【アベンジャーズ】ホークアイの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】

【アベンジャーズ】ホークアイの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】アベンジャーズ

アベンジャーズ唯一の「普通の人間」!

しかし弓の技術は「普通」ではない!

ホークアイの誕生・能力・活躍

ホークアイの誕生・能力・活躍

ホークアイの基本情報

本名:クリントン・フランシス❝クリント❞バートン

出身:アイオワ州ウェーバリー

身長:191cm

体重:104kg

初登場:1964年「TALES OF SUSPENSE」♯57

イカ
イカ

ブラック・ウィドウが実は強化された人間だったから、どうせ同じようにホークアイも何か実験やら投薬やらされた過去があるんでしょ。

ハカセ
ハカセ

そんなことはないのじゃ!

彼は正真正銘普通の人間であり、特別なパワーは一切持っておらんのじゃ!

そんな彼がどうしてヒーローになったのか解説するぞい。

ホークアイが登場する映像作品

・映画「マイティ・ソー」2011年

・映画「アベンジャーズ」2012年

・映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」2015年

・映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」2016年

・映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

・映画「ブラックウィドウ」2021年

・アニメ「What If…?」2021年

・ドラマ「ホークアイ」2021年
※すべて【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

ホークアイの誕生

ホークアイの誕生

暴力的で酒浸りの毎日を送っていた父親が飲酒運転の事故で母親と一緒にこの世を去ると、クリント・バートンは孤児となった。

孤児院を脱走して移動サーカス団に入団したクリントは、そこでナイフ投げと弓矢の腕を鍛え上げられる。

成長し、サーカスのパフォーマーとして各地を転々としながら暮らしていたクリントは、ある日コニーアイランドでアイアンマンの活躍を目撃する。

その姿に感銘を受けたクリントは自作のコスチュームを身に着け、自らを「ホークアイ」と名乗り、ヒーローになることを決意するのだった。

無謀と思われた挑戦だが、サーカスで鍛え上げた弓矢の技術はアベンジャーズをも唸らせる域にまで達していた。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ホークアイの能力

ホークアイの能力

卓越した弓の腕

ホークアイは特別な能力を持たない普通の人間であるが、その弓の技術は超人級である。

また剣術やアクロバット能力にも長けている。

元々サーカスで磨かれた弓術には定評があったが、ヒーローになると決意した後、彼はそれまでの何倍もの訓練を積み重ね、スーパーヒーローと肩を並べられるほどになった。

トリック・アロー

ホークアイは状況に応じて様々な機能を持つ矢尻を使い分ける。

その中には照明弾・催涙ガス・酸・ケーブルなどが仕込まれており、時には爆弾を装着して矢を放ち、相手に大ダメージを与えることもある。

また、これらの矢尻を考案したのはホークアイ自身だが、その開発設計はアイアンマンであるトニー・スタークが請け負っている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ホークアイの活躍

ホークアイの活躍

ブラック・ウィドウとの出会い

アイアンマンに憧れてヒーローになることを決心したホークアイだったが、その決意はブラック・ウィドウとの出会いによって崩れかける。

ブラック・ウィドウに恋心を抱いて夢中になってしまったホークアイは、彼女がトニー・スタークの命を狙っていることを知ると、その手助けを買って出た。

共闘してアイアンマンを襲ったホークアイは、ブラック・ウィドウに気に入られたい一心で、憧れのアイアンマンと殴り合いまでしてしまう。

敗北を喫したホークアイは追い返されるが、その後初心に立ち返るとアベンジャーズマンションの管理人であるジャービスを強盗から救って見せた。

それがきっかけでアベンジャーズに自分の弓矢の腕前を見てもらうチャンスを得たホークアイは、高い技術を披露して評価を得ることができた。

そうして念願が叶い、ホークアイはアベンジャーズのメンバーへと迎え入れられたのだった。

ちなみにだが、ホークアイはブラック・ウィドウにプロポーズをしたが断られている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ ホークアイの強さ

まとめ ホークアイの強さ

パワー:C⁺

耐久性:C⁺

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘技術:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、ホークアイの強さは・・・

C⁺  じゃ!!!

彼の援護があるか無いかで戦況は大きく変わることもあるじゃろう。

イカ
イカ

ホークアイの活躍は映画「アベンジャーズ」シリーズで観れるね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました