【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】ヨンドゥの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】ヨンドゥの強さ・能力について解説!【マーベル原作】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

戦士にして神官、ヨンドゥ!

彼はケンタウリ星人最後の生き残りだった。

ヨンドゥの誕生・能力・活躍

ヨンドゥの誕生・能力・活躍

ヨンドゥ基本情報

本名:ヨンドゥ・ウドンタ

出身:アース-691天の河銀河-ベータ・ケンタウリ星系-惑星ケンタウリⅣ-プリサ森林

身長:188cm(王冠を含めると216cm)

体重:95kg

ライバル:バデューン、コーバック など

初登場:1969年「MARVEL SUPER-HEROES! GUARDIANS OF THE GALAXY」♯18

イカ
イカ

映画ガーディアン・オブ・ギャラクシーだと主人公スターロードの育ての親として登場したよね。

ハカセ
ハカセ

原作だとガーディアン・オブ・ギャラクシーを立ち上げた人物として描かれておるのじゃ!

ヨンドゥが登場する映像作品

・映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」2014年

・映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」2017年
※【Disney+ (ディズニープラス)】で見放題配信中。

ヨンドゥの誕生

ヨンドゥの誕生

アース‐691の惑星ケンタウリⅣで産まれたヨンドゥは、その惑星の原住民たちの中でも移民としてやってきた地球人とは距離を置く部族、ザトアンの一員として育った。

ある時ヨンドゥはケンタウリⅣの荒野を探検していた宇宙飛行士のヴァンス・アストロと出会い、二人は互いを理解し合うと友人となった。

しかし爬虫類系ヒューマノイド種族のブラザーフッド・オブ・バデューンが人類連邦を征服すると、数々の惑星で原住民の虐殺を行い侵略を広げていった。

当然惑星ケンタウリⅣもその標的となり、侵略の魔の手が伸びる前にヴァンスとヨンドゥはなんとかケンタウリⅣから脱出することができたのだった。

激怒したヨンドゥは、同じように惑星を侵略された生き残りを集め、バデューンに復讐を誓う。

そして木星の生き残りチャーリー27と、冥王星の生き残りマーティネックス・トゥ=ナガと合流すると、彼ら4人はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを結成。

しかし戦いは劣勢状態が続いたものの、現代のアース‐616から駆けつけたキャプテン・アメリカファンタスティック・フォーシング、ディフェンダーズらの加勢を得て、ガーディアンズはついにバデューンを打ち倒したのだった。

Amazonタイムセール開催中

ヨンドゥの能力

ヨンドゥの能力

超人的な感覚

自然との神秘的な精神的交感を持つヨンドゥの部族は、皆超人的な感覚を備えており他者と共感リンク形成することで精神にイメージを投影することができる。

ヤカ製の矢と口笛

音に反応する特殊金属、ヤカ製の矢を持つヨンドゥは、弓矢を放った後に口笛を吹き鳴らし、音を変調させることで軌道を操ることができる。

Amazonタイムセール開催中

ヨンドゥの活躍

ヨンドゥの活躍

アベンジャーズとの共闘

バデューンを倒したガーディアンズは、チームを解散せずに行動を共にし、宇宙の探検に出ることを選んだ。

その旅の中でサイボーグの犯罪者、コーバックを危険視したガーディアンズは彼の討伐に乗り出したが、身の危険を察知したコーバックはアース‐616に逃亡した。

ガーディアンズもその後を追ってアース‐616を訪れると、バデューンを倒したときに助力してくれたキャプテン・アメリカと再会した。

ガーディアンズはキャプテン・アメリカがリーダーを務めるアベンジャーズに協力を仰ぎ、力を合わせて見事コーバックを倒すことに成功。

元の世界に帰る前に、キャプテン・アメリカはヨンドゥたちをアベンジャーズの名誉メンバーとして認めて送り出した。

\Amazonタイムセール開催中/

MARVELレジェンドシリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー ブラックパンサー 6インチ(15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー2個付き
created by Rinker

ヨンドゥの強さ

ヨンドゥの強さ

パワー:B⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:B

エネルギー:C

戦闘スキル:A⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、ヨンドゥの強さは・・・

 じゃ!!

弓矢を使った戦闘スキルはまさに一級品なのじゃ。

イカ
イカ

どうでもいいけどヨンドゥの頭についてるのって、たてがみじゃなくて王冠なんだね。

Amazonタイムセール開催中

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました