【スパイダーマン】マンウルフの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【スパイダーマン】マンウルフの強さ・能力について解説!【マーベル原作】スパイダーマン

J・ジョナ・ジェイムソンの息子、ジョン・ジェイムソン!

彼は宇宙で見つけた宝石のパワーで狼男となった。

マンウルフの誕生・能力・活躍

マンウルフの誕生・能力・活躍

マンウルフの基本情報

本名:ジョン・ジェイムソン・ジュニア

出身:アメリカ・ニューヨーク州シューヨーク

身長:188cm

体重:90kg

ライバル:ドクター・オクトパス、アリステア・スミス

初登場:1963年「AMAZING SPIDER-MAN」♯1

イカ
イカ

J・ジョナ・ジェイムソンに息子なんていたんだ。こいつも厄介な奴なのかな?

ハカセ
ハカセ

ジョン・ジェイムソンはNASAの宇宙飛行士なのじゃ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マンウルフの誕生

マンウルフの誕生

J・ジョナ・ジェイムソンの息子であるジョン・ジェイムソンは、NSAの宇宙飛行士になった。

彼の初任務は散々なもので、乗り込んだシャトルが機能不全に陥り危うく墜落しかけたが、現れたスパイダーマンによって命を救われている。

その後木星で採取された胞子に感染したジョンは人間を超えるパワーを得たが、その代わりに怒りを抑えられなくなり暴れるようになった。

NASAはジョンの怒りとパワーを抑える特殊なスーツを開発し、彼に着させることで制御した。

しかしスパイダーマンを恨む父親J・ジョナ・ジェイムソンは、息子にその力を使ってスパイダーマンをこらしめるべきだと説得した。

ジョンはスパイダーマンに戦いを挑むと強烈なパンチを繰り出し痛めつけたが、電気ショックを浴びせられたことで体内の胞子が消滅し、元のジョンに戻った。

宇宙飛行士に復帰したジョンに与えられたミッションは、月面で岩石サンプルを回収するというものだった。

そこでジョンは、偶然にも赤く光り輝く宝石「ゴッドストーン」を発見する。

宝石に魅入られたジョンは宝石を地球に持ち帰ると、ペンダントにして持ち歩いた。

すると満月の晩、宝石はまばゆい光を放ち、ジョンの姿を狼男に変えてしまった。

自我を無くして凶暴化したジョンが街に現れると、それを目撃した新聞記者が彼を「マンウルフ」と呼んだ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マンウルフの能力

マンウルフの能力

超人的な狼パワー

マンウルフに変身したジョンはパワー、耐久性、スピードが増強されている。

鋭い爪と牙で相手を攻撃するほか、剣を手にして戦うこともある。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

マンウルフの活躍

マンウルフの活躍

マンウルフVSスパイダーマン

スパイダーマンはマンウルフとなって街に現れたジョンをすぐに発見し、激しい戦闘になった。

スパイダーマンがマンウルフの動きを封じて首からゴッドストーンを奪い取ると、ジョンの姿に戻り正気を取り戻した。

全ての元凶はこの宝石にあると感じたスパイダーマンは、ゴッドストーンをハドソン川に投げ捨てた。

再びの変身

スパイダーマンが投げ捨てたゴッドストーンはその後、ヴァンパイアのモービウスに拾われていた。

モービウスはヴァンパイアの姿になってしまった自分を元の人間に戻す研究をしており、そのヒントにならないかとゴッドストーンとジョン・ジェイムソンに興味を持っていたのだった。

モービウスはジョンを捕まえると、満月の晩にゴッドストーンを身に着けさせた。

するとジョンは再びマンウルフとなり、モービウスの元から脱出した。

野放しとなった危険なマンウルフの前に、クレイブン・ザ・ハンターが現れて彼を捕獲した。

クレイブンはマンウルフをSHIELDに連れて行き、そこでジョンは正気を取り戻した。

ジョンはこの力を大勢のために役立てたいと考え、そのままSHIELDの一員となって働くことを決意した。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マンウルフの強さ

マンウルフの強さ

パワー:C⁺

耐久性:C⁺

スピード:C⁺

知能:B

エネルギー:D

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、マンウルフの強さは・・・

C⁺ じゃ!

モービウスやクレイブンとも関わりを持つキャラクター!映像化したのを見てみたいのじゃ。

イカ
イカ

狼系のキャラ多くない?

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました