【マイティ・ソー】死の女神ヘラの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】

【マイティ・ソー】死の女神ヘラの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】ヴィラン

アスガルドの死の女神、ヘラ。

父親はまさかのあの人物?!

死の女神ヘラの誕生・能力・活躍

死の女神ヘラの誕生・能力・活躍

死の女神ヘラ基本情報

本名:ヘラ

出身:ヨトゥンヘイム

身長:213cm

体重:226kg

初登場:1964年「Journey into Mystery」♯102

イカ
イカ

この人って映画でソーのムジョルニアを破壊したヤベー人だよね。

ハカセ
ハカセ

映画と同じように、原作でも凄まじいパワーを見せているのじゃ。

ヘラが登場する映像作品リスト

映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」2017年

・アニメ「What If…?」2021年(ヘラの特徴的な兜が登場する)
※【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

死の女神ヘラの誕生

死の女神ヘラの誕生

ヘラの母親は巨人族の魔女アングルボーダで、父親はあの邪神ロキである。

成長したヘラに対して、オーディンはニフルヘイムの支配者となるよう任じた。

ニフルヘイムとは戦死者以外の死者の魂が送られる死者の国である。

戦死者の魂は英雄としてヴァルハラへと送られるが、そちらはオーディンが築き、ヴァルキリーが管理していた。

しかし、ヘラはニフルヘイムの支配者というだけでは物足りず、ヴァルハラでさえも自分の領域であると主張するようになる。

オーディンの注意が他に逸れている隙を見計らい、ヘラはヴァルハラを占領。

そのことに気付いたオーディンはヘラと戦い、最終的にはヴァルハラを取り戻すことに成功する。

しかし追い払われてもなお、彼女の野心が消えることはなく、その後も何度もオーディンソーとぶつかり合った。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ヘラの能力

ヘラの能力

魔法

ヘラには父親のロキと同じように魔法の才能がある。

雷神ソーと対戦した際には、「傷を負っても回復しない」という魔法をかけて苦しめたほか、手からエネルギーブラストを放つこともできる。

桁外れのパワー

ヘラは細身の外見には似つかわしくないほどのパワーを有している。

パワーだけで見ればあのオーディンに引けを取らないほどであり、映画「ソー バトルロイヤル」ではムジョルニアを片手で破壊してみせた。

アスガルドに住むほとんどの戦士は彼女に全く歯が立たない。

触れただけで死に至らしめる

死の領域を司るヘラは、相手に触れただけでその人物を絶命させることができる。

また、ほとんどすべてのアスガルド人の生死を操ることすらできる。

死んだ神を生き返らせる

触れただけで相手の命を奪う一方で、死んでまだ間もない神であるならば、その魂を呼び戻して生き返らせることができる。

この力によって、オーディンも救われたことがある。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

死の女神ヘラの活躍

死の女神ヘラの活躍

消えない野心

ヴァルハラの支配に失敗したヘラは、次なる手として巨大な船ナグルファーを建設した。

彼女はこの船にニフルヘイムの死者たちを乗せて軍団を作り、アスガルドに攻め入ろうと画策していたのだ。

しかしエクスキューショナーに完成間近の船を破壊されると計画は失敗に終わる。

それでも諦めないヘラは、オーディンソーを自分の領域におびき寄せ、戦いを有利に進めた。

しかしそこでも敗北を喫すると、彼女はとうとう野心を捨て去ったかに思えた。

だが、今度は死を司る他の神々と協定を結ぶことで、単一のスーパーヘルを作り上げて自分の支配領域を拡大しようと試みた。

しかしこれもゴッドイーターやデモゴージに妨害されて失敗に終わる。

その後も何かと画策するが、ソーやX-メンに妨害されて未だ彼女の野心が満たされたことはない。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ 死の女神ヘラの強さ

まとめ 死の女神ヘラの強さ

パワー:S

耐久力:S

スピード:B(S)(テレポート能力所持)

知能:B

エネルギー:A⁺

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、ヘラの強さは・・・

A  じゃ!!!

何度打ち負かされても諦めない執念深さもまた恐ろしいところじゃのう。

イカ
イカ

こんな奴どうやったら倒せるんだ・・・

映画「ソー バトルロイヤル」での活躍もすさまじかったよね。

↓映像作品での活躍はこちら↓

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました