【ドクター・ストレンジ】アガモットの目の強さ・性能・所有者・誕生について解説!【マーベル原作】

ドクター・ストレンジ

ソーサラー・スプリームが代々継承する神秘のアイテム。

隠された様々な能力について解説!

アガモットの目の誕生・性能・所有者

イカ
イカ

これってたしかドクター・ストレンジが所持していたんだよね。

何でも見通す力を持ってるといわれる胡散臭いアイテムだ。

ハカセ
ハカセ

胡散臭くないわい。

今回はアガモットの目について詳しく解説していくぞい!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

アガモットの目の誕生

アガモットの目は、エターナルズのヴィシャンティから授けられた古代の遺物とされている。

ソーサラー・スプリームに伝わる教えによると、ヴィシャンティのひとりであり、「全てを見通す者」と呼ばれるアガモットが創ったとされている。

アガモットは、最強のヴィランの一人ドルマムゥの地球侵略から最初に地球を守った強力な存在であると信じられている。

その後は「アガモットの目」と呼ばれることになるアイテムを作り出して、これを神秘の領域の守護者として一番ふさわしい人物に与えた。

その人物こそがソーサラー・スプリームなのである。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

アガモットの目の性能

アガモットの目が持っている力は「全てを見通す力」だけではない。

麻痺の凝視

神秘の力を持つアガモットの目は、見つめた相手の全身を麻痺させ、行動不能にさせることができる。

ただし、魔術的な訓練を積んでいる相手には効果が薄い。

魅了の眼差し

目を合わせた相手の意思と肉体の自由を奪い、操ることができる。

心を見通し、自分のビジョンを伝える

アガモットの目は、その所有者にあらゆる生物の心を覗く力を与える。

また自分の思い描いた映像を他者の脳内に映し出すことができる。

次元の門

アガモットの目は宇宙を通り抜ける門としても使用でき、ほかの次元を行き来するための道具としても使える。

その際、目が巨大化して門になる。

全てを見通す力

この世のほぼ全ての物の正体を見通し、物体と霊体の両方を追うことができる。

また、目から発する光で不死者や悪魔、悪霊などの不浄な存在を消滅させることができる。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

アガモットの目の所有者

所有者たち

アガモットの目は代々至高の魔術師であるソーサラー・スプリームに受け継がれてきた。

エンシェント・ワンからドクター・ストレンジへ受け継がれたアガモットの目だったが、しばらくして別の者の手に渡った。

ドクター・ストレンジハルクとの戦闘で苦戦を強いられ、悪魔ゾムの力を呼び覚まして戦った。

悪魔という汚れた存在に頼った結果、ストレンジの魂は汚れてしまい、アガモットの目の正式な所有者として認められなくなってしまった。

すると、アガモット目はストレンジの元から自ら離れていった。

次の所有者として選ばれたのは、魔術師ブラザー・ブゥードゥだった。

ところが突然アガモット本人が彼の前に現れると、アガモットの目を取り戻そうと攻撃を仕掛け、終いには地球全体を自らの領域に取り込もうとした。

ブラザー・ブゥードゥは自らの命を犠牲にして地球を守り抜き、アガモットから地球を救った。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ アガモットの目

イカ
イカ

とんだ便利グッズかと思いきや、まさかのご本人登場でいわくつきになっちゃったじゃん。

ハカセ
ハカセ

大きな力というのは便利な反面、大きなリスクも抱えているということなのじゃろう。

というわけで、アガモットの目の強さは・・・

A  じゃ!

マーベル屈指の万能アイテムのひとつであることは間違いないのう。

イカ
イカ

映画ではタイム・ストーンとして登場したよね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました