【スパイダーマン】メイ・パーカー(メイおばさん)の強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】

【スパイダーマン】メイ・パーカー(メイおばさん)の強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】スパイダーマン

親切で穏やかなごく普通の婦人、メイパーカー!

彼女はピーター・パーカの育ての親となった。

メイ・パーカーの誕生・能力・活躍

メイ・パーカーの誕生・能力・活躍

メイ・パーカー基本情報

本名:メイ・パーカー

出身:ニューヨーク州ブルックリン

身長:165cm

体重:49kg

初登場:1962年「AMAZING SPIDER-MAN」♯15

イカ
イカ

ピーター・パーカーの優しいおばさんって印象しかないけど、解説する要素なんてあるの?

ハカセ
ハカセ

それが意外にも様々な困難を潜り抜けているご婦人なのじゃ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

メイ・パーカーの誕生

メイ・パーカーの誕生

ブルックリンの貧しい家に産まれたメイは、幼少期からその美しさに定評があり、過保護に育てられた。

しかしメイにできた初めてのボーイフレンドが、実は殺人犯で宝石泥棒だったことが判明する。

親しい友人だったベン・パーカーは、傷ついた彼女をなぐさめ懸命に支えた。

それがきっかけで恋愛関係に発展した二人は結婚し、ニューヨークのフォレストヒルズで静かな夫婦生活を送りはじめた。

しかしある時、ベンの弟であるリチャードとその妻メアリーが飛行機の墜落事故で命を落としてしまう。

ふたりの息子でベンの甥にあたるピーターを、メイとベンは引き取ることに決め、自分の子供のように育てて幸せに暮らしていた。

だが運命の日が訪れると、ベンは強盗(バーグラー)に射殺され、ピータースパイダーマンとして活動するようになった。

このことがメイの人生に大きな影響を与えていく。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

メイ・パーカーの能力

メイ・パーカーの能力

平均的な体力

病と闘いながらも懸命に生きるメイは、同世代女性の平均的な体力を兼ね備えている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

メイ・パーカーの活躍

メイ・パーカーの活躍

誘拐されがちなメイおばさん

ドクター・オクトパススパイダーマンを倒すためにシニエスター・シックスを結成すると、彼はスパイダーマンをおびき出すためにメイ・パーカーを誘拐した。

しかしメイは、自分が危機的状況に置かれていることに気付かず、それどころかドクター・オクトパスを魅力的な人物だと思い込んでいた。

その後メイはウラン鉱山のある島を遺産相続することになるのだが、その情報を聞きつけたドクター・オクトパスは再びメイの前に現れると、彼女との関係を深めてプロポーズした。

申し出を受け入れてしまったメイだったが、結婚式はギャングのハンマーヘッドによって邪魔され、メイが卒倒したことで中止された。

それ以外にも、メイはビートルの人質となってしまったり、ベンを殺した強盗に再び襲われたりした。

それらの脅威からメイを救ったのは全てスパイダーマンだったが、彼の正体を知らないメイはスパイダーマンのことも恐れていた。

しかし激しい戦いの末に負傷して戻ったピーターを不審に思ったメイは、彼の部屋でコスチュームを発見。

最初は驚いて混乱したメイだが、事実の発覚は二人の絆をより強いものにした。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ メイ・パーカーの強さ

まとめ メイ・パーカーの強さ

パワー:D

耐久力:D

スピード:C

知能:C

エネルギー:D

戦闘スキル:D

ハカセ
ハカセ

というわけで、メイ・パーカーの強さは・・・

 じゃ。

しかし彼女のピーター・パーカーを想う気持ちはSランクなのじゃ。

イカ
イカ

映画スパイダーマンの最新シリーズでは、原作やこれまでの映画とは違って若く活気のある女性として描かれているね!

↓映像作品での活躍はこちら↓

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました