【MCU】サノスが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】

【MCU】サノスが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】まとめ

宇宙の均衡を保つことを使命に掲げるヴィランサノス

サノスはアベンジャーズと対立し、そして一度は勝利した。

【MCU】サノスが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】

サノス(映画)の基本情報

サノス(映画)の基本情報

本名:サノス

地位:宇宙最大の脅威

立場:ヴィラン

現在:死亡

初登場:2012年「アベンジャーズ」

イカ
イカ

シリーズ通しての全ての黒幕であり、ラスボス的存在だよね。

ハカセ
ハカセ

サノスが本格的に動き出す前にも様々な手を打っていたのじゃ。

\Amazon初夏セール開催中/

サノスが登場する映画・ドラマ作品一覧

サノスが登場する映画・ドラマ作品一覧

サノスが登場する映像作品は、今のところ6つ!

作品は【Disney+】にて見放題、【Amazon・楽天】ではレンタル・ソフトの購入で視聴することができます。

⒈映画「アベンジャーズ」2012年

本作のミッド・クレジット・シーンにて初登場。

ロキとチタウリの軍勢が敗北したことと、地球を守る超人たちの存在を知らされると、不敵な笑みを浮かべた。

⒉映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」2014年

本作に登場するヴィラン、ロナンとサノスは盟約関係を結んでおり、インフィニティー・ストーンのひとつである「オーブ」の回収を依頼する。

しかしロナンは「オーブ」を手に入れるとサノスを裏切り、一方的に通信を遮断した。

⒊映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」2015年

ミッド・クレジット・シーンに登場。

完成した「インフィニティ・ガントレット」を左手に装着し、本格的に動き出すことを宣言する。

⒋映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」2018年

ついにメインヴィランとして登場。

さらに、本作の主人公的立場としても描かれている。

ザンダーを攻撃しパワー・ストンを手に入れたのを皮切りに、ソーやロキ、ハルクの乗る宇宙船「ステイツマン」を襲撃し完勝するとスペース・ストーンを奪取。

その後「ノーウェア」でコレクターからリアリティ・ストーンを強奪した後、追ってきたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを叩きのめす。

捕らえたガモーラからソウル・ストーンの在処を聞き出すと、ヴォーミアへ赴きガモーラを生贄にしてストーンを手に入れた。

タイタンに移動すると待ち構えていたアイアンマン、スパイダーマン、ドクター・ストレンジ、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと戦闘になるが、勝利を収めてストレンジからタイム・ストーンを奪うことに成功。

最後のストーンであるマインド・ストーンを手に入れるため地球のワカンダにワープすると、キャプテン・アメリカ、ブラックパンサーなど多くのヒーローを次々となぎ倒し、持ち主であるヴィジョンの元にたどり着いた。

しかしワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチが既にストーンを破壊した後だったため、サノスはタイムストーンを起動させて時間を巻き戻し、ストーンを復元するとヴィジョンの額からストーンを引き抜いた。

全てのストーンをガントレットに揃えたところでソーに攻撃を受け一矢報いられるが、指を鳴らしてデシメーションを発動、全宇宙の人口半分を消滅させることに成功したのだった。

目的を達したサノスは姿を消すと、とある惑星で農作業をしながら静かな生活を送り始め、美しい朝日と景色に満足そうな笑みを浮かべた。

⒌映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

隠遁生活を送っていたサノスは、もう一度インフィニティ・ガントレット起動させ、そのパワーで全てのストーンを破壊していた(二度に及ぶガントレットのフルパワー発動により、サノスは大きなダメージを受け弱体化している)。

世界を元通りにできる唯一の可能性を潰された生き残りのヒーローたちは、そのことを知ると絶望し、ソーがサノスにとどめを刺した。

ここでサノスは退場となったが、ヒーローたちは過去へと戻ることで破壊される前のストーンを集める計画を進めた。

その行動を察知した過去のサノスが登場し、アベンジャーズの持つガントレットを奪うため軍勢を引き連れて現代に現れる。

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーの3人を相手に互角に戦った後、デシメーションから復活したヒーローたちとその仲間を迎え撃った。

最終的にアイアンマンがガントレットを起動させ、サノスの軍勢を消滅させたことで、二度目の退場となった。

⒍アニメ「What If…?」2021年

映画とは全く異なる次元を描くアニメシリーズ「What If…?」の第2話と第8話に登場。

第2話ではスター・ロードとなったティ・チャラに説得され改心したサノスが登場する。

第8話では宇宙を支配するほどのパワーを持ったウルトロンに瞬殺され、インフィニティ・ストーンを奪われた。

※【Disney+】でのみ配信中。

サノスが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!

いかがだったでしょうか。

MCUの「フェーズ3」までの全ての黒幕であり、ラスボスだったサノスですが、敵役でありながらも「インフィニティ・ウォー」と「エンドゲーム」でとても魅力的に描かれていました。

完全なる悪人ではなく、自分なりの正義を貫き通そうとしていたあたりも、これまでのヴィラン像とは違っていて好感が持てました。

今後はサノスの力によって抑止されていた強敵が、サノスの消滅によって出現してしまうというストーリーがどこかで描かれそうですよね。

また、サノスの弟を名乗るエロスという存在も現れました。

まだまだサノスの影響を受けたストーリーがたくさん描かれそうです。

そしてサノスの次なる大ボスがいったいどんなキャラクターになるのか、とても楽しみですね。

↓原作での活躍はこちら↓

\Amazon初夏セール開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました