【X-メン】セイバートゥースの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【X-メン】セイバートゥースの強さ・能力について解説!【マーベル原作】X‐メン

凶暴なモンスター、セイバートゥース!

血に飢えた野獣の目的とは?

セイバートゥースの誕生・能力・活躍

セイバートゥースの誕生・能力・活躍

セイバートゥース基本情報

本名:ビクター・クリード

出身:不明

身長:198cm

体重:124kg

初登場:「IRON FIST」

ハカセ
ハカセ

セイバートゥースは鋭いかぎ爪と超人的な治癒能力を持つヴィランなのじゃ!

そしてなんといってもウルヴァリンのライバルでもある。

イカ
イカ

ちょっと待って、爪に回復能力?

そしてウルヴァリンと因縁があるってことは・・・

セイバートゥースが登場する映像作品

・映画「X-MEN」2000年

・映画「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」2009年
※全作品が【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

セイバートゥースの誕生

セイバートゥースの誕生

一般的な家庭で生まれ育ったクリードはある日、兄のルーサーが自分のパイを取り上げていじわるをしたことに激怒した。

通常ならば兄弟喧嘩で片付くはずだったが、クリードの内側で爆発した怒りは突然変異を誘発させ、ミュータント能力を覚醒させた。

牙と爪が伸びてまるで獣のような姿になったクリードは、兄に容赦なく襲い掛かった。

息子の豹変を目の当たりにした父親は、暴れるクリードを抑え込むと鎖をつないで地下に閉じ込めた。

元に戻ることを信じて伸びた牙を無理やり引き抜くなどのおぞましい行為を息子に行ったが、そのたびに新しい牙が生え変わるのを目の当たりにして正気を失っていく。

父親はこのことを誰にも話さず、何年もクリードを地下に閉じ込め続けた。

しかし成長したクリードは、鎖から逃れるために拘束されている自らの腕を食いちぎった。

食いちぎった腕は治癒能力によってすぐに再生し、自分を長い間閉じ込め続けた父親を殺害。

復讐を果たしたクリードはそのまま姿を消し、後にセイバートゥースと呼ばれるヴィランとなって表舞台に登場した。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

セイバートゥースの能力

セイバートゥースの能力

セイバートゥースの能力はウルヴァリンに似た部分が多い。

またアイアンフィストはセイバートゥースを「究極の殺戮マシーン」と表現した。

ケラチン構成物質でできた爪と牙

セイバートゥースの爪と鋭い犬歯はケラチン構成物質でできているため、戦闘にも耐えうる十分な強度を持っている。

その攻撃は敵の皮膚をズタズタに切り裂き、骨をも砕く。

細胞復元能力

セイバートゥースの治癒能力は凄まじく、たとえ脳を貫かれ、背骨を砕かれたとしても元通りに再生することができる。

また疲労物質の処理さえも高速で行われるため、無尽蔵のスタミナで動き続けることができる。

超人的な聴覚・嗅覚・視覚

獣の特性を発現したセイバートゥースは聴覚・嗅覚・視覚が増幅されており、敵を追跡し探し出すことに長けている。

また暗視能力と赤外線を感知する能力の他に、敵の臭いを記憶することもできるため、彼の前では逃げも隠れもできない。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

セイバートゥースの活躍

セイバートゥースの活躍

ウルヴァリンとの出会い

姿を消していたクリードはカナダの小さな街に現れ、そこの住民を脅迫しながら生活していた。

ある日その街で出会ったローガン(ウルヴァリン)とシルバーフォックスという女性が愛し合っている姿を目撃したクリードは、激しくローガンを妬んだ。

すると恐るべきことに、クリードはローガンの誕生日に合わせてシルバーフォックスに襲い掛かり、その命を奪った。

怒り狂ったローガンに打ちのめされて敗北してクリードは逃亡したが、二人の因縁はこの時から始まった。

ウェポン・プラス計画

セイバートゥースはその後ドイツに渡ってエージェントとして活動していた。

そこで出会った同じミュータントエージェントのミスティークと肉体関係を持ち、息子が誕生している。

ある時ウルヴァリンは、自らも被験者となった「ウェポンX」の施設内で液体タンクに入れられたセイバートゥースを発見する。

セイバートゥースもウルヴァリンと同じように「ウェポン・プラス計画」によって強化され、更には数十体ものクローンを作っていたのだ。

ウルヴァリンはクローンを切り割いて施設を破壊すると本物のセイバートゥースと対峙し、激しい戦闘の末にセイバートゥースを打ち倒した。

しかしとどめを刺される直前にセイバートゥースは仕掛けていた爆弾を爆発させると、その混乱に乗じて逃亡に成功。

その後もセイバートゥースはことあるごとにウルヴァリンの前に現れ、挑発的な行為を繰り返している。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ セイバートゥースの強さ

まとめ セイバートゥースの強さ

パワー:B

耐久性:B⁺

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:A⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、セイバートゥースの強さは・・・

B  じゃ!

クローンを作ってでも強くなり生き延びようとする執念には狂気すら感じるのう。

イカ
イカ

セイバートゥースが映画で登場したのは「ウルヴァリン:X-メン ZERO」!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました