【デアデビル】ジャック・マードックの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【デアデビル】ジャック・マードックの強さ・能力について解説!【マーベル原作】デアデビル

後にデアデビルとなる息子、マットの父親ジャック・マードック。

勇敢で情熱的な性格は息子に受け継がれている。

ジャック・マードックの誕生・能力・活躍

ジャック・マードックの誕生・能力・活躍

ジャック・マードック基本情報

本名:ジョナサン・❝ジャック❞・マードック

出身:不明

身長:183cm

体重:91kg

ライバル:フィクサー、スレイド

初登場:1964年「DAREDEVIL」♯1

イカ
イカ

盲目のマットを一人で育てた偉大な父親だよね。

ハカセ
ハカセ

ドラマは原作の設定をほぼ引き継いでいるのじゃ。

ジャック・マードックが登場する映像作品

・ドラマ「デアデビル」シーズン1(2015年)
※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

ジャック・マードックの誕生

ジャック・マードックの誕生

全盛期を過ぎた落ち目のプロボクサー、❝バリトン❞・ジャック・マードックは、ボクサーを引退した後地元のギャングであるフィクサーの用心棒として働いていた。

その仕事内容は、ヘルズキッチンで働く商売人たちを暴力で脅し、金を収めさせるというもので、ジャックは暴力に明け暮れる日々を送っていた。

ある時そんなジャックに転機が訪れた。

仕事に疲れたジャックが久しぶりに帰宅すると、妻マギーの腕には赤ん坊が抱きかかえられていた。

息子はマットと名付けられ、二人は子どもを大切に育てることを誓った。

用心棒を辞めてボクサーに復帰したジャックは、ファイトマネーを稼ぐためアメリカ中へ遠征する忙しい日々を送るようになった。

ジャックが家を空けることが多くなると、必然的に妻のマギーが一人で育児をすることになったが、彼女は次第にノイローゼぎみになり精神を病んでいった。

ついにはマギーが家を出て行ってしまい、責任を感じたジャックは残されたマットを一人で育てていく決意をした。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ジャック・マードックの能力

ジャック・マードックの能力

プロのボクサー

ジャック・マードックは超人的なパワーを持たない通常の人間である。

専門のトレーニングを長い期間積み重ねたプロのボクサーであり、鍛え上げられた肉体を持つ。

パワー、スタミナ、耐久力は平均的な男性の性能を上回る。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ジャック・マードックの活躍

ジャック・マードックの活躍

息子の悲劇

ジャックは息子のマットに対し、自分のような人生を歩んでほしくないという思いから、ケンカや争い事から避け、勉強に集中するように教育した。

ところがある日、父親のように腕っぷしも強くしたいと考えるようになったマットとジャックが口論となり、認めてもらえなかったマットはアパートから外に飛び出して行った。

そのすぐ後、マットはトラックに轢かれそうになっている老人を庇い、事故に巻き込まれる。

トラックは放射性廃棄物を積んでおり、それを目に浴びてしまったマットは失明するという悲劇に苛まれた。

ジャックは息子の失明に責任を感じると同時に、身を呈して老人を守った強さに敬意を表した。

ジャックの死

マットの事故後、ジャックはボクシングの試合で連戦連勝を積み重ねていった。

しかしその勝利は、裏でフィクサーによって仕組まれた試合だったことが伝えられる。

フィクサーはジャックに連勝させることでランキングを上げ、世間からの注目を集める選手にした。

そしてダイナマイト・デイビスとの王座決定戦でわざとジャックに敗北させることで、多額の掛け金をせしめようとしていたのだ。

わざと試合に負けるよう指示されたジャックは、自分の命の危険を感じてそれを承諾するしかなった。

しかし試合が始まると観客席に息子の姿を見つけ、恥ずかしい姿は見せられないと奮起してダイナマイト・デイビスを4ラウンドでノックアウトする劇的な勝利を収めた。

ジャックはチャンピオンになったが、試合会場を出たところでフィクサーの部下に射殺された。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ジャック・マードックの強さ

ジャック・マードックの強さ

パワー:C⁺

防御力:B

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:A

ハカセ
ハカセ

というわけで、ジャック・マードックの強さは・・・

C⁺ なのじゃ。

仕組まれた試合があったとはいえ、一時は階級王者となったタフな人物なのじゃ!

イカ
イカ

息子に男としての生き様を見せ続けた、不器用ながらも尊敬できる人物だったんだね。

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました