【ドクター・ストレンジ】シュマゴラス(ガルガントス)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ドクター・ストレンジ】シュマゴラス(ガルガントス)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】ヴィラン

人間を捕食するカオス・ディメンションの王、シュマゴラス。

触手を持つ超強力なバケモノは、事実上倒すことができない。

シュマゴラス(ガルガントス)の誕生・能力・活躍

シュマゴラス(ガルガントス)の誕生・能力・活躍

シュマゴラス(ガルガントス)の基本情報

本名:シュマゴラス

出身:どこかの次元

種族:オールド・ワン

身長:可変

体重:可変

ライバル:ドクター・ストレンジ、ファンタスティック・フォ― など

初登場:1972年「MARVEL PREMIERE DR.STRAGE」♯5

イカ
イカ

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する、タコのような触手を持つ巨大生物だよね。

ハカセ
ハカセ

原作じゃと「シュマゴラス」という名で登場するのじゃが、映画だと権利の都合上で「ガルガントス」の名で登場するのじゃ。

シュマゴラス(ガルガントス)が登場する映像作品

・アニメ「What If…?」2021年

・映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」2022年
※6月22日より【Disney+ (ディズニープラス)】にて配信開始。

シュマゴラス(ガルガントス)の誕生

シュマゴラス(ガルガントス)の誕生

オールド・ワンと呼ばれる古代種族のシュマゴラスは、次元を移動する能力を持ち、超強力なパワーで複数の次元を支配することができた。

余剰次元で誕生したシュマゴラスは、その後何百もの次元を支配しやがて「カオス・ディメンション」と呼ばれる、自分だけが存在を許される次元に住むようになった。

シュマゴラスはカオス・ディメンションから身体の一部を伸ばし、遠い昔に地球を支配したことがある。

その時は人々から「メニー・アングル・ワン」と呼ばれて恐れられ、生贄を捧げさせ人間を食料としていた。

今からおよそ2万1000年ほど前、地球を管理する新たな神クロムは、鉄でできた魔法の本3冊を使用してシュマゴラスをクロム山に幽閉した。

そのおかげで地球は平和を取り戻したが、シュマゴラスは数年後に自力で脱出し人々を襲った。

だが幸いにも戦士たちと共に戦う魔術師が魔法の本を使用し、シュマゴラスは地球外へと追いやられた。

しかしシュマゴラスは執拗で、未だに地球を狙っている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シュマゴラス(ガルガントス)の能力

シュマゴラス(ガルガントス)の能力

超人的なパワー

シュマゴラスはパワー、防御力共に最強クラスの能力値を持つ。

弾力性がありながらも鎧のように硬い皮膚はほとんどの攻撃を寄せ付けず、超巨大な質量から繰り出される攻撃は例え触手の一振りであろうとも周囲に甚大な被害をもたらす。

上限のないエネルギー

シュマゴラスはこれまでに支配した数百もの次元からエネルギーを吸収しているため、そのパワーに上限が無い。

特に彼のホームであるカオス・ディメンションの中では全能と言っても過言ではなく、また途方もないくらいに巨大な姿をしている。

それらの莫大なエネルギーを使用することで、エネルギー・ブラストを放つ、浮遊しての移動、次元跳躍、ワープ、変形などを可能にしている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シュマゴラス(ガルガントス)の活躍

シュマゴラス(ガルガントス)の活躍

VSドクター・ストレンジ

数世紀の時が経った頃、シュマゴラスはドクター・ストレンジの師であるエンシェント・ワンを洗脳し、彼の力を利用して地球に戻ろうと画策していた。

そのことに気付いたストレンジは様々な手を尽くしたが、結局シュマゴラスを止めることができず、師の命を奪うことで地球を守った。

だがその後のアーソナとの戦いで、古い護符や巻物などを破壊してしまい、シュマゴラスを地球から遠ざけていた神秘のバリアを解除してしまう。

地球に現れたシュマゴラスは地球を襲いはじめ、多くの被害と犠牲を出した。

ストレンジは禁術とされていた黒魔術をやむなく発動させると、シュマゴラスを支配することに成功。

ストレンジはシュマゴラス自身に触手を突き刺させて自害させ、なんとか地球を守り抜いた。

しかしシュマゴラスは完全に死亡したわけではなく、カオス・ディメンション内で徐々に再生を続けていた。

呼び出された悪夢

リード・リチャーズがリーダーを務めるチーム、ファンタスティック・フォー(FF)と敵対する魔法使い、ニコラス・スクラッチはある時シュマゴラスを地球に呼び寄せる呪文を唱えた。

すると呼びかけに応じてシュマゴラスは地球に現れたが、先の戦いから完全に回復できておらず、弱り切っていた。

FFはドクター・ストレンジやセーラムズ・セブンらと力を合わせてシュマゴラスをストーン・ヘンジにテレポートさせた。

超自然的なパワーを集めたストレンジはシュマゴラスを時空の彼方へと消し去り、またしても地球の危機を救った。

アース‐10011とキャンサー・バース

ドクター・ストレンジによって地球から遠く離れた時空へと飛ばされたシュマゴラスは、アース‐10011の次元に流れ着いていた。

アース‐10011を支配しようと考えたシュマゴラスは、その次元に存在する自分と同じ存在「メニー・アングル・ワン」と結託する。

その後この次元のキャプテン・マーベルと遭遇すると、彼と契約を結びこの次元の死の女神デス(ミストレス・デス)を消すよう依頼し、それは実行された。

そして「キャンサー・バース」と呼ばれる、誰も死なず(デスが消滅したため誰も死ねない)全ての生物がわずかな空間を奪い合う地獄のような世界を作り上げたのだった。

シュマゴラスとメニー・アングル・ワンはその世界の支配者となり、力を蓄えていった。

しかしアース‐616でクリー人とシーア―帝国が激しい宇宙戦争を繰り広げると、次元に亀裂が生じてキャンサー・バースとつながってしまう事態が発生した。

キャンサー・バースはアース‐616の世界にまで拡大するかと思われたが、そこにアース‐616のデスが現れるとキャンサー・バースに侵入し、キャプテン・マーベルを殺害。

さらにキャンサー・バースの宇宙そのものを破壊したことで、事なきを得た。

VSマイティ・アベンジャーズ

サノスが地球を侵略した時、その軍勢の将軍であるエボニー・マウはドクター・ストレンジとの戦闘の中で彼の心に侵入した。

その際、カオス・ディメンションと地球の間にストレンジが構築していたバリアが破壊され、またしてもシュマゴラスが地球に現れることになった。

マンハッタンの中心地に現れたシュマゴラスは街を襲い破壊したが、駆けつけた総勢15名以上のヒーローチーム、マイティ・アベンジャーズによって撃退された。

倒されたシュマゴラスは、ホワイト・タイガーの持つアイテムによってカオス・ディメンションへと送り返された。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

シュマゴラス(ガルガントス)の強さ

シュマゴラス(ガルガントス)の強さ

パワー:S

防御力:S

スピード:C⁺

知能:B

エネルギー:A⁺

戦闘スキル:C⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、シュマゴラス(ガルガントス)の強さは・・・

A なのじゃ!!!!!

身体の強度と途方もないエネルギー量で全てを破壊してしまう、まさにバケモノなのじゃ。

イカ
イカ

ヒーローが15人以上集まってやっと撃退とか強すぎる。

↓映像作品での活躍はこちら↓

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました