【キャプテン・アメリカ】バロン・ジモの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

バロン・ジモ強さ・能力ヴィラン

紫色の頭巾を被った冷酷な軍人、バロン・ジモ!

キャプテン・アメリカを北極海に沈めた張本人!

バロン・ジモの誕生・能力・活躍

バロン・ジモ基本情報

本名:ハインリッヒ・ジモ

出身:ドイツ

身長:175cm

体重:81kg

初登場:1964年「AVENGERS」♯6

イカ
イカ

気味の悪い紫頭巾をかぶって見るからに悪そうな奴。

ハカセ
ハカセ

高い知識と戦略で、キャプテン・アメリカとバッキー・バーンズを追い詰めたほどの実力者なのじゃ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

バロン・ジモの誕生

バロン・ジモの誕生

1840年にハルビン・ジモは故郷の町、ツェルニッツをスラブ人の襲撃から守った功績を称えられ、男爵領が与えられた。

気性の荒い戦士として知られるハルビンの死後、領地を受け継いだ息子のハデマールは男爵としての権限を乱用した。

それを見かねたハデマールの息子は父親を男爵の地位からひずり下ろすと、第3代男爵となった。

騒然とした歴史を持つジモの家系は軍人と科学者の一門として続いていき、第12第男爵となったハインリッヒ・ジモは、冷酷な科学者としてドイツのために世界大戦を戦った。

第二次世界大戦でナチスの科学者として働いていたジモは、殺人光線の開発と医療科学研究の責任者に抜擢された。

冷酷なジモは人間に対する実験をいとわず、ドイツの町に向けて殺人光線を放ち、多くの人々を犠牲にしながらその威力を披露した。

さらにはその責任をアメリカのニック・フューリー軍曹とハウリングコマンドーになすりつけようとして罠をしかけるなど、狡猾で邪悪な行動を平然とやってのけるヴィランである。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

バロン・ジモの能力

バロン・ジモの能力

科学兵器

優秀な科学者でもあるバロン・ジモは、危険な兵器を数多く開発している。

彼が手掛けた兵器には分解光線銃や催眠光線、分離不能の接着剤Xなどがある。

戦略家・格闘家

優れた頭脳を持つバロン・ジモは、戦略家としても優秀である。

敵を罠に仕掛けたり、自ら開発した兵器で相手を苦しめる戦法を得意としている。

また武術の訓練も受けているため格闘家としての腕も立つようだ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

バロン・ジモの活躍

バロン・ジモの活躍

脱げない頭巾

町に殺人光線を放つなどの残虐な実験を繰り返したせいで、バロン・ジモは自国民から非難を浴びるようになった。

そのため正体を隠す必要が生じ、紫色の頭巾を被って行動するようになった。

宿敵キャプテン・アメリカがバロン・ジモの研究所に乗り込んだ時、投てきされたシールドが接着剤Xの容器を破壊して中身がジモの顔面に降り注いだ。

そのせいで紫色の頭巾が顔からはがせなくなり、ジモはその姿のままの生活を余儀なくされたことで、キャプテン・アメリカに対して大きな憎しみを抱いている。

VSキャプテン・アメリカ

1945年、ジモは爆弾を積んだ試作品のドローンを強奪しようと計画していた。

その計画を阻止しようとかけつけたキャプテン・アメリカとその相棒バッキー・バーンズ(後のウィンター・ソルジャー)だったが、ジモの罠にかかりドローンに縛り付けられた。

空中に飛び立ったドローンからまずバッキーが落下して死亡(実は生きていたが)し、残されたキャプテン・アメリカも、ドローンが爆発して北極海の海に落下した。

復讐を果たしたバロン・ジモは戦後、南アメリカのジャングルに身を隠していたが、キャプテン・アメリが実は生きており復活を果たしたというニュースを受けて激昂した。

戦いの歴史

バロン・ジモはアベンジャーズに対抗するためブラックナイト、メルター、ラヂオアクティブマンらを集めてマスター・オブ・イービルというヴィランチームを結成。

接着剤Xを用いて罠を仕掛け、キャプテン・アメリカとジャイアントマン(アントマン)を捕らえるのに成功したものの、アベンジャーズの仲間が溶解剤を見つけたため敗北した。

その後はソーと敵対するアスガルドのヴィラン、エンチャントレスとエクスキューショナーと同盟を結び、アベンジャーズと激突した。

キャプテン・アメリカと一対一の勝負に持ち込むと、バロン・ジモは危険な分解光線銃を向けた。

しかしキャプテン・アメリカシールドを使って太陽光をジモの目に向けて反射させると、視界を失ったジモは取り乱して分解光線銃を無差別に発砲した。

それによって岩崩が生じ、バロン・ジモは押しつぶされて死亡した。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

バロン・ジモの強さ

バロン・ジモの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:A

エネルギー:C⁺

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、バロン・ジモの強さは・・・

B じゃ!!

自分の開発した接着剤で痛い目を見るとは滑稽な奴じゃのう!

イカ
イカ

バロン・ジモの祖先が映画「シビルウォー:キャプテン・アメリカ」で登場し、ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でも登場予定!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました