【マイティ・ソー】ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【マイティ・ソー】ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】ヴィラン

彼は全ての神を殺害することに決めた。

その決意に至る悲しき過去とは?

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの誕生・能力・活躍

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの誕生・能力・活躍

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの基本情報

本名:ゴア

出身:名も無き惑星

身長:201cm

体重:118kg

ライバル:ソー など

初登場:2013年「THOR:GOD OF THUNDER」♯1

イカ
イカ

マーベル最新映画「マイティ・ソー/ラブ・アンド・サンダー」に登場するメインヴィランだよね。

ハカセ
ハカセ

比較的新しいキャラクターなのじゃが、本当に神を全滅させかねない、強力なパワーを秘めた人物なのじゃ。

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーが登場する映像作品

・映画「マイティ・ソー/ラブ&サンダー」2022年7月公開予定
※今後【Disney+】でのみ配信予定。

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの誕生

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの誕生

名も無きとある惑星で誕生したゴアは、生まれつき足が不自由だった。

そのこともあってか、彼は幼い頃から神々を信じ祈りを捧げるようにと両親から言われて育った。

しかし信心深い父親が病に倒れ帰らぬ人となった時、ゴアは神々の存在に疑問を感じるようになった。

その後ゴアと母親がモンスターに襲われた時、母親も息子を庇って亡くなってしまう。

両親を亡くしたゴアは、悲しみの中で神に対する疑念を強くするようになった。

数年後、成長したゴアはアッラという名の女性と結婚し、子どもたちにも恵まれた。

しかし彼女が次の子どもを妊娠している時に大きな地震が発生し、アッラは帰らぬ人となってしまう。

さらには生き延びた子どもたちもゴアの父親と同じ深刻な病を抱えており、幼くして次々に死亡してしまったのだった。

ゴアは唯一生き残った息子を連れて、故郷である不毛の地から脱出し、豊かな土地を目指した。

豊かな土地であれば、息子の治療法も見つかるのではないかと考えたのだ。

しかし息子は旅を生き延びることができず、目的地を見つける前に死亡してしまう。

その時、ゴアの中にかすかに残っていた神への信仰心が完全に失われた。

故郷に戻ったゴアは息子を埋葬しながら、神の存在を否定し、冒涜するような発言と行為を繰り返した。

するとそれを目撃していた仲間の部族から制裁を受け、ゴアは石で頭を打ち付けられるなどの暴力を受けたのだった。

故郷を追放されたゴアは、彷徨い歩いた先で奇妙な光景を目撃する。

金色の甲冑を着た未知の存在と、黒色の未知の存在(ヌル)が、空を飛びまわりながら戦っていたのである。

ヌルは金色の存在が持つ刃に貫かれて地面に墜落すると、近くにいたゴアに助けを求めた。

ゴアはこの人物たちがおそらく神であることを認識すると、それを拒否して憎しみをたぎらせた。

すると瀕死となったヌルから飛び出した未知の生物がゴアに取りつき、その生物は形を変えて彼の鎧となり、そして腕から生える黒い刃となった。

ゴアはその刃で金色の神を殺害すると、新たに得た力を使って故郷の惑星を飛び立った。

他の神々を探し出し、自分の家族を救わなかった復讐を果たす旅が始まったのである。

\Amazon初夏セール開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの能力

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの能力

シンビオート

ゴアの身体に取りついた黒色の存在は、人間に寄生しヴェノムとなったことで知られるシンビオートである。

ゴアに取りついたシンビオートは最古のシンビートと呼ばれる「オールブラック」で、最初は彼らを作り出した旧神ヌルが使用する無形の鎧であり武器だった。

ゴアと結びついたオールブラックは彼の意志を反映して黒い鎧や武器、そして飛行能力を与える羽になる。

またシンビオートはゴアに超人的なパワーと回復力を与えており、ほぼ不死身の存在となっている。

オールブラック・ネクロソード

ゴアが戦闘で使用する、両の腕から出現させることができる「オールブラック・ネクロソード」は、通常の攻撃以外にも空間を切り裂くことで暗闇を発生させることができる。

さらには発生させた暗闇を操り、個体に変化させることができる。

また暗闇からシュラウドと呼ばれる狂戦死たちを呼び出すことができ、彼らは自分の軍隊として使用することができる。

\Amazon初夏セール開催中/

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの活躍

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの活躍

ソーとの出会い

神の全滅を誓うゴアと、正義を掲げる雷神ソーが出会うのはもはや必然だった。

二人が最初に出会い戦ったのは、約千年も前のことだった。

激しい戦いを繰り広げた二人だったが軍配はソーにあがり、危険な思想を持つゴアを生かしておくのは危険だと判断しソーはゴアの命を奪った。

しかしゴアは長い時間をかけてシンビオートによって再生し、復活を遂げていたのだった。

ゴアはその後多くの神々を殺害して回り、更には殺害した神々の血液を使って別の次元や時系列へ移動することができるようになっていた。

ゴアは様々な世界や時間の神々を屈服させ、まるで奴隷のようにすると彼らに「ゴッドボム」と呼ばれる、全ての時系列の神を殺害できる兵器を作らせていた。

ゴッドボムが完成したことに気付いたソーは、その起爆を止めるためゴアとの戦いに身を投じた。

すると驚くべきことに、ゴアに敗北し奴隷となっていた神の中には、若かりし頃の自分や、年老いた自分も含まれていたことに気付く。

過去や未来の自分、そして他の神々を救うためソーはゴアに挑んだが、過去に対戦した時とは比べ物にならないほど、ゴアはパワーを増していた。

劣勢に追い込まれたソーだったが、その戦いを察知した様々な世界、時系列に存在する神々たちが祈りを捧げ、ゴアの桁外れなパワーとゴッドボムの爆風を吸収した。

ソーは吸収した爆風を使用してゴアを弱体化させることに成功し、ついにゴアを打ち倒すことに成功したのだった。

オールブラックの新たな宿し主

ゴアはソーに敗北し死亡したが、オールブラックはしぶとく生き残っており、そしてその中にはゴアの意識の一部がまだ残っていた。

弱ったオールブラックが新たな宿し主として選んだ人物は、ソーの義理の弟であるロキだった。

ロキに取りついたオールブラックは力を取り戻していき、しばらくするとシンビートはゴアを蘇らせた。

復活したゴアはロキソーを捕らえて磔にし、アスガルドの破壊を宣言した。

絶望する二人をオールブラックは包み込み、彼らを取り込んでしまった。

しかしそのすぐ後に、ムジョルニアに選ばれ新たなソーとなったジェーン・フォスターが援軍を連れて現れ、二人の窮地を救った。

神々はゴアを倒し、ついにシンビートを引きはがした。

するとゴアは記憶を失った上で死亡した。

彼を哀れに感じたソーたちは、彼が次の人生では平和に生きられるよう願い、天に召されるのを見送ったのだった。

\Amazon初夏セール開催中/

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの強さ

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの強さ

パワー:A

防御力:A⁺

スピード:Sテレポート能力所持)

知能:B

エネルギー:B

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの強さは・・・

A なのじゃ!!!!

神殺しVS神!映画でもすさまじいバトルが繰り広げられそうじゃのう!

イカ
イカ

あまりにも悲しき過去をもったヴィランなんだね。同情しちゃうよ。

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました