【ブラックパンサー】エヴェレット・ロスの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ブラックパンサー】エヴェレット・ロスの強さ・能力について解説!【マーベル原作】ブラックパンサー

外交官の側近として働くエヴェレット・ロス。

彼はティチャラとの出会いで人生を一変させた。

エヴェレット・ロスの誕生・能力・活躍

エヴェレット・ロスの誕生・能力・活躍

エヴェレット・ロスの基本情報

本名:エヴェレット・ケネス・❝ケニー❞・ロス

出身:不明

身長:167cm

体重:66kg

ライバル:メフィスト、アチェベ など

初登場:1998年「KA-ZAR Vol.3」♯17

イカ
イカ

映画「ブラックパンサー」で登場した、CIA捜査官だよね。原作だと外交官の側近なんだ。

ハカセ
ハカセ

特別な能力を持たない彼じゃが、ブラックパンサーの相棒的存在として活躍するのじゃ。

エヴェレット・ロスが登場する映像作品

・映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」2016年

・映画「ブラックパンサー」2019年
※上記2作品は【Disney+】でのみ見放題配信中。

・映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」2022年公開予定

エヴェレット・ロスの誕生

エヴェレット・ロスの誕生

法律家を目指して学業に励み、卒業後にワシントンDCの国防省で働き始めたエヴェレット・ロス。

彼に与えられた仕事は、アメリカを訪れた他国の外交官たちを護衛するというものだった。

そしてある時、ワカンダ国王であるティチャラ(ブラックパンサー)の護衛をするよう命じられると、彼は事件に巻き込まれていった。

\Amazon初夏セール開催中/

エヴェレット・ロスの能力

エヴェレット・ロスの能力

ワカンダの専門家

エヴェレット・ロスは超人的なパワーを持たない通常の人間である。

彼はオックスフォード大学で法学位を取得するほどの優秀な頭脳を持つ。

またティチャラの側近として行動を共にするうちにワカンダ王国について多くの知識を身に着けた。

今ではワカンダ王国の歴史や内情に詳しい専門家としての肩書を持ち、またワカンダ語も話すことができる。

武器の扱い

エヴェレット・ロスは他国の要人を警護するという職務上、一通りの格闘や武器を扱う訓練を受けており、一般人よりは腕が立つ。

\Amazon初夏セール開催中/

エヴェレット・ロスの活躍

エヴェレット・ロスの活躍

失態

ティチャラの警護を担当して早々に、ロスは街のゴロツキに絡まれ、セキュリティIDを盗まれるという失態を犯した。

そのことを知ったティチャラは取り返す手助けを申し出て、ゴロツキが逃げ込んだ混雑するストリップクラブに侵入。

ティチャラに追い詰められたゴロツキが騒ぎを起こすとクラブ内で大きな乱闘が勃発し、その混乱の中でロスはズボンを失いトイレ内に立てこもるという醜態をさらした。

結局、クラブで乱闘騒動に加担した者たちはティチャラやロスも含めて全員逮捕され、留置場に交流されることになった。

メフィストとの邂逅

ズボンを失ったまま留置場に交流されたロスだったが、職務上の特権を使用してティチャラとともに解放された。

しかしティチャラはすぐに別の調査があると言って、ズボンが無く身動きの取れないロスを拠点に置いて出かけてしまったのだった。

そこに来訪者が現れ、ロスが扉を開けると驚くべきことに魔王メフィストが立っていた。

ロスは恐怖し怯えたが、メフィストはロスから何かを感じ取ったようでお前を悪魔の代弁者にすると一方的に告げてきた。

するとメフィストは、呪文を唱えるとロスに新たなズボンを用意した。

そのズボンは不思議なことに、脱いでも脱いでもロスの下半身に身につけられた。

するとタイミングよくティチャラが拠点に帰還し、メフィストを戦闘の末に打ち破り胸から心臓を引きずり出した。

しかしメフィストはそれでも死なず、ブラックパンサーとロスを地獄に送ると姿を消したのだった。

地獄に送られた二人は命の危機に陥ったが、ブラックパンサーの魂は守り神であるパンサー神と結びついているため、その結びつきを辿って脱出することに成功。

このことでティチャラに恩義を感じたロスは、正式に彼の側近になることを申し出たのだった。

その他の活躍

ティチャラと行動を共にするようになったロスは、彼の側近として様々な活躍を見せている。

ティチャラの妻となるストームが行方不明になった際にはその追跡を任され、またアチェベや海底王国レムリア、ユリシーズ・クローのワカンダ侵略などでも彼の外交手腕が発揮された。

それらの功績が認められると、彼はホワイトハウスやSHIELDからも認められた、ワカンダ特別顧問としての地位を獲得している。

\AmazonGWセール開催中/

エヴェレット・ロスの強さ

エヴェレット・ロスの強さ

パワー:C⁺

防御力:C⁺

スピード:C⁺

知能:B

エネルギー:C

戦闘スキル:C⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、エヴェレット・ロスの強さは・・・

C⁺ なのじゃ。

訓練を受けた一般人レベルの強さじゃが、彼の戦場はワカンダを取り巻く外交なのじゃ。

イカ
イカ

映画ブラックパンサーの続編にも登場するみたいだし、どのような活躍をするのか楽しみだね。

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました