【デアデビル】ヴァネッサ・フィスクの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【デアデビル】ヴァネッサ・フィスクの強さ・能力について解説!【マーベル原作】デアデビル

犯罪王キングピンの妻、ヴァネッサ!

彼女は夫に対し、何度も犯罪から足を洗うよう求めたが……。

バネッサ・フィスクの誕生・能力・活躍

バネッサ・フィスクの誕生・能力・活躍

ヴァネッサ・フィスク基本情報

本名:ヴァネッサ・フィスク

出身:非公表

身長:173cm

体重:57kg

ライバル:リチャード・フィスク

初登場:1969年「THE AMAZING SPIDER-MAN」♯70

イカ
イカ

ドラマ「デアデビル」に出てきた、キングピンの恋人だよね。

ハカセ
ハカセ

原作では結婚していて、二人の間に息子もいるのじゃ。

ヴァネッサ・フィスクが登場する映像作品

・ドラマ「デアデビル」(シーズン1~3)2015年~2018年
※「Disney+」でのみ見放題。

ヴァネッサ・フィスクの誕生

ヴァネッサ・フィスクの誕生

ヴァネッサについての出生エピソードは描かれておらず不明であるが、ヴァネッサは15歳の時にウィルソン・フィスク(後のキングピン)と出会い、交際をスタートさせている。

数年間の交際の末に二人は結婚し、約1年後には息子のリチャードが誕生した。

しかしその頃の夫は既に裏社会の人間として働いており、息子が暴力的な環境にさらされないよう懸命に子育てをした。

\Amazon初夏セール開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

ヴァネッサ・フィスクの能力

ヴァネッサ・フィスクの能力

武器の扱い

ヴァネッサ・フィスクは超人的なパワーを持たない通常の人間である。

ヴァネッサは夫のキングピンとは違い、冷静で計算高く、非暴力的な性格をしている。

それでも暴力的な世界に身を置く者として、銃器を使用する訓練を受けており、それなりの腕前をしている。

\Amazon初夏セール開催中/

ヴァネッサ・フィスクの活躍

ヴァネッサ・フィスクの活躍

愛する夫

ヴァネッサはこれまで数々の犯罪に手を染めてきた夫に対して、それでも確固たる愛情を向けていた。

ある時ヴァネッサは、夫に対して犯罪から足を洗うように説得したことがあり、その行動は暴力的な世界に身を置く夫が心配だったからに他ならない。

ヴァネッサは24時間以内に裏社会と縁を切るように命じ、それができなければ離婚すると告げた。

約束の時間になると、ヴァネッサはキングピンの元を訪れた。

すると彼はスパイダーマンとの戦闘中で、今まさにとどめを刺そうとしている瞬間だった。

しかしキングピンは、愛する妻の姿を見たとたんに約束を思い出し、スパイダーマンを放置して妻を抱きしめると全ての暴力から即座に手を引いたのだった。

スパイダーマンは抱きしめ合いながら熱いキスをする二人を眺めているほかなかった。

その後二人は日本へと移住し、家を建てて暮らし始めた。

ヴァネッサの死

日本での生活は平穏な物だったが、アメリカ政府がキングピンの犯した罪を許すはずもなく、夫は国際的な指名手配犯になった。

そのためヴァネッサはアメリカ政府と司法取引をするためニューヨークに一時帰国し、交渉業務を任せる代理人として弁護士のマット・マードックフォギー・ネルソンを雇った。

しかしその直後、ヴァネッサは裏社会の手の者に誘拐されてしまった。

犯人は元キングピンの配下の者たちで、キングピンを裏社会に戻すことが目的だった。

そのための交渉カードとしてヴァネッサを誘拐したのだ。

連絡を受けたキングピンは取引に応じ、再び裏社会へと戻る約束をした。

しかしヴァネッサを邪魔に思う配下の一人が、あろうことかヴァネッサを爆発に巻き込み殺害した。

こうしてヴァネッサは死亡し、キングピンは裏社社会に残り続けるという悲劇を迎えた。

下水道の女王

死んだと思われていたヴァネッサだったが、その後実は重傷を負いながらも生きていたことが判明する。

しかし爆発のダメージで記憶を失っていたため頼る人物や帰る場所が分からず、下水道内でホームレス生活を送っていたのだった。

ジャーナリストのベン・ユーリックはその現場を写真に収めると、友人であるマット・マードックに知らせた。

裏社会のボスとして完全に復活したキングピンの悪行を抑え込む必要を感じていたデアデビルは、下水道に潜るとヴァネッサを捜索した。

すると彼女は下水道の王を名乗る大男の女王として迎えられており、救出するため激しい戦闘となった。

無事ヴァネッサを救出したデアデビルは、彼女をキングピンの元へ連れて行き、彼女を引き渡す条件として腐敗した政治家への援助を断ち切るよう求めた。

愛する妻の生還に歓喜したキングピンはその条件を飲むと、治療を受けさせるため欧州の病院に入院させた。

ヴァネッサの死

ある時キングピンがギャングに襲撃され、命の危機にさらされる事件が発生した。

ヴァネッサが事件を調査したところ、襲撃事件の首謀者が息子のリチャード(スキマー)であることが判明した。

するとヴァネッサは、襲撃の実行犯たちだけでなく、息子のリチャードまでもを射殺し始末してしまったのだった。

彼女にとって一番大切な存在は、夫であるウィルソンだったのである。

しかし自分の息子を手にかけたという事実は彼女にとって大きなストレスとなり、彼女の身体を弱らせていた。

自分の死期が近いことを悟ったヴァネッサは、自分の半生を思い返し、何故こんなにも問題の多い人生になってしまったのか答えを探した。

その結論が夫であるウィルソンと、その宿敵デアデビルにあると悟った彼女は、二人を戦うよう仕向けて同士討ちさせることで復讐しようとした。

しかしその計画は失敗に終わり、夫は刑務所に収監され、デアデビルはその正体がマット・マードックであると世間に公表される騒ぎとなった。

するとヴァネッサはデアデビルに交渉を持ち掛け、正体を暴露したエージェントを始末する見返りとして、夫を刑務所から釈放するよう求めた。

デアデビルはそれを拒否したが、ヴァネッサには時間が無かったため強行的に作戦を実行し、エージェントを自殺に見せかけて殺害すると遺書を偽装した。

その遺書の内容は、「マット・マードックを嵌めたのは自分で、彼は本当のデアデビルではない」というような内容だった。

この事件が公になるとマットの周囲に静寂が戻り、彼はヴァネッサに借りを作ったと感じるようになったが、その直後彼女は死亡している。

その後マットはヴァネッサの最後の願いを聞き入れ、キングピンを釈放させた。

妻の死を知らされたキングピンは大きな悲しみと向き合うことになった。

\AmazonGWセール開催中/

ヴァネッサ・フィスクの強さ

ヴァネッサ・フィスクの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:B

エネルギー:D

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、ヴァネッサ・フィスクの強さは・・・

C⁺ なのじゃ。

銃を扱う訓練を受けた一般人レベルなのじゃ。

イカ
イカ

粗野な夫を最大限に愛する姿に感動して泣いたよ。

\Amazon初夏セール開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました