【ドクター・ストレンジ】バロン・モルドの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【MCU】バロン・モルドが登場する映画・ドラマ一覧まとめヴィラン

悪の魔術師バロン・モルド!

彼の目的は究極の力を入手すること!

バロン・モルドの誕生・能力・活躍

バロン・モルドの誕生・能力・活躍
バロン・モルド基本情報

本名:バロン・カール・アマデウス・モルド

出身:トランシルヴァニア、ヴァーフマンドラ

身長:183cm

体重:113kg

ライバル:ドクター・ストレンジ

初登場:1963年「STRANGE TALES」♯111

イカ
イカ

モルドは映画「ドクター・ストレンジ」に登場した、ストレンジの兄弟子だよね。

ハカセ
ハカセ

物語の終盤でヴィランへと身を落とした彼じゃが、原作ではどのように描かれているのじゃろう。

バロン・モルドが登場する映像作品

・映画「ドクター・ストレンジ」2016年

・映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」2022年
※全作品【Disney+ (ディズニープラス)】にて見放題配信中。

バロン・モルドの誕生

バロン・モルドの誕生

バロン・カール・アマデウス・モルドは、トランシルヴァニアにある古い貴族の家に産まれた。

生まれながら富に恵まれていた彼は望むことをなんでも叶え、贅沢な生活を送ることができていた。

彼の祖父はちょっとした変わり者で、黒魔術などのオカルト研究を趣味としていた。

その影響を受けたモルドは魔術に対して異常なまでの関心を持つようになり、エンシェント・ワンと呼ばれる神秘的なチベット人を探し出すとすぐに弟子入りしたのだった。

エンシェント・ワンはモルドの内側にある力への強い渇望をすぐに見抜いていたが、自分が教育し注意深く見守ることで更生させることができると考えていた。

しかし修行を積んでもモルドは更生せず、それどころかエンシェント・ワンの知識を全て学んだと思い込むようになると、師匠の殺害を企むようになった。

その危険な企みに最初に気付いたのは、ドクター・ストレンジだった。

ストレンジとモルドは激しい魔術バトルを繰り広げ、ストレンジが拘束されたことで決着がついたかと思われたが、裏をかいたストレンジの勝利に終わった。

その後モルドは外界に追放された一方で、ストレンジエンシェント・ワンの新たな弟子として迎えられ、強力な魔術師に成長した。

モルドは外界に追放された後も独自に黒魔術の研究を続け、世界有数の魔術師となった。

BLACK FRIDAYセール開催中

バロン・モルドの能力

バロン・モルドの能力

強力な魔術

世界で最も強力な魔術師として数えられるバロン・モルド。

モルドは魔術のパワーを3つの源から得ており、それは「神秘的存在への祈祷」「宇宙の神秘的エネルギー」「自身の魔力」である。

彼が特に得意としている分野の魔術は「幽体離脱」と「催眠術」であるが、魔術を使って悪魔の召喚やテレポートなどもすることができる。

\⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中

バロン・モルドの活躍

バロン・モルドの活躍

打倒ストレンジ

モルドは自分の計画を邪魔したストレンジに対して復讐を決意しており、それを原動力として地球上でもっとも強力な魔術師の一人と呼ばれるほどの力を身に着けた。

だがドクター・ストレンジも強力な魔術師へと成長し、ソーサラー・スプリーム(至高の魔術師)とまで呼ばれるようになっていた。

そのためモルドは更なる大きな力を求めようと様々な企てを実行に移し、それをストレンジが阻止するといった戦いが何度も繰り広げられた。

その中でモルドは、ドルマムゥやウマルといった地球を消滅させかねない危険な存在を召喚してドクター・ストレンジを追い詰めたことがある。

また力を得るために魔王メフィストに魂を売ったこともあるが、それらの試みはすんでのところで失敗に終わっている。

そして、強大な存在の召喚や闇の力を得るための魔術を繰り返したモルドの肉体は、いつの間にか限界を迎えていた。

精神は衰弱し、身体は末期のがんに蝕まれ、モルドの死期は近づいていた。

動けなくなった彼はストレンジの保護下に置かれ、死の直前にようやく悪の道へ進んだことを後悔して絶命した。

だが彼は驚くべきことに記憶を失って復活を果たし、またしても悪の道を進むことを選んだのだった。

宿敵ドクター・ストレンジをこの世から消し去るために。

\⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中/

MARVELレジェンドシリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー ブラックパンサー 6インチ(15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー2個付き
created by Rinker

バロン・モルドの強さ

バロン・モルドの強さ

パワー:C

耐久力:B⁺

スピード:B(S)※テレポート能力を所持

知能:B

エネルギー:B⁺

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、バロン・モルドの強さは・・・

B⁺ じゃ!!

イカ
イカ

映画「ドクターストレンジ/マルチバース」での活躍に期待だね!

↓映像作品での活躍はこちら↓

⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました