【X-メン】ステップフォード・カッコーズの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

ステップフォード・カッコーズの誕生・能力・活躍X‐メン

女性ミュータントの集合体!

彼女たちはあのヒーローのDNAから作られた!

ステップフォード・カッコーズの誕生・能力・活躍

ステップフォード・カッコーズの誕生・能力・活躍

ステップフォード・カッコーズ基本情報

本名:セレステ、イルマ、フォービー、ソフィー、エスメ・カッコー

出身:イギリス

身長:167cm

体重:47kg

ライバル:ウルヴァリン、X-メン

初登場:2001「NEW X-MEN」♯118

イカ
イカ

白目が特徴的な5つ子ちゃんだね。

ちょっこコワイかも。

ハカセ
ハカセ

彼女たちは強力なテレパス能力を持ったヒーローなのじゃ。

そしてあの計画との関わりもあるのじゃ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ステップフォード・カッコーズの誕生

ステップフォード・カッコーズの誕生

彼女たち5名の本名は「セレステ」「イルマ」「フォービー」「ソフィー」「エスメ・カッコー」であり、「カッコーズ」は彼女たちの総称である。

X-メンの一員で強力なテレパシー能力者の「エマ・フロスト」は、ある時センチネルに襲われて昏睡状態に陥った。

その際に邪悪な科学者であり、「ウェポン・プラス計画」の責任者でもあるジョン・サブライム博士は彼女のDNAを入手し、エマの能力を受け継ぐ生体兵器を作り出そうと試みた。

こうして生まれたのが5人の姉妹、「ステップフォード・カッコーズ」だ。

そしてまたの名を「ウェポンXⅠⅤ」と呼び、サブライム博士はナノテクノロジーを用いて彼女たちをコントロールできるようにした。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

ステップフォード・カッコーズの能力

ステップフォード・カッコーズの能力

テレパシー能力

彼女たちの最大の武器はチャールズ・エグゼビアエマ・フロストも認める強力なテレパシー能力である。

他人の心を読み、自分の考えを相手に投影させることで現実認識を変化させ、混乱させることができる。

また姉妹たち全ての精神をリンクさせて能力を集合させることで、全てのミュータントを抹殺できるほどの可能性を秘めている。

エネルギー・ボルト

カッコーズはエマ・フロストから作られたクローンであるため、彼女と同じように精神エネルギーを集中させることでエネルギーボルトを形成し、これを放つことで相手に物理的にも精神的にもダメージを与えることができる。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ステップフォード・カッコーズの活躍

ステップフォード・カッコーズの活躍

洗脳からの解放とX-メンへの加入

カッコーズを生み出したサブライム博士はナノテクノロジーを彼女らに用いることで、思い通りにコントロールできるように施した。

彼女たちは命令に従い、X-メンの情報を探るためにチャールズ・エグゼビアの学園にスパイとして潜入した。

最終目的である全ミュータントの抹殺を実現するため、彼女たちはより強い能力を求めて学園の敷地内を調査した。

そして「キック」と呼ばれる危険な超能力増幅薬にたどり着く。

ゾフィーとエスメがその薬を摂取したところ、二人とも命を落としてしまった。

人数は減ったが、その後フェニックス・フォースの一部がセレステに取りついたことによって、パワーは増大。

ついにミュータントの抹殺に乗り出すときがやってきた。

その前にサブライムに命じられて一度拠点に戻ると、そこで目にしたものは自分たちと同じ姿をした数千体ものクローンだった。

彼女たちはお互いに精神をつなげることで、その能力を大幅に高めることができる。

それを数千体規模で行えば、ミュータントの抹殺も可能に思えた。

しかしフェニックス・フォースは彼女たちに力を与える代わりに、数千体のクローンを破壊して、彼女たちをサブライムの支配から救った。

それによって洗脳が解けた彼女たちは、生まれて初めて自由を経験することができたのだった。

その後彼女たちはX-メンに加入し、多くの敵と戦う助けになっている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ ステップフォード・カッコーズの強さ

まとめ ステップフォード・カッコーズの強さ

パワー:C⁺

耐久性:C⁺

スピード:C⁺

知能:B

エネルギー:A

戦闘スキル:C⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、カッコーズの強さは・・・

B  じゃ!

イカ
イカ

五つ子ではなくて、本当は「数千つ子ちゃん」だったんだね。

なのに最終的には3人になってかわいそう。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました