【パイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース】スパイダーパンクの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【パイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース】スパイダーパンクの強さ・能力について解説!【マーベル原作】 スパイダーマン

全てがパンクなスパイダーマン、スパイダーパンク!

彼はギターをかき鳴らしながら、虐げられてきた群衆を導いた。

スパイダーパンクの誕生・能力・活躍エピソード

スパイダーパンクの基本情報

本名:ホバート・❝ホビー❞・ブラウン

出身:アース‐138

身長:180cm

体重:68kg

所属:スパイダーアーミー、ウェブ・ウォリアーズ

ライバル:ノーマン・オズ・ボーン、インヘリターズ など

初登場:2014年「Amazing Spider-Man」#10

イカ
イカ

ホビー・ブラウンって、アース-616だとプラウラーっていうヴィランになる人物だよね。

ハカセ
ハカセ

アース-138の世界では、彼こそがスパイダーマンなのじゃ。

スパイダーパンクが登場する映像作品

・アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」2023年6月
※前作「スパイダーマン:スパイダーバース」は【Disney+ (ディズニープラス)】にて見放題配信中。

【公式PRサイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

スパイダーパンクの誕生

スパイダーパンクの誕生

アース-616のホビー・ブラウンはヴィランのプラウラーとして知られているが、アース-138の世界においては、彼こそがスパイダーマンなのである。

ある時、貧しくガラの悪いティーンエイジャーのホビー・ブラウンは、不法投棄されたガラクタの山の中で、放射線を浴びたクモに噛まれた。

このガラクタの山には有毒な廃棄物が大量に含まれており、ノーマン・オズボーン大統領指示のもと、最下層の人々が暮らす地区に一方的に投棄されたものだった。

特殊なクモに噛まれたホビーは、すぐに自分が超人的なパワーを手に入れたことを知り、その能力から「スパイダーマン」と名乗るようになった。

ただし、ホビー・ブラウンの場合はパンク・ロックにインスピレーションを得たことから、派手でパンクなコスチュームを身に着け、「スパイダーパンク」と呼ばれるようになる(本人はその呼び名をあまり気に入ってはいないようだが)。

スパイダーパンクは自分のような、貧しさのせいで虐げられてきた人々を助けたいという思いから、人助けをするヒーローとなった。

その想いに賛同したニューヨークの人々や、キャプテン・アナーキー(カール・モーニングデュー)、ハルク(ロビー・バナー)と共に、スパイダーパンクは自由を勝ち取るため諸悪の根源であるノーマン・オズボーン大統領との戦いを決意したのだった。

\Amazonタイムセール開催中!/

マーベルズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド]
created by Rinker

スパイダーパンクの能力

スパイダーパンクの能力

クモの能力

放射線を浴びたクモに噛まれたことによって、ホビー・ブラウンは超人的なパワーを得た。

超人的な腕力、スピード、反射神経、敏捷性、バランス感覚、回復力、壁に張り付いて移動する能力、危機を察知するスパイダーセンスを獲得している。

ウェブは手首に装着したウェブ・シューターから放つ。

音楽家

ホビー・ブラウンはパンク・ロックをこよなく愛する音楽家でもあるため、ギターの演奏ができる。

音楽に乗せて語られる彼の言葉には群衆の心を動かす力があり、カリスマ性が認められる。

また、ギターは時に武器にもなる。

\Amazonタイムセール開催中!/

ワンダヴィジョン Blu-ray コレクターズ・エディション スチールブック
created by Rinker

スパイダーパンクの活躍

スパイダーパンクの活躍

オズボーン大統領との対決

スパイダーパンクはオズボーン大統領の政策に不満を持つ最下層の人々を集め、政権の転覆を図る「スパイダー軍団」を結成した。

スパイダーパンクは軍団のリーダーとして指揮を執りながらも最前線で戦い、群衆の指揮を高めた。

当然ながらオズボーン大統領も暴動の鎮圧に動かざるを得ず、V.E.N.O.M.アーマー(アース-616のヴェノム・シンビオートをアーマーに加工したようなもの)を装備した「サンダーボルト」部隊を送り込んだ。

特別なパワーを持たない群衆はサンダーボルトに手も足も出ず抑え込まれかけたが、スパイダーパンクは大音量でパンクロックを演奏することで、サンダーボルトの部隊からV.E.N.O.M.アーマーを引きはがすことに成功し、形勢を逆転させた(アース-616のヴェノム・シンビオートも大きな音が弱点)。

その後、暴動の混乱に乗じてオズボーン大統領のもとまでたどり着くと、スパイダーパンクはギターで大統領を殴り、オズボーンの殺害に成功。

勝ち名乗りを挙げたスパイダーパンクは皆の前でギターを演奏し、救世主だと称えられる存在となった。

スパイダーバース

様々な次元のスパイダーマンを殺して回り餌とする「インヘリターズ」が現れたとき、スパイダーパンクの次元にスーペリア・スパイダーマンが現れ、危機を知らせると同時にスパイダーアーミーに加わるようスカウトされた。

スパイダーパンクはインヘリターズのカーンと激しい戦いを繰り広げながら逃げ延び、ハルク(ロビー・バナー)やキャプテン・アナーキーの力を借りてようやく倒すことができた。

その後、スパイダーパンクはスパイダーUKやスパイダーガール、スパイダー・インディアと行動を共にして、様々な次元を監視しながらスパイダーマンたちを救出する活動を行った。

しかし、スパイダーガールやスパイダー・インディアからの印象として、奇抜な言動や行動の多いスパイダーパンクはあまり好ましく思われていなかったようである。

スパイダーパンクはマイルス・モラレスをスカウトしてスパイダーアーミーに加えた後、インヘリターズがクローン技術を使って復活するのを阻止しようと戦った。

そしていよいよ訪れた、インヘリターズの本拠地へ乗り込んでの大規模な最終決戦では、スパイダーアーミーは多くの犠牲を出しながらも勝利を収め、それぞれのスパイダーマンは元の世界に戻ることができた。

\Amazonタイムセール開催中!/

ファルコン&ウィンター・ソルジャー Blu-ray コレクターズ・エディション スチールブック
created by Rinker

スパイダーパンクの強さ

スパイダーパンクの強さ

パワー:B⁺

耐久力:B

スピード:B

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、スパイダーパンクの強さは・・・

B なのじゃ!!

直情型のスパイダーマンなので、他のスパイダーマンたちから煙たがられているのが面白いのじゃ。

イカ
イカ

ギャグ担当のスパイダーマンなんだろうね。

Amazonタイムセール開催中

Threezero 1/12 マーベル DLX アイアンマン ハルクバスター MK44 LED発光 合金 可動アクション フィギュア
created by Rinker

【PR】マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!お得な【Hulu】セットプランも登場!

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

さらにHulu】とのお得なセットプランも登場して、視聴できる作品が更に増えました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:スタンダードプラン【990円(税込)/月額プラン】【9,900円(税込)/年額プラン】【1,490円(税込)/Hulu Disney+ セットプラン(月額)】

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)Hulu Disney+ セットプラン

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

【公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年)
・「シークレット・インベージョン」(2023年)

ー今後配信予定ー

・「ロキ」シーズン2
 (2023年秋配信予定)
・「エコー」
 (2023年配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

【公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

公式サイト】

\お得なHuluセットプランも登場/

\超お得なドコモユーザー限定プランも!/

映画観でMARVEL作品を安く鑑賞したい方はこちらがオススメ!

レンタルDVDでMARVEL作品を観たい方はこちらがオススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました