【デアデビル】ベン・ユーリックの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【デアデビル】ベン・ユーリックの強さ・能力について解説!【マーベル原作】デアデビル

正義の心を持つデイリー・ビューグルの記者!

彼はナイフではなくペンで戦う。

ベン・ユーリックの誕生・能力・活躍

ベン・ユーリックの誕生・能力・活躍

ベン・ユーリックの基本情報

本名:ベンジャミン・❝ベン❞・ユーリック

出身:不明

身長:175cm

体重:63kg

ライバル:キングピン、グリーン・ゴブリン

初登場:1978年「DAREDEVIL」♯153

イカ
イカ

ドラマ「デアデビル」に登場した、正義感の強い記者だよね。

ハカセ
ハカセ

記者でありながらデアデビルの正体という特ダネを売らなかった素晴らしい人物なのじゃ。

ベン・ユーリックが登場する映像作品

・ドラマ「デアデビル」(シーズン1)2015年
※「Disney+」でのみ見放題。

ベン・ユーリックの誕生

ベン・ユーリックの誕生

ベン・ユーリックの出生エピソードは語られておらず不明であるが、彼は若い頃からジャーナリズムに対して情熱を持っており、学生時代からアルバイトとしてデイリー・ビューグル社で働いていた。

時が経ち犯罪を扱う部署の記者として採用されると、彼のキャリアがスタートした。

\AmazonGWセール開催中/

ベン・ユーリックの能力

ベン・ユーリックの能力

優秀な記者

ベン・ユーリックは超人的なパワーを一切持たない通常の人間である。

しかし記者として長年の経験を持ち、スーパーヒーローとの人脈も多い。

運動不足ぎみではあるが、知的な眼鏡をかけている。

\AmazonGWセール開催中/

ベン・ユーリックの活躍

ベン・ユーリックの活躍

キングピンとの出会い

ベンは記者になってすぐ、クルーエルというヴィランを追っていたのだが、クルーエルは他にもキングピンと呼ばれる大物犯罪者に追われていた。

クルーエルはキングピンに捕まると、その場で処刑され命を落とした。

当然、ベンはこのことを記事にするつもりだったが、キングピンから脅迫を受け、その場にいた全員が怪しい薬を強制的に飲まされた(この中にはフォギー・ネルソンもいた)。

すると目撃者たちは目の前で起こった悲惨な光景を忘れ、キングピンはそのまま逃げおおせてしまったのだった。

デアデビルの正体

その後15年もの間地道な取材活動を続けてきたベンだったが、ついに大スクープになり得るネタを手に入れた。

それはデアデビルの正体が盲目の弁護士、マット・マードックなのではないかという情報だった。

しかし確固たる証拠が無かったため、ベンはデアデビルに直接問い正した。

するとデアデビルはその情報が真実であることを認めた。

この情報を世間に公表すれば、ベンの記者としての知名度は跳ね上がり、莫大な富を得ることも可能に思われた。

しかしベンはデアデビルの正体を胸の中に仕舞い、資料を燃やした。

彼の正体が知れ渡りデアデビルが自由に動けなくなると、ますます世の中に悪がはびこると考えたゆえの決断だった。

その決断にデアデビルは感謝を示し、二人の間に友情が生まれた。

死にかけたベン

デアデビルについての調査を終了したベンは、次に犯罪王キングピンの調査に乗り出した。

やがてエレクトラがベンの前に現れると、キングピンの周囲を嗅ぎ回るなと警告してきた。

エレクトラは当時、キングピンに雇われた暗殺者として活動していたのだ。

それでもベンは脅迫に屈せず、調査を続けた。

すると再びエレクトラが現れ、問答無用でベンの胸に釵を突き刺したのだった。

ベンは病院に運ばれ死にかけたが、運よく一命を取り止めた。

ゴブリンの調査

次にベンが調査の対象として選んだのは、ノーマン・オズボーンやその息子であるハリーなど、グリーン・ゴブリンとなって世間を騒がせた者たちについてだった。

ハリーの息子であるノーミーを取材していた時、ノーミーが誘拐される事件が発生した。

犯人はゴブリネットと呼ばれるロボットで、このロボットはオズボーンの意思を継ぐ新たなグリーン・ゴブリンを誕生させる目的で稼働していたのだった。

ベンから事件を知らされたスパイダーマンとモルテンマンが出動し、ノーミーはゴブリン・フォーミュラと呼ばれるゴブリン化する薬物を打たれる前に救出された。

新聞社創設

シビル・ウォーが様々な禍根を残しつつ終結すると、ベンはフロント・ライン社という新聞社を仲間と共に創設した。

しかしスクラルが地球を侵略した際、最愛の妻をベンは亡くしてしまう。

あまりのショックに何も手につかなくなってしまったベンは、そのまま表舞台から姿を消した。

それでもノーマン・オズボーンが怪しげな復権を果たすと、ベンは記者として復活し、彼の陰謀を暴く記事を執筆したのだった。

\Amazon初夏セール開催中/

ベン・ユーリックの強さ

ベン・ユーリックの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:D

戦闘スキル:C

ハカセ
ハカセ

というわけで、ベン・ユーリックの強さは・・・

C⁺ なのじゃ!

普通の中年男性レベルの強さなのじゃ!

イカ
イカ

キングピンとかオズボーンに突撃取材できるのはすごいけど、ちょっと頭のネジ飛んでるよね。普通こわくてできない。

\Amazon初夏セール開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+】だけ!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、NETFLIXやhuluなどが制作したオリジナルドラマ・アニメも【Disney+】が配信権を取得しているため、「デアデビル」や「ヒットモンキー」も視聴できるのは【Disney+】だけとなっています。

【Disney+】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(25タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン
・アベンジャーズ など
※アイアンマン1、インクレディブル・ハルクのみ配給元が違うため除く
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(6タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版3部作

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
※版権の所有元がソニーであるため視聴不可「シビル・ウォー」は視聴可
×
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスからDisney+へ移行
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の60作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)

ー今後配信予定ー

・「ムーンナイト」
 (2022年3月30日配信開始)
・「ミズ・マーベル」
 (2022年夏配信予定)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年にDisney+で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました