【ハルク】リーダーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【映画ハルクに登場】リーダーの強さ・能力について解説!【原作】ヴィラン

巨大な知性を悪事に捧げるヴィラン、リーダー!

放射線を浴びて膨れ上がった頭脳は世界の脅威だ。

リーダーの誕生・能力・活躍

リーダーの誕生・能力・活躍
リーダーの基本情報

本名:サミュエル・スターンズ

出身:アイダホ州ボイシ

身長:177.8cm

体重:65kg

ライバル:ハルク、レッドハルク

初登場:1969年「TALES TO ASTONISH」♯62

イカ
イカ

映画「インクレディブル・ハルク」の終盤に登場したヴィランだよね。その後伏線を残したまま再登場を果たしていないけど。

ハカセ
ハカセ

今後登場した時のために予習しておくのじゃ!

リーダーが登場する映像作品

・映画「インクレディブル・ハルク」2008年
※【Disney+ (ディズニープラス)】で見放題配信中。

リーダーの誕生

リーダーの誕生

サミュエル・スターンズは、最初はごく平凡な男だった。

ある時彼が就いた仕事は政府が所有する科学研究所から、実験で使われた放射性廃棄物を運ぶというものだった。

廃棄物の入った容器のひとつが爆発した時、不運にもスターンズは爆発に巻き込まれた。

奇跡的に無傷で生還したスターンズだったが、巻き込まれた際に大量のガンマ線を浴びてしまっており、細胞が突然変異を起こしていた。

その結果、平均的な知能の持ち主だった彼は突然貪欲な読書家へと変貌し、入院していた病院の図書室にある本を全て読破した。

数週間が経つと今度は外見にまで変化が現れ、頭がい骨と脳が通常の5倍にまで膨れ上がり、皮膚の色は緑色になった。

ガンマ線はブルース・バナーの肉体を強化して筋骨隆々のハルクに変えたが、スターンズには巨大な知性を与えたのだ。

超人的な知能を獲得したスターンズはこれまでの全てを捨て去り、権力を得るために行動を開始した。

権力を得るためには冷酷な犯罪にも手を染めるヴィラン、リーダーはこうして誕生した。

Amazonタイムセール開催中

MARVEL レジェンド・シリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー アイアンハート 6インチ (15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー8個付き
created by Rinker

リーダーの能力

リーダーの能力

超人的な知能

ガンマ線を浴びたことで超天才レベルの知性を獲得したリーダーは、高度な理論力、哲学的推論、直観力、記憶力、検索能力、パターン解析能力を備えており、地球上において屈指の優れた知性の持ち主となった。

これらの知性を駆使することで、リーダーははるか未来までもを計算して予測することができる。

ロボット工学

高い知能を持つが肉体的な強さをさほど持たないリーダーは、攻撃の主軸として人型の破壊兵器ロボットの軍隊を使うことがある。

またある時は全高150mにも及ぶ巨大ロボットを開発したこともある。

超能力

リーダーは超能力を使うこともでき、エネルギー・ボルトを発射して命中した相手の精神を一時的に操ることができる。

Amazonタイムセール開催中

リーダーの活躍

リーダーの活躍

リーダーのロボット軍団VSハルク

リーダーの行動原理は権力への渇望であり、世界の征服が目的である。

彼が世界を支配するために起こした最初の行動は、ブルース・バナー(ハルク)が開発していたロボットの強奪だった。

そのためにブルース・バナーの研究室にスパイを送り込むと、スパイはロボットの奪取に成功した。

しかしロボットが盗まれたことに気付いたブルース・バナーハルクに変身し、スパイを倒すと自身が開発したロボットと戦った。

戦いの末にロボットを深い穴の底に突き落として破壊した。

しかしリーダーはブルース・バナーの作ったロボットを参考にして、人型破壊兵器ロボットの軍隊を作り上げた。

また、そのロボットを他国に輸出し世界に混乱をもたらそうと企んでいた。

だがその計画もハルクによって妨害され、ロボットの軍隊も、最終兵器と位置付けていた全高150mにも及ぶ巨大ロボも、破壊されて計画は失敗に終わった。

インテリゲンチャ

リーダーは長年に渡ってハルクを倒そうと様々な策略を考えたが、そのどれもが失敗に終わっている。

リーダーがハルクを倒すために送り込んだヴィランにはライノやグロブ、マーダー・モジュールなどが存在するが、どれも返り討ちにされている。

次の手段として、リーダーは自身に匹敵する知性を備えたチームを作ろうと考えた。

そうして集められたメンバーにはモードック、マッド・シンカー、ウィザード、エッグヘッド、レッドゴーストがおり、彼らで知的ヴィランズチーム「インテリゲンチャ」を創設した。

彼らは世界中から盗み出した情報を利用して、莫大な資産を築くことに成功。

その資金を使ってスパーヴィランを援助し、こちらの手は汚さずに共通の敵を倒してもらおうと考えたのだった。

その一環として彼らはドクター・ドゥームの支援を開始したものの、例によってドゥームはインテリゲンチャを裏切りチームを攻撃した。

リーダーはドゥームが自分たちには手に負えない強者であることを早々に判断すると、チームメイトを見殺しにして一人で逃亡したのだった。

リーダーVSレッドハルク

ドゥームの攻撃から生き延びたモードックは、リーダーを探し出すとインテリゲンチャへ復帰するよう打診した。

承諾したリーダーはモードックと共に陰謀をスケールアップさせて、自分たちで強力なヴィランを生み出そうと考えた。

そこで❝サンダーボルト❞・ロス将軍を騙して彼にガンマ線を注ぎ込み、レッドハルクへと変身させることに成功したのだった。

そしてその過程でロス将軍の娘をレッドシーハルクに変身させた。

レッドハルクレッドシーハルクが誕生し暴れまわったことで、リーダーの思惑通り多くのヒーローを巻き込んだ戦いに発展する。

しかし娘までもをハルク化させられたロス将軍は怒り狂い、リーダーを捕らえると彼の中にあるガンマ線を吸収した。

その結果、リーダーは元のサミュエル・スターンズに戻ってしまったのだった。

彼は自分の天才的な知能が失われ、元に戻らないかもしれないという恐怖におびえ、再び力を得るためにガンマ線を探し求めるようになった。

リーダーの死?

無力となったサミュエル・スターンズはその後再びレッドハルクに捕らえられ、赤いガンマ線を放つ装置につながれていた。

リーダーがレッドハルクを生み出したように、今度はレッドハルクが赤いガンマ線でレッドリーダーを生み出そうと考えていたのだ。

しかしその計画にサンダーボルツのメンバーであるデッドプールが気付いた。

デッドプールがこのことをパニッシャーに相談すると、パニッシャーは再びリーダーが生み出されてしまう前にスターンズの眉間に銃弾を撃ち込んで殺害した。

こうしてレッドハルクの計画は失敗に終わったかに見えたが、レッドハルクが強制的にスターンズの死体にガンマ線を注ぎむと彼は生き返りレッドリーダーへと変身してしまった。

再び天才的な頭脳を手に入れたリーダーは、宿敵ハルクを倒して世界を手に入れるために今も陰謀を巡らせている。

Amazonタイムセール開催中

リーダーの強さ

リーダーの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:A⁺

エネルギー:C⁺

戦闘スキル:C

ハカセ
ハカセ

というわけで、リーダーの強さは・・・

B じゃ!!

陰謀を巡らせて自分の手を汚さず敵を破壊する!系のヴィランは見ていて面白いのじゃ。

イカ
イカ

いつか伏線が回収されて映画やドラマに登場するのが見てみたいね。

\Amazonタイムセール開催中/

MARVELレジェンドシリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー ブラックパンサー 6インチ(15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー2個付き
created by Rinker

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました