【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】ロケット・ラクーンの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】

【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】ロケット・ラクーンの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのマスコット的存在!

最高に可愛いスペースレンジャー、ロケット!

ロケット・ラクーンの誕生・能力・活躍

ロケット・ラクーンの誕生・能力・活躍

ロケット・ラクーン基本情報

本名:ロケット・ラクーン

出身:キーストーン・クオドランド

身長:122cm

体重:25kg

初登場:1982年「Incredible Hulk」♯271

イカ
イカ

同じマスコットキャラクターとして親近感を感じるね。

まあぼくの方がかわいいけど。

ハカセ
ハカセ

彼はどうしてアライグマの姿をしておるのじゃろう?

解説していくぞい!

ロケット・ラクーンが登場する映像作品リスト

・映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」2014年

・映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」2017年

・映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」2018年

・映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

・アニメ「What If…?」2021年

・映画「ソー:ラブ・アンド・サンダー」2022年7月

・ドラマ「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・ホリデー・スペシャル」2022年12月配信予定

・映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」2023年公開予定
※全作品【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

ロケット・ラグーンの誕生

ロケット・ラグーンの誕生

ロケットはキーストーン・セクターという宇宙域に存在している惑星で産まれた。

この銀河には重い精神障害を持つ者たちが収容される、人工惑星ハーフランドがあった。

この星が建設されるのと同時進行で、多くの動物たちが集められていた。

その中には後にロケットとなるアライグマも含まれており、彼らは人間の手によって遺伝子操作を受けると、知性を持つ生物として生まれ変わった。

知性を持った動物たちはハーフランドに送られると、そこで精神障害を持つ者たちの見張り役として働かされ、ロケットはその中でも警備責任者の地位を任されていた。

長い間警備責任者としての立場を勤め上げ上げたのち、ロケットは巨大宇宙船に乗って他の動物たちと共に新天地へと旅立った。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ロケット・ラグーンの能力

ロケット・ラグーンの能力

人間とアライグマの特徴

ロケットは遺伝子を操作され人間の遺伝子が組み込まれているため、アライグマでありながら人間の特徴を持ち合わせる。

そのため二足歩行が可能で、指先が発達しているため武器を扱うことができる。

銃火器の扱い

ロケットは銃火器の扱いに定評がある。

また、足に装備したロケット・スケートは彼に飛行能力を与え、銃とロケット・スケートを駆使した戦闘スタイルを確立した。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ロケット・ラクーンの活躍

ロケット・ラクーンの活躍

ウルトロンが仕掛けたファランクス戦争によって銀河は危機に瀕していた。

最先端技術によって生み出された有機的ウイルスが蔓延し、銀河全体の生物を自らの意識下に組み込み、操ろうとしていたのだ。

一人ではどうすることもできない相手だったが、ロケットは宇宙を旅していたスター・ロードと出会い、刑務所で後の親友となるグルートと出会った。

更に仲間は増えてクエーサーやアダム・ウォーロックとも行動を共にするようになると、彼らは力を合わせてウルトロンを打ち倒したのだった。

その後、このような銀河の危機が再び訪れないよう、スター・ロードはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを結成。

ロケット・ラクーンはそのチームの副リーダーとなった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ ロケット・ラクーンの強さ

まとめ ロケット・ラクーンの強さ

パワー:C⁺

耐久性:C⁺

スピード:C⁺

知能:B

エネルギー:C

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、ロケット・ラクーンの強さは・・・

C⁺  じゃ!

能力値に「可愛さ」という項目があればSじゃ!

イカ
イカ

ロケット!

貴様をぼくのライバルとして認めてやろう!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました