【MCU】レッドスカルが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【キャプテン・アメリカ】

【MCU】レッドスカルが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【キャプテン・アメリカ】まとめ

ヒドラの創設者レッドスカル!

キャプテン・アメリカに敗北した後にたどり着いた先とは?

【MCU】レッドスカルが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【キャプテン・アメリカ】

ヨハン・シュミット/レッドスカル(映画)の基本情報

ヨハン・シュミット/レッドスカル(映画)の基本情報

本名:ヨハン・シュミット

地位:ナチスの将校にして極秘科学部門ヒドラの創設者→ストーンキーパー

立場:ヴィラン

現在:惑星ヴォーミアに滞在中

初登場:2011年「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」

イカ
イカ

キャプテン・アメリカの1作目で死亡したと思っていたから、再登場には驚かされたよね。

ハカセ
ハカセ

さらにその後の行方が気になるのう。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

レッドスカルが登場する映画・ドラマ作品一覧

レッドスカルが登場する映画・ドラマ作品一覧

レッドスカルが登場する映像作品は、今のところ4つ!

作品は【Disney+ (ディズニープラス)】にて見放題、【Amazon・楽天】ではレンタル・ソフトの購入で視聴することができます。

⒈映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」2011年

本作のメインヴィランとして登場。

ナチスの将校としてヒドラを創設し、コズミック・キューブの持つパワーで世界に恐怖と破壊をもたらそうとしていた。

超人血清の未完成版を投与しパワーを得たものの、副作用によって首から上の皮膚がはがれて赤い骸骨のような姿になった。

キャプテン・アメリカとの最終決戦で、暴走したコズミック・キューブのパワーによってどこかへ飛ばされた。

⒉映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」2018年

コズミック・キューブによってどこかへ飛ばされた後、惑星ヴォーミアに流れ着いていたようで再登場を果たした。

ソウル・ストーンのストーンキーパー(案内人)としてヴォ―ミアに留まっており、ストーンの性質や入手方法をサノスとガモーラに明かした。

⒊映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

過去の時間へと移動したクリント・バートン/ホークアイと、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウが惑星ヴォーミアを訪れた際にも、レッドスカルが案内役となっていた。

⒋アニメ「What If…?」2021年

映画とは全く異なる次元を描くアニメシリーズ「What If…?」の第1話に登場。

コズミック・キューブを使い、世界征服のため別の次元から凶悪なモンスターを呼び寄せることに成功したが、自身がモンスターに捕らえられて握りつぶされ死亡した。

※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

レッドスカルが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ

いかがだったでしょうか。

惑星ヴォーミアでのレッドスカルは、それまでとは人が変わったような印象を受けました。

またヴォーミアを訪れた人物の出生を詳細に知ることができるといった、新たな能力も披露してくれていましたね。

ストーンの案内人となったことで、人を超越した存在になったのでしょう。

ストーンが無くなってしまった現在の世界では、レッドスカルはどうなっているのでしょうか。

今後その様子が描かれるかは微妙なところですが、再登場に期待したいところです。

↓原作での活躍はこちら↓

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました