【X-メン】マグニートーの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】

【X-メン】マグニートーの強さ・能力・誕生・活躍について解説!【マーベル原作】X‐メン

正義か悪か?

プロフェッサーX最大のライバル!

マグニートーの誕生・能力・活躍

マグニートーの誕生・能力・活躍

マグニートーの基本情報

本名:マックス・アイゼンハート

出身:ドイツ

身長:189cm

体重:86kg

初登場:1963年「X-MEN」♯1

イカ
イカ

ぼくこの人知ってる。

金属あやつりおじさんだよね。

ハカセ
ハカセ

マグニートーはミュータントの権利を守るために戦い続けるヴィランなのじゃ。

マグニートーが登場する映像作品

・映画「X-MEN」2000年

・映画「X-MEN2」2003年

・映画「X-MEN:ファイナルディシジョン」2006

・映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」2011年

・映画「ウルヴァリン:SAMURAI」2013年

・映画「X-MEN:フューチャー&パスト」2014年

・映画「X-MEN:アポカリプス」2016年

・映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」2019年
※すべて【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

マグニートーの誕生

マグニートーの誕生

ドイツで産まれたユダヤ人のマックス・アイゼンハートは、1930年の半ばごろになるとナチスの台頭によって危機的状況に陥った。

命の危機に瀕したマックスは家族と共にワルシャワへ避難しようとしたが、ドイツ軍に捕まると他のユダヤ人たちとともに集められ銃で撃たれた。

マックスには覚醒しつつあるミュータント能力があったため、銃弾の弾道を逸らすことができ命を落とすことはなかった。

しかしマックスの家族は全員死亡し、大きな怒りが彼の内部を渦巻いた。

その後はアウシュビッツで殺されたユダヤ人の遺体を片づけるために働かされていたが、悟られぬように能力を使うことで、なるべく他の者たちが生き残れるように手を尽くしていた。

そうやってマックスが救った命の中にはマグダという少女がおり、ドイツに戻ると二人は恋に落ちた。

戦後、偽名であるエリック・マグナス・レーンシャーという名を名乗りながらマグダと夫婦生活を送ると、二人の間にはアーニャという女の子が産まれた。

ウクライナに移り住み、家族を養うため真面目に働いていたマグナスだったが、ある時雇い主が金銭の支払いに関してマグナスを騙し、不利益を生じさせた。

これに激怒したマグナスは能力を使用して雇い主を攻撃してしまう。

その報復行為としてマグナスの家に火が放たれ、駆けつけた警官たちも雇い主の手の者であったため娘のアーニャを助け出すのが難航。

怒り狂ったマグナスは邪魔者を全員殺害してマグダを救ったが、残念ながらアーニャは帰らぬ人となってしまうのだった。

この事件によって、マグナスは自分と自分にとって大切な人のために惜しまず能力を使っていくことを決意した。

しかし、怒りに燃えて大勢の人間を殺害したマグナスを目撃してしまったマグダは、恐怖のあまり彼の元を離れた。

彼女はその後二人の子どもを出産し、それぞれワンダピエトロと名付けられた。

子どもたちは後にマグニートーと再会し、スカーレット・ウィッチクイック・シルバーのコードネームを与えられた。

一方殺人者として追われるようになったマグナスは、たどり着いたイスラエルの精神病院で働いていた。

そこでチャールズ・エグゼビアと出会い、友人となる。

だがその病院をヒドラが襲うと、マグナスは敵に対して情け容赦のない攻撃を浴びせた。

人を殺すことにためらいのないマグナスにチャールズは失望し、また甘い考えを持つチャールズにマグナスは異を唱えた。

「ミュータントは大人しくガス室になんか行かない! 我々は戦う!」

そう宣言したマグナスはマグニートーとなり、ミュータントを抑圧するすべての存在と戦うことを決意した。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マグニートーの能力

マグニートーの能力

磁力を操る

マグニートーはありとあらゆる電磁気を操ることができ、それは原子レベルの微小な物から車などの巨大な物まで様々である。

この能力によって金属を自在に操ることができ、海中から潜水艦を引き上げたこともある。

また、人体の血液に含まれる鉄分を操り死に至らしめることもできる。

この能力を応用して空を飛行することもできるほか、ジェット気流を作り出して高速で移動することも可能。

さらに自分の周囲にフォースフィールドを生み出すことができ、これによって宇宙空間を移動することもできる。

テレパシ―耐性

マグニートーはプロフェッサーXなどの名だたるテレパシー能力者との戦いの経験から、電気ノイズを発生させて自分をテレパシーで襲おうとする相手に逆襲することができる。

また精神的な干渉から脳を守る装置を搭載したヘルメットを装備しており、これらの能力や装備によってテレパシー能力の干渉をシャットダウンしている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マグニートーの活躍

マグニートーの活躍

宿敵からの依頼

マグニートーはX-メンと長い間戦い続けてきたが、ある一時期チャールズ・エグゼビアに頼まれて若きニューミュータンツを率いていたことがある。

またエグゼビアの学園の校長として活動する中で、マグニートーはウルヴァリンコロッサスサイクロップスらとともに共闘したこともある。

しかしニューミュータンツとの関係には次第にズレが生じるようになり、やがてマグニートーはヘルファイアークラブのメンバーと行動を共にする時間が増えていく。

これによって決定的な亀裂が生じてしまい、マグニートーはエグゼビアの学園を後にしたのだった。

その後元の悪の道に戻ってしまったと思われたマグニートーだったが、大震災から人々を救い、自分のクローンであるジョセフを打ち倒した。

正義と悪の間で揺れ動くマグニートーにどんな結末が待っているかはまだ誰も分からないのであった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ マグニートーの強さ

まとめ マグニートーの強さ

パワー:C⁺

耐久性:C⁺

スピード:A

知能:A

エネルギー:A

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、マグニートーの強さは・・・

B⁺  じゃ!

あくまでもミュータントの権利を守るために行動を起こしているわけじゃから、立場が違えば彼もヒーローだったかもしれないのじゃ。

イカ
イカ

マグニートーは映画「X-メン」シリーズのほとんどに登場するよ!。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました