【最新アニメ】ヒットモンキーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【最新アニメ】ヒットモンキーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】ヒットモンキー

彼はヒットマンではない。

ヒットモンキーだ!

ヒットモンキーの誕生・能力・活躍

ヒットモンキーの誕生・能力・活躍

ヒットモンキー基本情報

本名:不明

出身:日本のどこか(本州)

身長:73.5cm

体重:14kg

ライバル:ブルズアイ など

初登場:2010年「HIT-MONKEY」♯1

イカ
イカ

最近アニメ化が発表されたキャラクターだよね。日本が舞台なんだっけ。

ハカセ
ハカセ

色々な意味で話題になっておるのう。

ヒットモンキーが登場する映像作品

・アニメ「ヒットモンキー」2021年
※「Disney+」独占配信。

ヒットモンキーの誕生

ヒットモンキーの誕生

本名不明のとあるサル(そもそも本名などあるのか?)が、あるとき日本の山奥で誕生した。

彼はしばらく群れの仲間たちと何事も無く暮らしていたが、彼らが暮らす山中に負傷した人間が逃げ込んできたことで、平和な生活に終止符が打たれた。

サルたちは負傷し苦しむ人間に対して優しく接し、手厚く看病してやった。

しかし、とあるサルだけは怪しい人間を助けるべきではないと主張した。

その主張が受け入れられないことに不満を持ったとあるサルは、人間の監視役を買って出て、不審な行動を起こさないか注意深く観察することにしたのだった。

その人間は実は暗殺者で、任務の途中で負傷しその山に逃げ込んだ人物だった。

とあるサルは人間が行う訓練を観察することで、その技術を学んでいった。

人間は完全に回復すると、なんとサルたちと共生する道を選び、群れに残ると言い出した。

群れのサルたちもその選択を歓迎し、仲間として正式に迎え入れたのだが、とあるサルとその考えに賛同した小数のサルは頑なに人間を認めようとはしなかった。

やがて群れの中で対立抗争が起こると、とあるサルたちは群れから追放されてしまったのだった。

帰る場所を失ったサルが意気消沈しながら森の中を歩いていると、偶然にも兵士の一団に遭遇した。

彼らはあの暗殺者を始末する任務を負っており、そのことに気付いたサルは群れの元へと急いで戻った。

しかし危機を知らせる前に、既にサルの群れは兵士たちに襲われていて、暗殺者もサルの仲間も皆殺しにされていたのだった。

激怒したサルは、近くに落ちていた暗殺者の銃を手に取ると、不意を突いて兵士たちを全員射殺し復讐を果たした。

すると突然、目の前に死亡した暗殺者の霊が現れ、サルに対し暗殺術を教えようと提案したのだった。

そして、自分とサルたちの虐殺を命じたのがヒヤシ(林と表記したかった?)・ヒデキという政治家であることも教えてくれた。

とあるサルは暗殺者の提案を受け入れ、ヒヤシ・ヒデキを討つための訓練を開始した。

\Amazon初夏セール開催中/

ヒットモンキーの能力

ヒットモンキーの能力

暗殺技術

ヒットモンキーは超猿的なパワーを持たない通常のサルである。

ただし暗殺術の訓練を積んでいるためそんじょそこらのサルとは比べ物にならないほど強い。

両手に拳銃を持って戦うスタイルを好むが、サルは足も器用に扱えるため、足で銃を持ち撃つことができる。

ミュータント能力

ヒットモンキーは身体能力的に超猿的なパワーを持たないただのサルであるが、何故他のサルに比べて知能が高いのかといえば、それはミュータント能力によるものだと言われている。

ミュータント能力が発現したことで人間に近い知能を獲得したことで、複雑な暗殺技術をマスターすることができたと考えられている。

\AmazonGWセール開催中/

ヒットモンキーの活躍

ヒットモンキーの活躍

カトウ将軍

最終的な復讐対象だと思っていたヒヤシ・ヒデキだったが、実は彼すらもカトウ将軍なる黒幕の傀儡だったことが判明する。

サルを訓練した暗殺者は、このカトウ将軍が政治的なクーデターを起こさせるためヒヤシを介して雇った人物だった。

しかし計画が失敗に終わったため、ヒヤシが向かわせた兵士に始末された。

だがその兵士たちがサルに全員始末されたことを知らないカトウとヒヤシは、暗殺者がまだ生きているものだと思い込んでいたのだった。

カトウとヒヤシは暗殺者からの復讐を警戒し、周囲に厳重な警備を敷いていた。

しかしこの思い込みが、かえってサルへの警戒を薄れさせ、サルの接近を許す結果となった(そもそも、まさかたった一匹のサルが、自分の命を奪いに来ているとは誰も思わない)。

こうしてサルはヒヤシとカトウを殺害し、復讐の全てを完了させたのだった。

VSブルズアイ

復讐を遂げたサルの前に、世界屈指の暗殺者であるブルズアイが立ち塞がった。

ブルズアイは用心棒としてカトウ将軍に雇われていたのだが、依頼主を殺されたことで任務失敗となり信用を落としかねない状況になっていた。

名誉挽回のためにも、依頼主を殺したサルを始末しケリをつけておく必要があった。

対峙したサルと人間の暗殺者は、周囲を巻き込みながらの壮絶な戦いを繰り広げた。

最終的に勝利したのはサルで、敗北したブルズアイは姿を消した。

しかしこの戦いによって無関係な人間にも被害が及んだことに心を痛めたサルは、人間社会の役に立つため悪人を始末する暗殺者としての活動を開始したのだった。

すると活躍はたちまち裏社会で評判となり、彼は「殺し屋の中の殺し屋」とまで評される存在となった。

そのサルのような姿(実際にサルだが)で正確に仕事をこなす姿から、彼はいつしか「ヒットモンキー」と呼ばれるようになった。

VSスパイダーマン&デッドプール

ある時ニューヨークで発生した殺人事件を調査していたスパイダーマンは、犯人が通常の人間では無いことに気付いた。

スパイダーマンは当初、犯人はデッドプールなのではないかと疑っていた。

しかしデッドプールと接触し情報交換する中で、真犯人はヒットモンキーと呼ばれるサルの暗殺者であることを突き止めた。

スパイダーマンデッドプールは協力してヒットモンキーを捜索し、発見に成功するとすぐに交戦状態となった。

ヒットモンキーが発射した弾丸がスパイダーマンに命中し、サルは見事逃亡を成功させた。

スパイダーマンは軽傷だったが、デッドプールスパイダーマンを死んだことにして嘘の葬式を大々的に開催した。

すると狙い通り罪悪感にかられたヒットモンキーが葬儀場に姿を現したため、再び戦闘となった。

最終的にデッドプールとヒットモンキーは互いに吹き飛び合い痛み分けとなった。

\AmazonGWセール開催中/

ヒットモンキーの強さ

ヒットモンキーの強さ

パワー:C⁺

防御力:C⁺

スピード:B

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:A⁺

ハカセ
ハカセ

とうわけで、ヒットモンキーの強さは・・・

B じゃ!

世界最強のニホンザル!なのじゃ!

イカ
イカ

ふざけた奴なのかと思ったら、意外と重い過去があった・・・彼にはアニメでも頑張ってほしいね。

\Amazon初夏セール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました