【スパイダーマン】グリーン・ゴブリンの強さ・能力・活躍・誕生について解説!【マーベル原作】

【スパイダーマン】グリーン・ゴブリンの強さ・能力・活躍・誕生について解説!【マーベル原作】スパイダーマン

スパイダーマンの人生の破滅を目論む最凶のヴィラン!

グリーン・ゴブリンはピーター・パーカーの恋人を殺した。

グリーン・ゴブリンの誕生・能力・活躍

グリーン・ゴブリンの誕生・能力・活躍

グリーン・ゴブリン基本情報

本名:ノーマン・バージル・オズボーン

出身:コネチカット州ハートフォード

身長:180cm

体重:83kg

初登場:1964年「AMAZING SPIDER-MAN」♯14

イカ
イカ

見るからに残虐そうなヴィランだ!

ハカセ
ハカセ

おそらくスパイダーマンと最も因縁の深い相手なのじゃ!

グリーンゴブリンが登場する映像作品

・映画「スパイダーマン」2002年

・映画「スパイダーマン2」2004年

・映画「スパイダーマン3」2007年
※全ての作品が【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題配信中。

・映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」2021年

グリーン・ゴブリンの誕生

グリーン・ゴブリンの誕生

ノーマン・オズボーンの幼少期は波乱に満ちていた。

アルコール中毒の父親が全財産を失うと、彼は貧しい生活の中でいつか本物の力を手に入れて全てを取り戻すことを強く誓った。

成長した彼は科学の知識とカリスマ性、それから冷酷な策略を駆使してオズコープ社を創業し、一代で大企業へと発展させた。

結婚して息子のハリーも生まれ、私生活も順調かと思われたが、ある時妻が悲劇的な死を迎えると彼の性格はさらに冷酷で無慈悲になっていった。

あるときオズボーンは、共同経営者であり恩師のメンデル・ストロム博士の存在を邪魔に感じるようになった。

するとオズボーンはストロムに横領の濡れ衣を着せて会社から追い出すと、オズコープ社の実権を一人で掌握した。

その後ストロムの持ち物を処分していた際にあるノートを見つけた。

そこには肉体を強化する薬品の調合方法が記されており、オズボーンはこれを再現しようと研究室に閉じこもった。

調合には成功したが、緑色の薬品は突如目の前で爆発した。

吹き飛ばされたオズボーンだったが、この事故によって彼は超人的な持久力、筋力、反射神経を手に入れた。

しかしその副作用として正気を失っていったオズボーンは、犯罪への欲求を高めるようになっていった。

犯罪者の世界で名を上げようと考えたオズボーンは、世界的な犯罪ネットワークの構築を目論み、そのために邪魔なスパイダーマンらヒーローを打ち負かすことにした。

幼いころ悪夢に現れた恐ろしいゴブリンの姿と、自分に力を与えた緑色の薬品からヒントを得てコスチュームを制作し、彼は「グリーン・ゴブリン」と名乗るようになった。

Amazonタイムセール開催中

グリーン・ゴブリンの能力

グリーン・ゴブリンの能力

超人的なパワー

グリーン・ゴブリンはゴブリン・フォーミュラと呼ばれる緑色の薬品を浴びたことで、超人的なパワー、持久力、反射神経を手に入れた。

これによって彼は、約9トンもの重量を持ち上げることが可能になっている。

さらにゴブリン・フォーミュラは彼に治癒能力も与えた。

特殊な武器

科学の才能も持ち合わせるグリーン・ゴブリンは、スパイダーマンを倒すために様々な武器を開発している。

ゴブリン・グライダー

トレードマークにもなったゴブリン・グライダーは時速最大約180kmのスピードで空を駆けることができ、約180kgもの重量を運ぶことができる。

さらには遠隔操作や高圧電流、そして煙幕などの機能も搭載されており、鋭く尖った先端部分を相手に突き刺すことで致命傷を与えることができる。

パンプキン爆弾

グリーンゴブリンが肩にかけたバッグには主にパンプキン爆弾とゴースト手榴弾が詰め込まれている。

彼は手の平大のパンプキンの形をした爆弾を好んで使用する。

爆発物の他にも幻覚や意識不明を引き起こす有毒ガスを中に閉じ込めることができ、とても軽量でコンパクトなためいつも大量に持ち歩いている。

ゴースト手榴弾

ゴーストのような白い見た目の手榴弾は、爆発することで周囲の酸素を遮断し、気密空間を作り出すことで敵を窒息させることができる。

実際にあのヒューマントーチですらこの手榴弾によって窒息させられたことがある。

また改良版ではポリマーネットを使用し、相手を包み込んで行動不能にさせることができる。

レーザーバット

コウモリ型のブーメランで、スパイダーマンのやっかいなウェブ切り裂くことができる。

また黒い煙幕を出すことも可能になっており、目くらましとしても使える。

エレクトロ・ブラスト・グローブ

グリーン・ゴブリンのグローブにはベルトのボタンで操作できる超小型回路が組み込まれており、人差し指から強烈な電流を放つことができる。

その他

他にもグリーン・ゴブリンが開発して使用した武器として、三日月形の投げ矢、音波ガエル、グルー爆弾やDNA爆弾なども存在する。

Amazonタイムセール開催中

グリーン・ゴブリンの活躍

グリーン・ゴブリンの活躍

スパイダーマンとの激闘

グリーン・ゴブリンはスパイダーマンを捕らえるとアジトに連れ帰り、マスクを脱がしてその正体を知った。

だが同時にスパイダーマンもグリーン・ゴブリンの正体がノーマン・オズボーンであることを見抜いた。

その後なんとか脱出することに成功したスパイダーマンは、激しい戦闘の末にグリーン・ゴブリンを薬品タンクに突き落として勝利した。

意識を失ったグリーン・ゴブリンを引き上げると、彼は記憶喪失になっており、自分がグリーン・ゴブリンだった記憶を完全に失っていた。

そのため脅威は過ぎ去ったと判断し、スパイダーマンは彼を見逃した。

だがその後、グリーン・ゴブリンの人格が再びノーマン・オズボーンの中で大きくなっていくと、彼はまたしても凶悪なヴィランに姿を変えた。

彼はグウェン・ステイシーを誘拐するとブルックリン橋の上へと連れて行き、スパイダーマンをおびき寄せた。

しかし戦いが不利に転じると、グリーン・ゴブリンはグウェン・ステーシーを橋の上から投げ落として殺害。

怒りに燃えたスパイダーマンによってさらに追い詰められるも、彼は虎視眈々とゴブリン・グライダーで背後を狙っていた。

だが、冷静さを取り戻したスパイダーマンは背後に迫るグライダーを間一髪のところでかわすと、グライダーはグリーン・ゴブリンの胸に深く突き刺さった。

こうして凶悪なヴィラン、グリーン・ゴブリンは死亡した。

グリーン・ゴブリンの復活

だが、彼はゴブリン・フォーミュラによってもたらされた治癒能力のおかげで生き延びていた。

ヨーロッパに亡命したグリーン・ゴブリンは、息子にグリーン・ゴブリンを引き継がせると彼を操って裏からスパイダーマンへの攻撃を繰り返した。

その後アメリカへと戻ったグリーン・ゴブリンは、シニエスター・トゥエルブを結成してスパイダーマンとその仲間であるブラックキャットを追い詰めたが、駆けつけたアベンジャーズによって敗北した。

HAMMER創設

その後投獄されたノーマン・オズボーンは、政府が管理するスーパーヴィランズのチーム、サンダーボルツのリーダーに抜擢される。

悪事を働かぬようにナノバイトで監視されながら、彼は有能なリーダーとして着実に実績を積み上げていった。

そして異星人スクラルとのシークレット・インベーションと呼ばれる戦いでは、ノーマン・オズボーンが敵のボスである女王を射殺し戦いを勝利に導いたことで、彼は英雄となった。

信用を勝ち取ったノーマン・オズボーンは、アメリカ大統領からトニー・スターク(アイアンマン)に代わって国家安全保障局長官に任命される。

すると彼はすぐにSHIELDを解散させ、それに代わる新たな組織HAMMERを創設し、組織の長官に就任した。

だが、この組織は邪悪なオズボーンの個人的な願望を実現させ、権力基盤を強化するために利用された。

アベンジャーズ掌握計画

オズボーンがトニー・スタークをお尋ね者として手配したため、トニーは逃亡を余儀なくされた。

その際に世界中のヒーローの正体が明るみに出るのを防ぐため、トニーは自らの記憶を一部消し去っている。

オズボーンはトニー・スタークの基地からアイアンスーツを奪うと自ら着用し、「アイアンパトリオット」と名乗って新たなアベンジャーズチームを結成した。

しかしそのメンバーの中には正体を偽ったサンダーボルツのメンバーが含まれていた。

こうして大きな権力を手に入れたオズボーンだったが、彼はまたもや正気を失いグリーン・ゴブリンに内面を支配されようとしていた。

地上にアスガルドが現れた際、彼は狂気を抑え切れなくなり(ロキによる精神操作のせいもあるが)、アスガルドに対する攻撃を開始した。

だがこの攻撃は大統領の命令に反するものであり、さらにはこの時オズボーンがグリーンゴブリンのフェイスペイントをしていたため再び危険人物であるとみなされ失脚し、投獄された。

その後は刑務所を脱獄してA.I.M.やヒドラと手を組んでまたも世界の支配を目論んだが、アベンジャーズに倒されて昏睡状態となっている。

\Amazonタイムセール開催中/

MARVELレジェンドシリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー ブラックパンサー 6インチ(15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー2個付き
created by Rinker

まとめ グリーン・ゴブリンの強さ

まとめ グリーン・ゴブリンの強さ

パワー:B⁺

耐久力:B⁺

スピード:B

知能:B⁺

エネルギー:B

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、グリーン・ゴブリンの強さは・・・

B⁺ じゃ!!

スパイダーマンを翻弄し、アベンジャーズすらも手中に収めた彼はまさしく最凶最悪のヴィランなのじゃ。

イカ
イカ

グリーン・ゴブリンは映画「スパイダーマン」に登場するね!

Amazonタイムセール開催中

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました