【ウルヴァリン】ウェポン・プラス計画の内容・被験者たちについて解説!【マーベル原作】

【まとめ】ウェポン・プラス計画の内容・被験者たちについて解説!【マーベル原作】計画

ウルヴァリンやデッドプールを生み出したことでも知られる「ウェポン・プラス計画」の被験者と成果を解説!

ウェポンⅠはまさかのあの人?!

ウェポン・プラス計画の始まり・被験者

ウェポン・プラス計画の始まり・被験者

ハカセ
ハカセ

ウェポン・プラス計画とは、特殊な能力を備えた人間兵器を人工的に作り出そうと試みた計画なのじゃ。

イカ
イカ

なんだか危険なにおいがするね。

どうせろくな実験じゃなかったんでしょう?

ハカセ
ハカセ

そうかもしれんのう。

結果的に多くの人を苦しめたのは間違いなかろう。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ウェポン・プラス計画の始まり

第二次世界大戦中、突如として表れたレッドスカルの脅威に対抗すべく、アメリカ政府は画期的な計画に着手した。

オペレーション・リバース」と呼ばれたその実験は、スーパーソルジャー血清を投与した人間に超人的な肉体と戦闘能力を与えるというものだった。

エイブラハム・アースキン博士によるウェポンⅠの実験の結果、最初の被験者に選ばれたスティーブ・ロジャースは見事キャプテン・アメリカとして生まれ変わり、大成功を収めた。

しかしそのすぐ後にアースキン博士が死亡したため、この実験を再現できる科学者は現れず、スーパーソルジャー血清の技術は完全に失われた。

それでもアメリカ政府はカナダ政府と手を組みながら計画を続行し、「ウェポン・プラス計画」と名を変えて様々な科学者たちによって実験が行われることになった。

また、この実験はミュータント問題に対処するためという側面も持ち合わせていた。

オペレーション・リバースは通常の人間を強化するという内容だったが、ウェポン・プラス計画では被験者に遺伝子的変異を起こさせたり、既に発現している変異を増強する手段がとられた。

その結果、ウルヴァリンデッドプールなど様々な超人がこの計画によって生み出された。

その一方で、被験者たちには非人道的な実験が行われていることでも有名になっている。

訓練と称して虐待が繰り返され、さらには洗脳して思い通りに操作しようとするなど計画には倫理的な問題が山積している。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ウェポン・プラス計画の被験者たち

現在までに23段階目までのウェポンが確認されている。

・ウェポンⅠ(オペレーション・リバース):キャプテン・アメリカ

・ウェポンⅡ~Ⅲ:動物実験

・ウェポンⅣ~Ⅵ:少数民族に対する人体実験

・ウェポンⅦ:ニューク

・ウェポンⅧ~Ⅸ:犯罪者やサイコパスに対する人体実験

・ウェポンⅩ:ウルヴァリン

・ウェポンⅩの派生:セイバートゥースギャリソン・ケイン、ケストレル、マーヴェリック、シルバーフォックス、マストドン

・ウェポンXの派生(デパートメント計画):デッドプール

・ウェポンⅫ:ハンツマン

・ウェポンXIII:ファントメックス

・ウェポンXIV:ステップフォード・カッコーズ

・ウェポンXV:アルティマトン

・ウェポンXVI:オールゴッド

・ウェポンXXIII:ローラ・キニー

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ

ハカセ
ハカセ

このようにウェポン・プラス計画はウルヴァリンなどのヒーローを生み出した一方で、セイバートゥースなどのヴィランも生み出しておるのじゃ。

イカ
イカ

キャプテン・アメリカやウルヴァリンの成功で舞い上がっちゃったのかな。

そうポンポン最強クラスの超人が出来上がるわけがないのにね。

ハカセ
ハカセ

ウェポン・プラス計画によってウルヴァリンの強化が描かれている映画は「ウルヴァリン:X-メン ZERO」じゃ!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました