【エターナルズ】セナの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【エターナルズ】セナの強さ・能力について解説!【マーベル原作】エターナルズ

エナーナルズの一人セナ!

戦女王と呼ばれた伝説の戦士!

セナの誕生・能力・活躍

セナの誕生・能力・活躍

セナ基本情報

本名:セナ(アズラから改名)

出身:オリンピア(古代ギリシャ)

身長:178cm

体重:72kg

ライバル:ディヴィアンツ、ギルガメシュ

初登場:1976年「ETERNALS」♯5

イカ
イカ

最新マーベル映画「エターナルズ」でアンジェリーナ・ジョリーが演じることで話題になったキャラクターだよね。

ハカセ
ハカセ

どのように演じるのか楽しみじゃのう。

セナが登場する映像作品

・映画「エターナルズ」2021年
※【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題配信中。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

セナの誕生

セナの誕生

セレスティアルズが地球の生命体を使って実験した結果、人類の上位種として誕生したのがエターナルズである。

エターナルズの統治者ズラスと妻サイベルの間に産まれたのが、後にセナとして活躍するアズラである。

オリンポスの主神ゼウスは、エターナルズのことを長い年月観察した結果、自分たち神々と人間の仲介役としてふさわしい存在であると判断した。

ゼウスはすぐに会談を申し入れ、ズラスとアズラを呼び寄せるとその場に自分の娘であるアテナも同席させた。

その場では様々な取り決めがなされたが、それらが確固たるものとなるように、そし信頼の証としてゼウスはアズラに対して「セナ」という名を送った。

アズラはその名を気に入り、その後からセナを名乗り続けている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

セナの能力

セナの能力

宇宙エネルギー

セナの肉体は宇宙エネルギー(コズミック・エネルギー)によって強化されており、パワー、耐久性、スピードにおいてとてつもないパフォーマンスを発揮する。

手や目からコズミック・エネルギーを放つこともできる。

不死身

自身の肉体構造すらも精神でコントロールすることができるため、例え病気にかかったり傷を負ったりしてもすぐに回復することができる(そもそもほとんど負傷することがないが)。

極端な話、肉体がバラバラになっても全て元通りになるまで再生することができる。

サイオニック能力

重力子を操ることで飛行することができ、テレポートも可能。

また簡単な幻影を投影できるテレパシー能力も備えている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

セナの活躍

セナの活躍

セナVSアテナ

神々と人間の仲介役として、人々に神の言葉を届ける仕事をするようになったセナだったが、長い年月が経過する中で、古代ギリシャの住民たちはエターナルズ自体が神々であると誤解するようになっていった。

エターナルズは特にその誤解を正そうとしないまま過ごしてしまい、それが神々の逆鱗に触れた。

その結果、神VSエターナルズの戦争が勃発し、アテナとセナが激しい戦いを繰り広げた。

幸いにも戦闘はたった1日で終了し、エターナルズが誤解を解くことで話はまとまった。

ソーとの共闘

セナが海に沈んた都市レムリアへ赴く任務についたとき、アスガルドの雷神ソーと遭遇した。

この時アスガルドの神々はまだエターナルズのことを深くは知らなかったため、地球を危険にさらすセレスティアルズの手下であると思われていた。

そのため、エターナルズを仲介役として使っているオリンポスの神々もセレスティアルズ側の敵勢力だと勘違いしており、オーディンソーに対してセナを倒すよう命じていた。

だがセナと言葉を交わしたソーは、それらがデタラメであることに気付いたためオーディンに逆らってエターナルズ側に立った。

ソーの説得で誤解が解けると、エターナルズとアスガルドの関係は良好なものとなった。

そしてセレスティアルズによって第4波と呼ばれる地球の調査が行われたとき、両陣営は手を組みユニマインドと呼ばれる精神融合体となって戦っている。

この戦いでセナの父ズラスが死亡したとされると、エターナルズリーダーの称号である「プライム・エターナル」を引き継いだ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

セナの強さ

セナの強さ

パワー:B⁺

耐久性:S

スピード:S(テレポート可能)

知能:B⁺

エネルギー:A⁺

戦闘スキル:A⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、セナの強さは・・・

A⁺ じゃああ!

戦女王の名は伊達じゃないのじゃ。

イカ
イカ

戦略の神とも呼ばれるアテナと互角に戦えるとかどんだけ~。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました