【MCU】ウィンター・ソルジャーが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】

【MCU】ウィンター・ソルジャーが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】まとめ

スティーブ・ロジャースの友人、バッキーは死亡しておらず現代に姿を現した。

しかしヒドラに洗脳された暗殺者、ウィンター・ソルジャーになっていた。

【MCU】ウィンター・ソルジャーが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ!【アベンジャーズ】
  1. ウィンター・ソルジャーの基本情報
  2. ウィンター・ソルジャーが登場する映画・ドラマ作品一覧
    1. ⒈映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」2011年
    2. ⒉映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」2014年
    3. ⒊映画「アントマン」2015年
    4. ⒋映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」2016年
    5. ⒋映画「ブラックパンサー」2018年
    6. ⒌映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」2018年
    7. ⒍映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年
    8. ⒎ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」2021年
    9. ⒏アニメ「What If…?」2021年
  3. ウィンター・ソルジャーが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ
  4. マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!
    1. Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク
    2. Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実
    3. Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品
  5. Disney+のオススメポイントまとめ
  6. マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!
    1. Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク
    2. Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実
    3. Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品
  7. Disney+のオススメポイントまとめ

ウィンター・ソルジャーの基本情報

ウィンター・ソルジャーの基本情報

本名:ジェームズ・ブキャナン・❝バッキー❞・バーンズ

地位:第107連隊軍曹→ハウリング・コマンドーズ→暗殺者ウィンター・ソルジャー

立場:ヴィラン→ヒーロー

現在:生存(最後に目撃された姿はサムのキャプテン・アメリカ襲名パーティー)

初登場:2011年「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(映画)

イカ
イカ

キャプテン・アメリカの意志を受け継ぐ一人だよね。

ハカセ
ハカセ

利用され罪を重ね続けてきた過去を乗り越えたバッキーの、次なる活躍が楽しみなのじゃ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ウィンター・ソルジャーが登場する映画・ドラマ作品一覧

ウィンター・ソルジャーが登場する映画・ドラマ作品一覧

ウィンター・ソルジャーが登場する映像作品は、今のところ8つ!

作品は【Disney+ (ディズニープラス)】にて見放題、【Amazon・楽天】ではレンタル・ソフトの購入で視聴することができます。

⒈映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」2011年

本作で主人公のスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの親友としてMCU初登場。

1942年の第二次世界大戦時に第107連隊に軍曹として配属されるとイングランドへ出征したが、数ヶ月後に107連隊はヒドラの襲撃で敗北。

生き残りの兵士たちと共に捕虜となったところを、強化されたスティーブによって助け出された。

その後はスティーブの下に結成された「ハウリング・コマンドーズ」の一員となり、彼の相棒として共に戦った。

しかしアーニム・ゾラを確保する任務の中で、列車の壁面に大穴が開いたことで列車から谷底へと転落し、消息不明の戦死扱いとなった。

⒉映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」2014年

現代へと舞台を移した本作では、死亡したと思われていたバッキーがヒドラの暗殺者「ウィンター・ソルジャー」となって再登場。

前作で谷底へと転落した後、バッキーはソ連にあるヒドラの下部組織に拾われ重傷を負いながらも奇跡的に生存していたことが判明。

その後ゾラたちにの手によって強化・洗脳を施され、最強の暗殺者「ウィンター・ソルジャー」へと仕立て上げられていた。

親友だったスティーブ・ロジャースとの戦闘でフェイスガードが外れると、スティーブはウィンター・ソルジャーの正体がバッキーであることに気付いた。

その反応を見たことでウィンター・ソルジャーの記憶が不安定となったが、再洗脳を施されされて「インサイト計画」阻止のためにヘリキャリアへ乗り込んだスティーブやサム・ウィルソン/ファルコンと激しい戦闘を繰り広げる。

キャプテン・アメリカに敗北し、ヘリキャリアは撃墜され自身も鉄骨の下敷きとなったが、スティーブに救われた。

その直後にスティーブを何発も殴りつけるも、無抵抗のまま親友の名を呼びかける彼を見て記憶を取り戻したのか、ポトマック川に水没したスティーブを引き上げて失踪した。

⒊映画「アントマン」2015年

エンドロール後の映像に登場。

拘束されたウィンター・ソルジャーの前で、スティーブとサムが会話をしている様子が映し出された。

これは「シビル・ウォー」の1シーンであったことが後に判明している。

⒋映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」2016年

映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」での一件以降、行方を眩ましルーマニアのブカレストで暮らしていたウィンター・ソルジャーだったが、ウィーンで起きた爆破テロ事件の嫌疑を懸けられたことで所在を掴まれスティーブと再会した。

その後はサムを加えた3人での逃避行となるが、ウィーンで死亡した父の仇を討つために現れたティ・チャラ/ブラックパンサーと激しい追撃戦を繰り広げた後に捕獲され、テロの実行犯で黒幕のヘルムート・ジモに操られて対テロ共同対策本部内で暴れるなどした。

それでもスティーブに支えられて正気を取り戻すと、無実を証明するため全ての黒幕であるジモの追跡を決意する。

ドイツのライプツィヒ・ハレ空港におけるヒーロー同士の大乱戦では、苦戦を強いられながらもスティーブと共に離陸に成功しシベリアへ向かうことに成功。

その後スティーブの考えに対し譲歩したスタークと合流しジモと対峙したが、そこでジモからトニーの両親がウィンター・ソルジャーによって暗殺された真相を明かされる。

直後に怒りに囚われたトニーから攻撃を受け、スティーブとトニーの争いに発展してしまう。

スティーブに救われたウィンター・ソルジャーは二人で行方をくらまし、ティ・チャラの手引きでワカンダへと亡命。

そこでヒドラの洗脳を解く方法が見つかるまで眠りにつくことを決意し、冷凍睡眠装置に入った。

⒋映画「ブラックパンサー」2018年

本作のポスト・クレジット・シーンにて登場。

ワカンダの小さな村の小屋で目覚め、ヒドラの洗脳が解けたことを示唆させる様子が描かれた。

村を訪れたシュリに柔和な表情を見せ、彼女に同行した。

⒌映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」2018年

ワカンダで隠遁生活を送っていたウィンター・ソルジャーだったが、サノスの軍勢から地球を救うため戦う事を決意する。

ティ・チャラから新たなサイバネティック・アームを提供されると、ワカンダでの決戦では仲間と共に敵群を一掃する活躍を見せた。

しかし、ヴィジョンの持つ「マインド・ストーン」を狙い現れたサノスにはなす術なく一蹴され、サノスが「デジメーション」を起こすと、塵と化し消滅した。

⒍映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」2019年

本作の終盤でデシメーションから復活し、サノスの軍勢との最終決戦に参加し戦った。

アベンジャーズが勝利しサノスの群勢が消滅した後は、皆と共にトニーの葬儀に参列している。

その後、「ムジョルニア」と6つのインフィニティ・ストーンを元の時代に返還するためタイムトラベルを行おうとするスティーブを見送った後、過去に留まり年老いて戻ってきたスティーブを発見する。

スティーブがサムに「キャプテン・アメリカ」の盾を託すと、その意志と決断を尊重し頷いていた。

⒎ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」2021年

本作ではサム・ウィルソン/ファルコンと共に主役の一人として登場。

「エンドゲーム」後は、故郷のブルックリンに身を置きながら、過去に犯した罪の贖罪とセラピーを受ける日々を送っている様子が描かれた。

そんなある日、サムが「キャプテン・アメリカ」の盾を寄贈し、ジョン・ウォーカーが新たなキャプテン・アメリカに就任したというニュースを目の当たりにしたことで失望と憤りを感じ、サムと再会。

その後はサムが追っていたフラッグ・スマッシャーズの対処に同行し、ヘルムート・ジモやシャロン・カーターの協力を得ながら調査を進めた。

その中で錯乱したジョン・ウォーカーとの死闘をサムとの連携で制し、盾を奪還してサムに託した。

その後ワカンダの先代国王であるティ・チャカを殺害したジモをドーラ・ミラージュに預け、アヨにサムの新装備開発を依頼。

フラッグ・スマッシャーズがニューヨークのGRCの会議場を襲うとサムと合流し、完成した新たな装備を渡した。

サムは新たなコスチュームとキャプテン・アメリカの盾を装備し、3代目の「キャプテン・アメリカ」となる。

戦闘を終えたサムが報道陣へスピーチし終えると、「ナイスジョブ!キャップ!」と称えて、彼の背中を叩いた。

※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

⒏アニメ「What If…?」2021年

映画とは全く異なる次元を描くアニメシリーズ「What If…?」の第1話に登場。

バッキーが所属する第107連帯がヒドラの捕虜となり、キャプテン・カーターに救出された際に登場。

その後はハウリング・コマンドーズの一員として戦い、レッドスカルが呼び出したモンスターを元の次元へ戻す手助けをした。

第5話ではゾンビが蔓延した世界の生き残りとして奮闘したが、ゾンビ化したスカーレット・ウィッチに投げ飛ばされておそらく死亡した。

※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

ウィンター・ソルジャーが登場する映画・ドラマ作品一覧まとめ

いかがだったでしょうか。

親友であるスティーブ・ロジャースはヒーローを引退しましたが、その相棒だったバッキーは新たな相棒を見つけ今後も活躍する姿を見せてくれそうです。

ワカンダとのつながりが深いキャラクターでもあるので、ブラックパンサーシリーズの映画で再登場してくれることを楽しみにしたいと思います。

↓原作での活躍はこちら↓

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました