【ブラック・ウィドウ】二代目ブラック・ウィドウ(エレーナ・ベロワ)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【MCU】エレーナ・ベロワ(二代目ブラック・ウィドウ)が登場する映画・ドラマ作品一覧まとめブラック・ウィドウ

二番手に甘んじるつもりはない!

ライバルは初代ブラック・ウィドウ!

二代目ブラック・ウィドウ(エレーナ・ベロワ)の誕生・能力・活躍

二代目ブラック・ウィドウ(エレーナ・ベロワ)の誕生・能力・活躍

二代目ブラック・ウィドウ基本情報

本名:イリーナ・ベロワ

出身:ロシア

身長:170cm

体重:61kg

初登場:1999年「INHUMANS Vol.2」♯5

イカ
イカ

ブラック・ウィドウにも二代目がいたの?!

ハカセ
ハカセ

歴史に残るヒーローの名は受け継がれてゆくものなのかもしれんのう。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

二代目ブラック・ウィドウの誕生

二代目ブラック・ウィドウの誕生

初代ブラック・ウィドウであるナターシャ・ロマノフは、ヨーロッパやアメリカで過ごす時間が長くなるにつれて本来の自分を取り戻し、もはやロシアのスパイではなくなっていた。

そのためロシアはブラック・ウィドウの後継者を必要とし、15歳のエレーナ・ベロワが選ばれた。

その後彼女は10年にもわたる過酷な訓練に取り組み、ブラック・ウィドウの名にふさわしい存在となるべく成長を遂げていった。

エレーナはナターシャと同じく「レッドルーム」と呼ばれるスパイ学校で訓練を重ねた。

教官であるスターコフスキーの下で学んでいたイリーナだったが、ある時スターコフスキーが生徒であるはずのエレーナによからぬ感情を芽生えさせた。

その欲求を満たすために、スターコフスキーは別の女性にエレーナのコスプレをさせて楽しんでいた。

だがコスプレをさせられていたペトラという女性は徐々に精神を狂わせてゆき、ついにはスターコフスキーを殺害してしまう。

そのことを知ったエレーナは、ペトラを殺して教官の仇を討ったが、なんとも後味の悪い結末となってしまったのだった。

その後無事に「レッドルーム」を卒業した彼女は正式にブラック・ウィドウの名を受け継いだ。

しかし彼女は二番手に甘んじるような性格ではなく、初代をしのぐためにナターシャをライバル視している。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

二代目ブラック・ウィドウの能力

二代目ブラック・ウィドウの能力

幅広い戦闘技術

エレーナは10年間にも及ぶ過酷な戦闘訓練を行ってきたため、素手での格闘はもちろん銃火器の取り扱いにも長けている。

また高い知性も持ち合わせている。

優れた身体能力

エレーナは特別なパワーを持たない通常の人間であるが、身体能力は高いレベルに到達しており、体操のオリンピック選手級の柔軟性と運動能力を持ち合わせている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

二代目ブラック・ウィドウの活躍

二代目ブラック・ウィドウの活躍

二人のブラック・ウィドウ

ブラック・ウィドウを名乗る新たな存在が現れたことを知った初代ブラック・ウィドウのナターシャは、後輩にあたるエレーナに教訓を与える目的でSHIELDとニック・フューリーとともにヴァリデイト作戦を実行に移した。

この作戦は二人のブラック・ウィドウの外見を交換するいう謎に満ちたものだったが、作戦は成功して二人の外見は見事に入れ替わった。

当然のようにエレーナは混乱する一方だったが、ナターシャには様々な思惑があったようで、手始めにエレーナの上官に接触した。

調査を進めると、上官スタリエンコは冷戦時にハドソン川に隠されていた核兵器を盗み出す計画を進めていたことが判明。

さらに、スタリエンコはエレーナを駒として扱い、消耗品としてしか見ていないことも分かった。

そのことを知らされたエレーナは怒りに打ち震えると、ナターシャと協力してスタリエンコを倒した。

このことがきっかけとなりエレーナはSHIELDに迎え入れられたものの、彼女は秘密裏にSHIELD内で共犯者となる人物を探していた。

SHIELDのスパイ

実は、エレーナはあのマグニートーが作ったヴィランチーム「サベッジランド・ミューテイツ」とつながっており、サベッジランドで違法にヴィブラニウムを採掘しようとしていたのだ。

続けてイリーナは捕らわれていたサベッジランド・ミューテイツの元メンバー、サウロンを脱獄させて採掘を手伝わせた。

だがこれらの動きはアベンジャーズの知るところとなり、サベッジランドにおいてアベンジャーズとミューテイツは激しい戦いを繰り広げた。

戦いに勝利したアベンジャーズがサウロンを尋問しようとすると、情報を与えたくないエレーナは彼をスナイパーライフルで狙撃し、口を封じた。

だがその後、息を吹き返したサウロンから火炎放射の逆襲にあうと、エレーナは全身に火傷を負って再起不能となった。

アンドロイド化

重傷を負って入院していたエレーナの元に、AIMとヒドラが現れた。

彼らは瀕死の彼女に手術を行い、どんなパワーでも吸収することができるアンドロイドへと生まれ変わらせた。

エレーナはアベンジャーズに復讐するため戦いを仕掛けると、アベンジャーズのパワーを吸収して弱体化させた。

しかし、アイアンマンが遠隔操作する複数のアイアンアーマーの攻撃を防ぎきることができず、エレーナは敗北。

負けたエレーナを確認した無慈悲なヒドラは、彼女に仕掛けていた自爆装置を発動させると殺害した。

だがその後、イリーナは冬眠状態で保存されていることが判明し、復活後はAIMに所属している。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

二代目ブラック・ウィドウの強さ

二代目ブラック・ウィドウの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:B

エネルギー:B

戦闘スキル:A

ハカセ
ハカセ

というわけで、二代目ブラック・ウィドウの強さは・・・

B じゃ!!

初代と二代目どちらが強いのかと問われれば、初代のほうがやや強いということにはなるかのう。

イカ
イカ

映画「ブラック・ウィドウ」での活躍は必見だね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました