【ドクター・ストレンジ】リントラの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ドクター・ストレンジ】リントラの強さ・能力について解説!【マーベル原作】ヒーロー

ドクター・ストレンジの新たな弟子!

彼は緑色の牛のような姿をしていた。

リントラの誕生・能力・活躍

リントラの誕生・能力・活躍

リントラの基本情報

本名:リントラ

出身:惑星ルバール

身長:243cm

体重:363kg

ライバル:ドラゴヌス、ゾディアック など

初登場:1986年「DOCTOR STRANGE Vol.2」♯80

イカ
イカ

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する牛みたいなキャラクターだよね。

ハカセ
ハカセ

モンスターでありながら魔術も使える器用な奴なのじゃ。

リントラが登場する映像作品

・映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」(2022年5月)

リントラの誕生

リントラの誕生

地球から遙か遠い場所に存在する惑星ルバールで誕生したリントラは、そこで暮らす他の先住民と同じように緑色のミノタウロスのような姿をしていた。

しかしリントラには生まれながらにして魔術の才能があったため、彼の存在は運命の糸を操る老魔術師エニサルモン・ザ・ウィーバーの知るところとなった。

エニサルモンはリントラに会うと、自分の拠点へと連れて行き、魔術の基礎を教えた。

そして地球に住むソーサラー・スプリームであるドクター・ストレンジへ、修理を終えたクローク・オブ・レビテー(浮遊マント)を届けるよう頼んだのだった。

\Amazon初夏セール開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

リントラの能力

リントラの能力

超牛的なパワー

異星人であるリントラは通常の人間や牛を遙かに上回る腕力と防御力、それから鋭く硬い角を持つ。

魔術を使用せずともそれなりの相手であれば倒せるほどの戦闘員となる。

魔術の才能

魔術の才能を持つリントラはエニサルモンやドクター・ストレンジから魔術を学んだ結果、攻撃と防御の魔術を習得した。

またテレポートなどの移動呪文もマスターしているほかに、人間に変装する魔術も習得している。

\Amazon初夏セール開催中/

リントラの活躍

リントラの活躍

ドクター・ストレンジとの出会い

浮遊マントを届けるためドクター・ストレンジの元を訪れると、ストレンジは異星の神秘術者アーソナに敗れた直後で負傷しており、サンクタム・サンクトラムも奪われていた。

リントラはストレンジの治療を手助けし、サンクタムを取り戻すための旅へ同行する意思を伝えた。

回復したストレンジと共にアーソナの母星であるゲバルトゥへ向かうと、激しい戦いの末にサンクタムを取り戻すことに成功。

最終的には肉体的なパワーの勝るリントラにストレンジが憑依し、アーソナを打ち倒した。

戦いが終わった後もリントラはストレンジの元に留まり、ストレンジが黒魔術に手を出した際には正気に戻るよう説得した。

ストレンジの弟子

エニサルモンの元へ戻ったリントラは、彼の下で魔術の修行に打ち込んだが、やがて師匠から教えることはもう何もないと伝えられ、ストレンジの弟子になるよう助言を受けた。

地球へ移動しストレンジに弟子入りを申し込むと、彼は自分の有用性を示すためドクター・ストレンジに変装する魔術を使用し、アスガルドの魔女エンチャントレスと対峙した。

エンチャントレスの攻撃を何度も吸収し、本物のストレンジがエンチャントレスを倒す隙を作り出すなど活躍し、その実力は証明された。

その後はストレンジと共にドラゴヌスやゾディアックといった強敵と戦い、重傷を負うこともあったが持ち前のタフさで困難を幾度も乗り越えた。

リントラの最後

リントラとストレンジは次なる脅威、タリスマン・オブ・タルテッソスとその信奉者たちで構成されたカルト集団と戦っていた。

しかしリントラがタルテッソスに取りつかれ操られると、師匠であるストレンジを捕らえて別の次元へ幽閉してしまった。

正気に戻ったリントラは師匠を救うため、タルテッソスの次元に移動するとタリスマンを破壊しようとしたが、その代償として瀕死の重傷を負ってしまう。

リントラのおかげで解放されたストレンジはタルテッソスを破壊すると、死の淵に立たされた弟子を仮死状態にし、彼の治療法が見つかるまで次元の狭間に保管した。

\Amazon初夏セール開催中/

リントラの強さ

リントラの強さ

腕力:B⁺

防御力:A

スピード:C⁺(S)※テレポート可能

知能:B

エネルギー:A⁺

戦闘スキル:C⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、リントラの強さは・・・

A なのじゃ!!!!!

ドクター・ストレンジの最強の弟子!なのかもしれんのう!

イカ
イカ

映画でも弟子入りするのか気になるね。

\AmazonGWセール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました