【キャプテン・マーベル】コラス・ザ・パーサーの強さ・能力について解説!【マーベル】

【キャプテン・マーベル】コラス・ザ・パーサーの強さ・能力について解説!【マーベル】キャプテン・マーベル

科学者コラスは超人的なパワーを手に入れパーサー追跡者となった

スターフォースに不可欠な存在である。

コラス・ザ・パーサーの誕生・能力・活躍

コラス・ザ・パーサーの誕生・能力・活躍

コラス・ザ・パーサーの基本情報

本名:コラス・タック

出身:クリー帝国

身長:183cm

体重:131kg

ライバル:アベンジャーズ など

初登場:1977年「INHUMANS」♯11

イカ
イカ

コラスって確か映画で死亡しているよね。

ハカセ
ハカセ

原作でも残念ながら死亡する運命なのじゃ。

コラス・ザ・パーサーが登場する映像作品

・映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」2014年

・アニメ「What If…?」2021年
※「Disney+」独占配信。

コラスの誕生

コラス・ザ・パーサーの誕生エピソード

コラス・タックはクリー帝国の遺伝学者として働く科学者だったが、ある時「パーサー(追跡者)計画」のリーダーに任命された。

パーサー計画とは簡単に言うと、遠く離れた宇宙へエネルギーを飛ばし、目標地点に到着するとそのエネルギーが実体化してクリーの工作員として活動し始めるというものだった。

この技術が可能になれば、遠く離れた場所でも短時間で兵士を送り込むことがきるため、戦争を優位に進めることができるこの計画は特に期待されていた。

クリーとインヒューマンズが敵対関係になった時、クリーの評議会はパーサー計画を実戦で試そうと考えていた。

命令を受けたコラスは地球のニューヨークへ目標地点を定めると、エネルギー体(結晶化ホログラム・テンプレート)を飛ばした。

地球に送られたエネルギー体は、近くにいたゴキブリの能力を取り込んでパーサーへ実体化すると、インヒューマンズを追跡し、攻撃を開始した。

インヒューマンズの王族たちは突然現れたゴキブリに似た敵に対応できず、次々と敗北し、ついにはブラックボルトでさえも倒された。

しかしクリーの反体制派であるファルゾンが殺虫剤をかけたことで、パーサーは気絶したのだった。

その後クリー帝国とシーア―帝国の戦争が勃発すると、パーサー計画は打ち切りとなり、結果を出せなかったコラスは無慈悲にも左遷されてしまう。

しかしコラスは計画の完成を諦めておらず、たった一人で研究を進めマシンを組み立てると、結晶化ホログラム・テンプレートを自身の肉体に適用させた。

実験は成功し、コラスは超人的なパワーを得て、コラス・ザ・パーサーとして生まれ変わった。

\Amazon初夏セール開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

コラス・ザ・パーサーの能力

コラス・ザ・パーサーの能力

超人的なパワー

コラスは通常のクリー人を大きく上回るほどの超人的なパワーを持っており、高いパワー、反射神経、耐久力、スタミナを有する。

「パーサー(追跡者)」の異名を持つだけあり、コラスは狙い定めた人物や物体の遺伝子やエネルギーを感知し、追跡することができる。

ベータ・バトン

コラスは「ベータ・バトン」と呼ばれるスティック状の2本の武器をよく戦闘で使用する。

この武器は敵を麻痺させることができる他にも、先端からエネルギーブラストを放ち攻撃することができる。

また特殊なブーツも装備しており、これにより一時的に空中を移動することができる。

\Amazon初夏セール開催中/

コラス・ザ・パーサーの活躍

コラス・ザ・パーサーの活躍

スターフォース結成

科学者から戦士へと転身し、頭角を現したコラスをスプリーム・インテリジェンスは評価し、超人チーム「スターフォース」に参加させた。

コラスの初陣は、クリー帝国の惑星ハラに侵入したアベンジャーズとの戦いとなったが、スターフォースは見事勝利を収め実力を示した。

しかしスターフォースの結成と出動は、指導者であるアエル・ダンとダー・ベンの許可なく行われたことであったため、彼らはそれを問題視すると、スターフォースとアベンジャーズをフォースフィールド内に閉じ込めてしまった。

しかしその直後、背後からシーア―帝国の反逆者であるデスバードが現れると、アエルとダーを殺害してしまう。

実はアベンジャーズを惑星ハラに呼び寄せたのも、無許可でスターフォースを結成したのも、そしてこの場にアエルとダーが現れ、そして暗殺されることも、全てはスプリーム・インテリジェンスの筋書き通りだったことが判明する。

スプリーム・インテリジェンスは自分がシーア―帝国と、そしてクリー帝国そのどちらも手に入れるための計画を進めていたのである。

スターフォース敗北

そしてスプリーム・インテリジェンスは、この暗殺を仕組んだ犯人はシーア―帝国の女帝リランドラであるとでっち上げ、報復の口実を作るとスターフォースを派遣した。

これに対抗するため、シーア―のインペリアル・ガードとアベンジャーズは協力し、スターフォースを迎え撃った。

コラスの前に立ちふさがったのは、スカーレット・ウィッチとアストラだった。

コラスはベータ・バトンを使いアストラを吹き飛ばすも、スカーレット・ウィッチの魔法によってバトンを破壊されてしまう。

武器を失ったコラスはアストラから逃れることができず、締め上げられると気絶し敗北した。

他のスターフォースのメンバーたちも、同様に敗北した。

宇宙を旅するコラス

その後もコラスはスターフォースの一員として様々な任務についたが、立場が危うくなると亡命を余儀なくされ、辺境の惑星ゴッドサブ・オメガへとたどり着いていた。

やがて惑星を狙い攻撃を仕掛けてきたガモーラに対し、コラスは応戦するも敗色濃厚の気配が漂っていた。

すると偶然にも、元スターフォースのチームメイトで、強大なパワーを持つロナンが惑星を訪れた。

コラスは敵を追い払うための協力をロナンに要請したが、実はこの時すぐ近くにまでアナイアレーション・ウェーブが惑星に迫っていた。

それに気づいたコラスはガモーラとの戦いをやめ、他の入植者を連れてロナンの船で惑星を脱出したのだった。

コラスの死

ある時コラスは、完全なクリー人を作ろうとしている狂った科学者、ハイ・エボリューショナリーを捜索するよう命令された。

しかしその任務中、コラスはウルトロン率いるファランクスに捕らえられ、洗脳を受けると軍勢に加えられてしまったのだった。

コラスはウルトロンから邪魔者であるアダム・ウォーロックやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと戦い、捕らえてくるよう命じられたが、返り討ちにあってしまう。

コラスの敗北を知ったウルトロンは激怒しエネルギーブラストを放つと、直撃を喰らったコラスは蒸発して死亡した。

\AmazonGWセール開催中/

コラスの強さ

コラス・ザ・パーサーの強さ

パワー:B⁺

耐久力:B

スピード:B

知能:B⁺

エネルギー:B

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、コラス・ザ・パーサーの強さは・・・

B なのじゃ!!

とてもバランスのとれた戦士なんじゃのう。

イカ
イカ

スターフォースっていうチーム名かっこいいよね。

↓映像作品での活躍はこちら↓

\Amazon初夏セール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました