【インヒューマンズ】カルナクの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【インヒューマンズ】カルナクの強さ・能力について解説!【マーベル原作】インヒューマンズ

他者の弱点を見極めるヒーロー、カルナク!

彼に武器など必要ない、拳で十分なのだ。

カルナクの誕生・能力・活躍

カルナクの誕生・能力・活躍

カルナクの基本情報

本名:カルナク

出身:アティラン

身長:170cm

体重:68kg

ライバル:マクシマス・ザ・マッド、スクラル、ウルトロン

初登場:1965年「Fantastic Four」♯45

イカ
イカ

ドラマだと顔面に入れ墨だったよね。

ハカセ
ハカセ

原作じゃと謎の緑色のマスクをかぶっておるのじゃ。

カルナクが登場する映像作品

・ドラマ「インヒューマンズ」2017年
※「Disney+」でのみ見放題。

カルナクの誕生

カルナクの誕生

カルナクははインヒューマンの父マンダーと母アズールの間に産まれた子どもであり、王位継承権を持つ一人である。

そのためブラックボルトとはいとこの関係にあたり、トライトンは彼の兄である。

ある日、兄トライトンが能力を覚醒させるためテリジェン・ミストを浴びたところ、全身が緑色の鱗で覆われた異質な水棲生物の姿になってしまった。

そのため両親は、弟のカルナクに同じような運命を辿らせぬよう、テリジェン・ミストを浴びせないまま育てた。

特別な能力を持たぬまま成長するカルナクだったが、彼は自らの肉体を鍛え上げ、その過程で能力を開花させることに成功した。

その能力は生物や物体の弱点を見抜くことができるというもので、彼はその能力を使って効率よく敵や物を拳一つで破壊することができる。

\Amazon初夏セール開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

カルナクの能力

カルナクの能力

弱点を見抜く能力

カルナクはテリジェン・ミストに頼らず能力を開花させた珍しいインヒューマンである。

その能力は生物や物体の弱点を見極めるというものである。

武器を持たないカルナクは、この能力と鍛え上げた拳のみで対象を効率よく破壊する。

インヒューマン共通能力

インヒューマンズは、クリー人によって人間とセレスティアルズの遺伝子が掛け合わされて誕生した種族である。

そのためインヒューマンズは人間よりも肉体的・精神的に優れた、超人的ともいえるパワーを持つ。

\AmazonGWセール開催中/

カルナクの活躍

カルナクの活躍

ファンタスティック・フォーとの出会い

いとこのインヒューマンで女王でもあるメデューサがアティランを離れた時、カルナクも捜索隊の一人として参加した。

ニューヨークで危機的状況に陥っていたメデューサはファンタスティック・フォー(FF)に助けられており、FFはメデューサを連れて故郷であるアティランを訪れた。

すると彼らを敵だと勘違いしたカルナクが襲い掛かり、石でできた建造物を拳で破壊すると巨大な塊を持ち上げ、シングに向けて投げつけた。

硬い皮膚で覆われたシングは無事だったが、FFとインヒューマンズとの間で激しい戦闘が巻き起こった。

その後誤解が解けると両者は協力関係を結び、その後の関係が続いていくきっかけとなった。

マキシマスの反乱

ブラックボルトの弟であるマクシマスがアティランの支配を実行するため、王族たちを外界に追い出した上でアティランを強力なバリアで包み込む事件が発生した。

侵入を阻むバリアを破壊するため、王族たちは弱点を見極め破壊する能力を持つカルナクに期待した。

カルナクは狙いを定め、バリアに向けて渾身の一撃を放ったが、破壊は叶わず拳を痛めただけで終わった。

その後ブラックボルトが声を発してバリアを破壊し、マキシマスの反乱は阻止された。

宇宙戦争

インヒューマンズの拠点が地球から月のブルーエリアに移されると、彼らは宇宙に潜む強敵たちとの戦いを余儀なくされた。

変身能力を持つスクラルは、ブラックボルトの発する強力な声の力に着目し、彼を誘拐すると兵器として利用しようとした。

この事態にインヒューマンズはクリーと協力関係を結び、ブラックボルト奪還のために激しい戦いを繰り広げた。

カルナクは弱点を見極める能力を応用し、スクラルのデータ内からブラックボルトの居場所を突き止める活躍を見せた。

この戦いは宇宙を巻き込む大きな戦争にまで発展したが、インヒューマンズとクリー側の勝利に終わった。

しかしクリーはこの戦いで大きなダメージを負ってしまい、指導者を失ったことで分裂しかけていた。

それを見たインヒューマンズはクリーの指導者になることを宣言し、クリー帝国の支配権を握ったことで巨大な戦力を得た。

宇宙戦争2

クリー帝国の支配者となったインヒューマンズだったが、次は元々クリーと敵対関係にあったシーア―帝国との戦争に突入した。

スクラルとの戦いで傷ついたクリーならば容易に撃破できると踏んでいたシーアー帝国だったが、新たな支配者ブラックボルトの放つ声のパワーは凄まじく、敵を追い返すことに成功したのだった。

しかしこの戦いで傷つき力を使い果たしたブラックボルトが死亡すると(その後復活するが)、王位を妻のメデューサが継承した。

カルナクは今や宇宙の大帝国を治める存在となったメデューサの傍らに立ち、参謀役として彼女をサポートした。

\AmazonGWセール開催中/

カルナクの強さ

カルナクの強さ

パワー:B

耐久性:B

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:A

ハカセ
ハカセ

というわけで、カルナクの強さは・・・

B じゃ!

高い戦闘スキルは侮れないのじゃ!

イカ
イカ

兄弟仲良くしてほしいね。

\Amazon初夏セール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました