【新ドラマ】ミズ・マーベル(カマラ・カーン)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【マーベル新ドラマに登場?】ミズ・マーベル(カマラ・カーン)の強さ・能力について解説!【原作】キャプテン・マーベル

16歳で能力を発現させた少女、カマラ・カーン!

彼女は二代目のミズ・マーベルとなった!

二代目ミズ・マーベルの誕生・能力・活躍

2代目ミズ・マーベルの誕生・能力・活躍

本名:カマラ・カーン

出身:アメリカ

身長:可変

体重:可変

ライバル:インベンター

初登場:2014年「ALL-NEW MARVEL Vol.7」♯14

イカ
イカ

初代のミズ・マーベルは歴史のあるキャラクターだけど、2代目は最近登場したヒーローなんだね!

ハカセ
ハカセ

初代と2代目が新ドラマで共演するかもしれないのう!

ミズ・マーベルが登場する映像作品

・ドラマ「ミズ・マーベル」2022年
※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

2代目ミズ・マーベルの誕生

カマラ・カーンはニュージャージーに住むオタクのティーンエイジャーである。

勉強はできるが学校にあまりなじめないでいた彼女の趣味は、アベンジャーズの二次創作をネット上で公開することだった。

カマラはある夜、親の言いつけを破り家を抜け出してパーティーに参加した。

しかしその会場で気分が悪くなってしまったカマラは、会場を抜け出して歩いているうちに道に迷ってしまう。

偶然にもその夜は、インヒューマンズの王ブラックボルトによってテリジェン・ミストが解き放たれた夜だった。

ミストを浴びた彼女は気を失い、その間に自分にとって一番のアイドルであるキャロル・ダンバースを含むアベンジャーズの夢を見た。

目を覚ますと、彼女は何故か繭のような物の中に入っており、そこから抜け出した自分の姿は憧れのキャロル・ダンバース(ミズ・マーベル)そっくりになっていた。

その後友人のゾーイが湖に落ちてしまったのを発見すると、彼女はダンバースの姿に変身して友人を助けることに成功する。

また、親友であるブルーノの働く店が強盗に襲われた時も、カマラは変身して戦った。

強盗の発砲した銃弾がカマラに命中したものの、彼女はテリジェン・ミストによって治癒能力を獲得していたため無事だった。

返り討ちにした強盗がブルーノの兄ヴィックだったことが分かると、ブルーノは最近兄がインベンターなる謎の人物に影響されていたようだと悩みをカマラに打ち明けたのだった。

カマラは親友のために何かしてあげたいと考え、自作のコスチュームを作ると自ら一番お気に入りのヒーローと同じ名である「ミズ・マーベル」と名乗り、逃走したヴィックを探しに向かった。

ヴィックが廃ビルに潜伏していることを突き止めたカマラだったが、その内部は危険なロボットによってティーンエイジャーたちがインベンターのために働かされていたことを知り、このままでは多勢に無勢であると判断して身を引いた。

その後ブルーノと共に自分の能力を最大限に生かす方法を考えると、彼女は廃ビルに舞い戻りヴィックを含めたティーンエイジャーたちを解放することに成功したのだった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

二代目ミズ・マーベルの能力

インヒューマン能力

テリジェン・ミストを浴びたことによってカマラに発現したインヒューマン能力は、身体をあらゆる方向・形に捻じ曲げ、伸ばすことができるというものだった。

また身体を部分的に大きくすることもでき、この能力を使って伸びる腕と巨大化させた拳で相手を攻撃する。

回復能力

特殊な肉体は耐久力を高める効果をもたらしており、変形させた部位が負傷したとしても、元のサイズ・姿に戻った時にはほとんどの負傷を回復することができる。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

二代目ミズ・マーベルの活躍

ウルヴァリンとの出会い

働かせていたティーンエイジャーたちを解放させられてしまったインベンターは、そのまま黙ってはいなかった。

ミズ・マーベルの前に、サイバネティックを施されたワニの一群が現れ、彼女に襲い掛かった。

当然、このワニたちはインベンターの発明品だった。

新人ヒーローである彼女にはあまりにも分が悪い相手だったが、ワニの一群と戦っていた下水道で偶然にもあるスーパーヒーローと出会いタッグを組むことになる。

その相手は、行方不明になったジュリー・ハリソンを探して下水道に足を踏み入れていたウルヴァリンだった。

二人はワニの一群を退けると、その後に現れた巨大なワニでさえも打ち倒し、数々の罠を切り抜けてインベンターが使う動力源を発見した。

そこにはウルヴァリンが探していたジュリーも倒れており、彼女によるとインベンターは他にも子どもたちを監禁し、酷使しているということだった。

インベンターの打倒に手をかすことを提案したウルヴァリンだったが、ミズ・マーベルはそれを断り、自分の手で蹴りをつけると伝えた。

ウルヴァリンと別れた後、ミズ・マーベルはロックジョーというインヒューマンの保護者を得て行動を共にするようになった。

また、彼女は邪神ロキと対決し、捕まえるのに成功したことがある。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

二代目ミズ・マーベルの強さ

パワー:B⁺

耐久力:B⁺

スピード:B

知能:B

エネルギー:C

戦闘スキル:C⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、二代目ミズ・マーベルの強さは

 じゃ!!

姿や名称は初代を引き継いでいるものの、能力や戦闘スタイルは別物なのじゃな!

イカ
イカ

初代と二代目の共演が楽しみだね!

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました