【キャプテン・アメリカ】レッドスカルの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】

【キャプテン・アメリカ】レッドスカルの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】ヴィラン

宇宙征服を企む血まみれの骸骨。

キャプテン・アメリカの宿敵レッドスカル!

レッドスカルの誕生・能力・活躍

レッドスカルの誕生・能力・活躍

レッドスカル基本情報

本名:ヨハン・シュミット

出身:ドイツ

身長:182cm

体重:85kg

初登場:1941年「Captain America Comics」♯7

イカ
イカ

ガイコツむき出しの上に血だらけじゃん。

海入ったらめちゃくちゃ痛そう。

ハカセ
ハカセ

レッドスカルは映画「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」や「エンドゲーム」にも登場する重要なヴィランなのじゃ。

レッドスカルが登場する映像作品リスト

・映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」2011年

・映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」2018年

・映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

・アニメ「What If…?」2021年
※全て【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

レッドスカルの誕生

レッドスカルの誕生

ドイツの小さな村で暮らす夫婦、ヘルマンとマーサの間に産まれたのがヨハンである。

母のマーサはヨハンを出産したことによって、身体に大きな負担がかかり命を落としてしまう。

父ヘルマンは妻の死にショックを受けて酒浸りになってしまったうえ、その怒りを息子であるヨハンに向け虐待を重ねた。

命の危機に瀕していたヨハンだったが、ある時村の医者が虐待に気付き、無事に保護され生き延びることができた。

その後、父親は自殺している。

孤児院で生活を送るようになったヨハンだったが、孤独という闇が幼い彼の精神を徐々に蝕んでいくのだった。

7歳になったヨハンは孤児院から脱走すると、窃盗をしながら日銭を稼ぐ生活を送るようになった。

だがある時、ユダヤ人の商人に雇われると、その娘であるエステルと出会い恋をする。

エステルはヨハンに優しくしてくれる唯一の存在だったのだ。

やがてヨハンはエステルに思いの丈を打ち明けた。

しかしエステルがその告白を拒むと、ヨハンの精神は後戻りできないところまで落ちてしまい、逆上した彼はそのままエステルを殺してしまう。

初めて体験した人殺しの感触は、ヨハンにとってあまりにも魅力的なものだった。

この瞬間、凶悪なヴィラン、レッドスカルが誕生した。

その後枢軸国の指導者に見出されたヨハンは、不気味な骸骨のマスクを与えられるとレッドスカルと名乗るようになり、恐怖の象徴として恐れられた。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

レッドスカルの能力

レッドスカルの能力

変装

レッドスカルは千の顔を持つ男と言われるほどの変装の達人である。

この能力によって様々な場所に出入りして機密にアクセスしたり、敵を欺いたりすることができる。

戦略家

レッドスカルは超人的能力を所持していないが、戦略家としての頭脳には秀でた物がある。

軍事や政治、経済に至るまで様々な面に精通しており、一筋縄では解決できない陰謀を企てることが得意だ。

武器の扱いと格闘技術

参謀的な役割を担うヴィランだと認識されているレッドスカルだが、実戦においてもその高い実力を発揮する。

レッドスカルは熟練の狙撃技術を有するほか、素手での格闘も訓練を積んでおり達人級である。

死の塵

レッドスカルは「死の塵」と呼ばれる毒物を所持しており、この毒は皮膚に付着しただけで相手を数秒で死に至らしめることができるほどの劇薬である。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

レッドスカルの活躍

レッドスカルの活躍

宿敵キャプテン・アメリカの誕生

レッドスカルはドイツ軍を率いてヨーロッパ全域で暴れまわっただけでは飽き足らず、アメリカにまでその攻撃の手を伸ばしていった。

それを受けて、危機感をもったアメリカ政府はある計画を進めることにした。

それが「オペレーション・リバース」である。

これはスーパーソルジャー血清を人体に投与して超人を生み出すというもので、これによって生み出されたのが、あのキャプテン・アメリカである。

キャプテン・アメリカが生み出された裏には、レッドスカルの魔の手に対抗するという目的が存在していたのだ。

こうしてレッドスカルとキャプテン・アメリカの戦いは宿命づけられた。

大戦末期に姿を消した二人

大戦末期になると、レッドスカルはスリーパー・ロボットというあまりに危険な兵器の開発に携わっていた。

これはナチスの指導者が敗北した際に機動するように設定されており、起動したが最後人類を滅ぼすまで活動を停止しないという恐ろしい兵器だった。

しかしレッドスカルは、このロボットを世界征服に活用することを暗に考えていた。

その企みに気付いたキャプテン・アメリカは、激しい戦いを繰り広げた末にレッドスカルを打ち倒す。

その後、手榴弾の爆発に巻き込まれてレッドスカルは死亡したかに思われた。

キャプテン・アメリカバロン・ジモとの戦いで北大西洋に落下すると氷漬けになり、死亡したと思われた。

だが奇しくも二人は同じ時代によみがえった。

レッドスカルは野望を捨てず、キャプテン・アメリカはそれを阻止するために戦う。

二人の宿命は時を超えても続いている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ レッドスカルの強さ

まとめ レッドスカルの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:A

エネルギー:C

戦闘スキル:A⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、レッドスカルの強さは・・・

B  じゃ!

超人能力を持たない彼がキャプテン・アメリカの宿敵とされるのは、その執念深さによるものじゃろう。

イカ
イカ

レッドスカルは映画「キャプテン・アメリカ サ・ファースト・アベンジャー」で初登場し、「インフィニティウォー」で再登場するね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました