ヴェノム」(映画)

イカ
イカ

旧スパイダーマン三部作でも登場したキャラクターだし、結構有名なキャラクターだよね。

ハカセ
ハカセ

最近ついにMCUにも合流したのじゃ!ちょっとだけじゃがのう。

\AmazonGWセール開催中/

ヴェノムが登場する映画・ドラマ作品一覧

ヴェノムが登場する映画・ドラマ作品一覧

ヴェノムが登場する映像作品は、今のところ4作品!

⒈映画「スパイダーマン3」2007年

サムライミ版「スパイダーマン」三部作の三作目にて「ヴェノム」が初登場。

地球に落下した流星の中に黒い生命体が潜んでおり、ピーター・パーカーに寄生すると彼を「ブラックスパイダーマン」へと変身させた。

しかし生命体はピーターに凄まじいパワーを与える一方で、次第に凶暴化して暴走するようになっていく。

そのせいで恋人であるメリー・ジェーンを傷つけてしまったため、ピーターは教会の鐘の音が鳴り響く中で生命体を引きはがした。

生命体が落下した先にはエディ・ブロックJr.という、ピーターを恨む記者がおり、生命体は彼に寄生すると新たなヴィラン「ヴェノム」となった。

終盤には激しい戦いを繰り広げたが、音が弱点であることをスパイダーマンに見破られ劣勢に追い込まれ、最終的にニューゴブリンのパンプキン型爆弾の爆発に巻き込まれてエディごと消滅した。

⒉映画「ヴェノム」2018年

サムライミ版の作品とは別の物語・世界観で主役としてヴェノムがSSU初登場。

記者のエディ・ブロックは、ホームレスを使って人体実験を繰り返しているライフ財団を調べていたが、圧力をかけられ会社をクビにされ恋人にも別れを告げられた。

後戻りできないエディがライフ財団の施設に侵入すると、何かの被験者として捕まっていた知人のマリアを見つけ、救出する。

その際、彼女に寄生していた黒いタールのような地球外生命体のシンビオートがエディ・ブロックに取りつき、「ヴェノム」と名乗った。

⒊映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」2021年

映画「ヴェノム」の続編。

ヴェノムの一部を取り込んだ死刑囚のクレタス・キャサディが「カーネイジ」として覚醒し、ヴェノムと激しい戦いを繰り広げた。

エンドクレジット後の映像ではMCU版「スパイダーマン」の次元へと移動した様子が描かれており、テレビに映る「ピーター・パーカー」の姿をエディとヴェノムが目撃した。

⒋映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」2021年

エンドクレジット後の映像に登場。

どこかの酒場にてこの世界のことを店員に尋ねるエディとヴェノムだったが、元の次元に戻る時間がきたようですぐにいなくなった。

しかし酒場のカウンターには、シンビオートの一部が残されていた。

ヴェノムが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ

いかがだったでしょうか。

旧スパイダーマンにも登場しているので、どのような描かれ方をしているのか確認してみるのも面白いかもしれません。

またマルチバースによって同じ世界に存在していたのに、スパイダーマンとの交流は今回叶いませんでした。

本当の意味での共闘(または敵対)がいつか見られるのでしょうか。

それともヴェノムが残していったシンビオートが、MCU版のヴェノムを誕生させるのでしょうか。

この先の展開を考えるだけで非常にワクワクしてきますね。

↓原作での活躍はこちら↓

\Amazon初夏セール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました