【MCU】アボミネーションが登場するマーベル映画・ドラマ作品一覧まとめ!【ハルク】

【MCU】アボミネーションが登場するマーベル映画・ドラマ作品一覧まとめ!【ハルク】まとめ

ハルクの宿敵、アボミネーション!

MCUに再登場を果たした理由は?

【MCU】アボミネーションが登場するマーベル映画・ドラマ作品一覧まとめ!【ハルク】

アボミネーション(映画)の基本情報

アボミネーション(映画)の基本情報

本名:エミル・ブロンスキー

地位:ロス招集の特殊精鋭部隊→アボミネーション

立場:ヴィラン→?

現在:ウォンと行動を共にしている

初登場:2008年「インクレディブル・ハルク」

イカ
イカ

映画「インクレディブル・ハルク」で登場して、その後行方知れずだったけど、最近再登場を果たしたんだよね。

ハカセ
ハカセ

今後のMCU作品にも関わってくること間違いなしなのじゃ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

アボミネーションが登場する映像作品一覧

アボミネーションが登場する映像作品一覧

アボミネーションが登場する映像作品は、今のところ3作品!

作品は【Disney+ (ディズニープラス)】にて見放題、【Amazon・楽天】ではレンタル・ソフトの購入で視聴することができます。

⒈映画「インクレディブル・ハルク」2008年

メインヴィランとして登場。

数々の戦績を挙げた最強の兵士エミル・ブロンスキーが、超人血清とブルース・バナーの血液サンプルを投与されたことで誕生。

ハルクとは違い変身後も理性を残しているのが特徴。

ハルクとの戦闘に敗れた後はロス将軍がその身柄を引き取った。

⒉映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」2021年

およそ13年振りとなるMCU再登場。

本作の主人公シャン・チーの妹シャーリンが経営する闘技場のメインステージにて、なぜかウォンと戦っていた。

戦闘後、二人はなにやら親し気に話しており、同じ場所へと帰っていった。

⒊ドラマ「シー・ハルク」2022年

2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定のドラマ「シー・ハルク」にアボミネーション(エミル・ブロンスキー)の登場が決定している。

どのような立場で登場するのかはまだ不明。

その他

本人は登場しないが、アボミネーションについて語られている作品。

マーベル・ワンショット「相談役」2011年

映画「マイティ・ソー」のBlu-rayに特典映像として収録され、その後は【Disney+ (ディズニープラス)】で配信中の短編映画シリーズ第1弾。

アボミネーションを釈放し「アベンジャーズ計画」に参加させるべきだと主張する世界安全保障委員会に対して、それを阻止ようと動くフィル・コールソンとジャスパー・シットウェルの様子が描かれている。

アボミネーションの身柄を引き取ったロス将軍の元へトニー・スタークを派遣したことで、釈放を防ぐことに成功するまでの顛末が語られた。

「エージェント・オブ・シールド」シーズン1

「エージェント・オブ・シールド」シーズン1の第13話にて、アボミネーションがアラスカのバローにあるSHEILDの施設に収容されていると語られる場面が存在する。

アボミネーションが登場する映像作品まとめ

いかがだったでしょうか。

初登場以来、その後の所在ががほとんど語られてこなかったキャラクターですが、近年「シャン・チー」に再登場したことで今後の展開の重要な役割を担っている可能性が出てきました。

次回の登場は「シー・ハルク」とのことなので期待して待ちましょう。

ウォンとの関係性や、何故闘技場で戦っていたのかなど伏線の回収が待ち望まれますね。

↓原作での活躍はこちら↓

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました