【アントマン】ワスプの強さ・能力・活躍・誕生について解説!【マーベル原作】

【アントマン】ワスプの強さ・能力・活躍・誕生について解説!【マーベル原作】アベンジャーズ

アベンジャーズ創設メンバーの一人、ワスプ!

アントマンの相棒として戦うスーパーヒロイン!

ワスプの誕生・能力・活躍

ワスプの誕生・能力・活躍

ワスプの基本情報

本名:ジャネット・ジャン・ヴァン・ダイン

出身:ニュージャージー州クレススキル

身長:163cm

体重:50kg

初登場:1963年「Tales to Astonish」

イカ
イカ

映画でも活躍していたから知ってるけど所詮は虫けら。

ぼくのフリッカー触手ジャブで瞬殺だね。

ハカセ
ハカセ

ワスプはアベンジャーズ創設に関わり、初代アントマンを支えた重要人物なのじゃ。

ワスプが登場する映像作品

・映画「アントマン」2015年

・映画「アントマン&ワスプ」2018年

・映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

・アニメ「What If…?」2021年
※すべて【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

・映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」2023年公開予定

ワスプの誕生

ワスプの誕生

ジャネット・ジャン・ヴァン・ダインは裕福な科学者の娘として産まれた。

ある時、父親が実験をしていると事件が起きた。

異星人の怪物が突然解き放たれてしまい、ジャンの父親が殺されてしまったのだ。

愛する父の死を知って悲しみに暮れたジャンだったが、父親の同僚で天才科学者のヘンリー・ハンク・ピム博士に助けを求め、かたき討ちの手伝いを依頼した。

ジャンの揺るがない決意に心打たれたピムは、自分の発明を明かすと彼女の額と肩に昆虫の細胞を移植した。

この細胞をピム粒子によって活性化させることで彼女の肉体は縮小し、体には羽と触覚が生え、空を飛び昆虫と交信することができるようになった。

こうしてワスプとなったジャンは、アントマン(ハンク・ピム)とコンビを組んで父親のかたきを討つためヒーローとしての第一歩を踏み出した。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ワスプの能力

ワスプの能力

身体のサイズを自由に変えることができる

「ピム粒子」によって、ワスプは自分の身体のサイズを自由に変えることができる。

しかし身体を大きくしすぎることは身体的な負担が大きいため、通常は小さくなって戦うことが多い。

また昆虫の細胞を移植されているため、小さくなることで彼女の力は高まり、空を飛んだり昆虫と交信したりできるようになっている。

空気圧縮銃

ハンク・ピム博士から与えられた空気圧縮銃は、ジャンが縮小したとしても敵にダメージを与えることができる。

また、この銃はワスプ(蜂の一種)になぞらえてスティングとも呼ばれる。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ワスプの活躍

ワスプの活躍

アベンジャーズの創設

ジャンとピムは、彼女の父親を殺した宇宙怪物を倒すことに成功した。

かたき討ちは終わったものの、その後も彼女たちはヒーローとして様々なヴィランと戦い続け、世界の平和維持に貢献していた。

ある時ロキの罠に嵌められ暴れ狂うハルクを止めるために集結したヒーローの中には、ワスプとアントマンの姿もあった。

ワスプ、アントマンソーアイアンマンの4人は、ロキによって着せられたハルクの汚名をそそぐと、安定を取り戻したハルクと協力してロキを打ち倒すのだった。

これこそが後の最強スーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」の始まりになった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ ワスプの強さ

まとめ ワスプの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:B

知能:B

エネルギー:B⁺

戦闘技術:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、ワスプの強さは・・・

B  じゃ!

ちなみにワスプとは蜂という意味なのじゃ。

イカ
イカ

ワスプの活躍は映画「アントマンシリーズ」で観れるね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました