【MCU】ファルコン(サム・ウィルソン)が登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】

【MCU】ファルコン(サム・ウィルソン)が登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】まとめ

飛行能力を駆使して上空から敵を仕留めるヒーロー、ファルコン!

そして彼はキャプテン・アメリカの意志を引き継いだ。

【MCU】ファルコン(サム・ウィルソン)が登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】

ファルコン(サム・ウィルソン)の基本情報

ファルコン(サム・ウィルソン)の基本情報

本名:サム・ウィルソン

地位:落下傘部隊員→退役軍人→ファルコン→キャプテン・アメリカ(3代目)

立場:ヒーロー

現在:キャプテン・アメリカの名を正式に受け継いだ

初登場:2014年「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(映画)

イカ
イカ

偉大なキャプテン・アメリカの魂を受け継いだ、ヒーローの中のヒーローだよね。

ハカセ
ハカセ

これからの活躍が楽しみすぎるのう。

\Amazon初夏セール開催中/

ファルコン(サム・ウィルソン)が登場する映画・ドラマ作品一覧

ファルコン(サム・ウィルソン)が登場する映画・ドラマ作品一覧

ファルコン(サム・ウィルソン)が登場する映像作品は、今のところ8作品!

作品は【Disney+】にて見放題、【Amazon・楽天】ではレンタル・ソフトの購入で視聴することができます。

⒈映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」2014年

本作でMCU初登場。

ランニングコースが同じだったことでスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカと知り合い、関係をスタートさせた。

その後、ヒドラに乗っ取られたS.H.I.E.L.D.から追われる身となったスティーブとナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウに協力を申し出て、「EXO-7ファルコン マーク1」を装着し新たなヒーロー「ファルコン」となった。

⒉映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」2015年

物語の序盤で、スティーブと共にアベンジャーズ・タワーにてビリヤードを楽しむ姿があった。

ウルトロン誕生後は出番がなかったが、物語のラストで晴れてアベンジャーズ入りした様子が描かれた。

⒊映画「アントマン」2015年

アベンジャーズ・コンパウンドにて「EXO-7ファルコン マーク2」のテスト飛行を行っていたところ、侵入したスコット・ラング/アントマンと戦闘になる。

互角の戦いを見せたが、サイズを自在に変化させるスコット・ラングに翻弄され、コンパウンドに保管されていた「信号デコイ」の奪取を許してしまった。

その後、ファルコンがスコット・ラングの行方を追っているらしいという情報が提示され、次作につながっていく。

⒋映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」2016年

冒頭のラゴスでの戦いで大きな活躍を見せたが、その後の「ソコヴィア協定」に反対したことで追われる身となった。

ドイツのライプツィヒ・ハレ空港での戦いの前には、映画「アントマン」にて戦闘を繰り広げたことがきっかけで、ファルコンがスコット・ラングをスカウトし戦いに参加させた。

キャプテン・アメリカを逃がすことには成功したがその後捕らえられ、「ラフト刑務所」へと仲間と共に収容された。

物語のラストでキャプテン・アメリカに刑務所から助け出された。

⒌映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」2018年

映画「シビル・ウォー」後はスティーブ、ナターシャと共に人知れずテロと戦う活動を行っていた。

エディンバラにてブラック・オーダーに襲撃されたワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチとヴィジョンの危機に駆けつけ、撃退に成功している。

ヴィジョンが持つ「マインド・ストーン」が狙われていることを知るとワカンダへ赴き、サノスの群勢と激しい戦いを繰り広げた。

しかし物語の終盤、現れたサノスに手も足も出ず、彼が引き起こした「デシメーション」によって消滅した。

⒍映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

前作のデシメーションから5年もの間消滅したままだったが、物語の終盤で復活すると2014年からタイムトラベルしてきたサノスの群勢と戦った。

トニーの葬儀に参列した後、「ムジョルニア」と6つのインフィニティ・ストーンを元の時代に戻すためタイムトラベルしたスティーブを見送ったが、時間になっても彼は戻らなかった。

その後年老いて戻ってきたスティーブから彼のトレードマークである盾を託され、握手を交わした。

⒎ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」2021年

本作では主人公の一人として登場。

黒人である自分がアメリカの象徴「キャプテン・アメリカ」になれるのかと思い悩み、スティーブから託された盾をアメリカに寄贈した。

するとジョン・ウォーカーが2代目キャプテンアメリカと名乗って活動を開始し、最近世間を騒がせているテロ組織「フラッグ・スマッシャーズ」の調査へと乗り出していた。

超人血清への関与が疑われる「フラッグ・スマッシャーズ」を、ファルコンとウィンター・ソルジャーも同じく追いかけることになり、その途中でヘルムート・ジモやシャロン・カーターの協力を得る。

最終話にて「フラッグ・スマッシャーズ」がニューヨークにあるGRC会議場を襲うと、サム・ウィルソンは新たなコスチュームに身を包むと、親友の盾を装備して「キャプテン・アメリカ」だと名乗って戦いの場に駆けつけた。

※【Disney+】のみで配信中。

⒏アニメ「What If…?」2021年

映画とは全く異なる次元を描くアニメシリーズ「What If…?」の第5話に登場。

グランド・セントラル駅にてゾンビ化したファルコンがウィンター・ソルジャーとオコエに襲い掛かったが、激しい戦いの末にオコエに真っ二つにされ動かなくなった。

※【Disney+】のみで配信中。

ファルコン(サム・ウィルソン)が登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ

いかがだったでしょうか。

紆余曲折はありましたが、ファルコンが「キャプテン・アメリカ」の名を受け継いだことで、彼が次世代ヒーローたちのリーダーとなる可能性が高まりました。

世代交代が進むヒーローたちの導き手となれるのか、今後の活躍に注目が集まりますね。

ウィング・パックとヴィブラニウムの盾を同時に使いこなし、敵を華麗に倒す姿を早く見たいですね。

↓原作での活躍はこちら↓

\AmazonGWセール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました