【アベンジャーズ】スパイダーマンの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【アベンジャーズ】スパイダーマンの強さ・能力について解説!【マーベル原作】アベンジャーズ

クモのから得た特性を生かして戦うスーパーヒーロー!

大いなる力には、大いなる責任が伴う!

スパイダーマンの誕生・能力・活躍

スパイダーマンの誕生・能力・活躍

スパイダーマン基本情報

本名:ピーター・ベンジャミン・パーカー

出身:ニューヨーク フォレスト・ヒルズ

身長:178cm

体重:76kg

初登場:1962年「Amazing Fantasy」

イカ
イカ

誰もが知ってるスーパーヒーローだね。

でもどうせクモでしょ?ぼくの触手攻撃で一撃だね!

ハカセ
ハカセ

スパイダーマンは何度も単独映画化されている、マーベルコミック一番の人気者なのじゃ!

スパイダーマンが登場する映像作品

・映画「スパイダーマン」2002年

・映画「スパイダーマン2」2004年

・映画「スパイダーマン3」2007年

・映画「アメイジング・スパイダーマン」2012年

・映画「アメイジング・スパイダーマン2」2014年

・映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」2016年

・映画「スパイダーマン:ホームカミング」2017年

・映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」2018年

・アニメ映画「スパイダーマン:スパイダーバース」2018年

・映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

・映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」2019年

・アニメ「What If…?」2021年

・映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」2021年

・映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」2022年
※ほぼ全作品が【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

スパイダーマンの誕生

スパイダーマンの誕生

ピーター・ベンジャミン・パーカーが能力を得たのは彼が高校生のときだった。

ピーターは飛行機事故で両親を亡くしており、メイおばさんとベンおじさんの元で暮らしていた。

彼は科学に熱心な興味を示しており、簡単にいえば科学オタクだった。

そのためクラスではのけ者にされたり、いじめられたりしながら順調とは言いがたい学校生活を送っていた。

ある日、ピーターは社会科見学で訪れていた科学博で、偶然にもクモに噛まれてしまう。

そのクモはただのクモではなく、放射線を浴びた特殊なクモだった。

帰宅途中、意識がもうろうとして発熱したピーターは危うく車にはねられそうになる。

すんでのところで飛びのき助かることができたが、気づけばピーターはビルの壁にまるでクモのように張り付いていたのだった。

ピーターは特殊なクモに噛まれたことが原因で体に突然変異が起こり、クモのような特別な能力を得たのだ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

スパイダーマンの能力

スパイダーマンの能力

スパイダー・パワー

突然変異によってDNAにクモの遺伝コードが加えられたピーター・パーカーは、数多くの能力を手に入れた。

ピーターは眼鏡をかけるほど視力が弱かったが、不要となった。

また身体能力が向上し、パワーとスピードが倍増。

さらに驚くべきほどの柔軟性も得た。

その結果10トンもの物質を持ち上げることができ、壁や天井などのあらゆる面を自由に登り、移動することができる。

ウェブ・シューター

科学と工学の知識を生かし、ピーターは自らウェブ・シューターを発明した。

液体のポリマーで作られた「ウェブ・ブリュイド」の発射装置を手首に取りつけ、ボタンを押すことによって発射することができる。

ウェブ・ブリュイドは空気に触れると硬化するため、相手を捕らえて戦闘不能にすることができるほか、射出して硬化したウェブ・ブリュイドにつかまって高速で移動することができる。

スパイダー・センス

スパイダーマンは差し迫った危機を感知することができる「スパイダー・センス」を持っている。

脅威が迫ると頭の中に刺激を感じるというもので、この刺激が大きいほど差し迫った脅威も大きくなる。

スパイダー・センスと驚異的な反射神経がある限り、スパイダーマンに攻撃を当てることは難しい。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

スパイダーマンの活躍

スパイダーマンの活躍

悲劇

特別な力を手に入れたばかりのピーター・パーカーは、その力の使い方をまだ知らなかった。

ピーターは対戦相手を募集していたプロレスラーに、即席のマスクを着用して戦いを挑んだ。

人間離れした戦いぶりはすぐに話題となり、テレビ局が彼を追い始めた。

ピーターはメディアの前で「スパイダーマン」と名乗り、その人気はさらに加速していった。

名声を得たピーターはすっかり天狗になってしまい、彼のためを思ってあれこれと助言してくれるメイおばさんやベンおじさんの言葉は彼に届かなくなっていた。

ある日、テレビの収録を終えたピーターは逃走中の強盗とすれ違う。

今の彼ならば、簡単に取り押さえられたはずだ。

しかしピーターは犯人を捕らえることを煩わしく思い、それを無視した。

その行動が悲劇を呼ぶことも知らずに。

後日、ベンおじさんが何者かに殺害されたことを知らされたピーターは、躍起になって犯人を捜しに向かった。

そして犯人であるバーグラーと直面したスパイダーマンは、その男が数日前に自分が見逃した強盗であることに気付き、絶望するのだった。

犯人を警察に引き渡すと、ピーターは自分の力をこれからは人々を守るために使うと決意した。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ スパイダーマンの強さ

まとめ スパイダーマンの強さ

パワー:B⁺

耐久性:B

スピード:A

知能:B⁺

エネルギー:B⁺

戦闘技術:A

ハカセ
ハカセ

というわけで、スパイダーマンの強さは・・・

B⁺  じゃ!!!!

未熟な高校生が自分の使命を見つけて成長していく姿は王道じゃが面白いのう。

イカ
イカ

映画の次回作が本当に楽しみだね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました