【X-メン】ファントメックスの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【X-メン】ファントメックスの強さ・能力について解説!【マーベル原作】X‐メン

最先端科学の結晶!

ファントメックスはX‐メンに登場するヒーロー

ファントメックスの誕生・能力・活躍

ファントメックスの誕生・能力・活躍

ファントメックス基本情報

本名:チャーリー・クラスター7

出身:ワールド

身長:175cm

体重:79kg

ライバル:スキンレス・マン、ハンツマン、シャドウキング など

初登場:2002年「NEW X-MEN」♯128

イカ
イカ

このヒーローは一体誰?

なんか忍者っぽいけど隠密行動するには白っぽすぎない?

ハカセ
ハカセ

白っぽいって・・・イカのおぬしに言われたくないわい。

どんなに目立つコスチュームでも、彼のスキルにかかれば誰にも気づかれることはないのじゃ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

ファントメックスの誕生

ファントメックスの誕生

ファントメックスは「ワールド」と呼ばれる人工的な子宮において、優生学やナノテクノロジーなどの様々な科学技術を通じて生み出されたミュータントである。

ファントメックスは、ウルヴァリンアダマンチウムの骨格を得ることになった「ウェポン・プラス計画」の要員であり、その13番目の被験者であることからウェポンⅩⅢと呼ばれていた。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ファントメックスの能力

ファントメックスの能力

脳が3つ

戦闘によって心臓を引きちぎられたファントメックスは、クローン技術を使うことで再生することができた。

しかしその際、誤って脳を3分割してしまったため彼の中には脳が3つ存在し、それぞれが自律神経系を持つようになった。

そのため、ファントメックスは3つの内2つの脳を破壊されても生き延びることができる。

また他のウェポン・プラス計画の被験者同様怪我に対する耐性がある。

幻影

ファントメックスの得意な戦闘スタイルは相手に幻影を見せることで攪乱し、相手に隙が出来たところを攻撃するというものである。

幻影には相手の目をくらませる使い方もあるようで、世界で最も強力なテレパシー能力を持つチャールズ・エグゼビアジーン・グレイにすら悟られることなく近づくことができていた。

高い戦闘スキル

ファントメックスは強靭な肉体を持ち、武器の扱いや格闘にも長けている。

特に2丁拳銃がお気に入りのようで、彼の戦闘スタイルとして確立されている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ファントメックスの活躍

ファントメックスの活躍

VSハンツマン

ファントメックスは、触れた生物を全て取り込んでしまう恐るべき能力を持ったヴィラン、ハンツマンを止めるため、チャールズ・エグゼビアジーン・グレイに協力を仰ぎに、パリにあるエグゼビア・コーポレーションを訪れた。

全く気配を感じさせずに近づいてきた彼の正体を探るため、エグゼビアジーン・グレイは能力で心を読み取ろうとしたが、見えたのは何故か花だけだった。

ファントメックスは最初、自分はミュータントの大泥棒であり、インターナショナル・フォースと呼ばれる組織から追われているから保護してほしいと訴えていた。

その代わりに、ウルヴァリンも関係している「ウェポン・プラス計画」の情報を提供するとも話した。

そしてファントメックスは英仏海峡トンネルの列車事故がただの事故ではなく、ウェポンⅫとされるヴィラン「ハンツマン」に関係していることを知らせたのだった。

英仏海峡の事故は「ハンツマン」の実地試験のために、ウェポン・プラス計画の研究者たちによって故意に引き起こされたものだった。

ハンツマンは既に多くの人や物を乗っ取っており、トンネルの中は完全に支配されていた。

強化されたハンツマンは、実験でプログラムされた通り、次にミュータント種を滅ぼすため戦争を仕掛けようとしていた。

ハングマンを止めるため、エグゼビアはファントメックスに飛行機能のついた円盤型パートナー「EVA」を渡し、それに乗ってハングマンと戦うよう指示した。

エグゼビアがハンツマンを攻撃しつつ時間を稼いでいる間に、ファントメックスとジーンはハンツマンを止めるための安全装置を探した。

これはハングマンが制御不能に陥り暴走したときのために、研究者たちが作っておいた遠隔殺害スイッチだった。

ジーンの援護を受けてスイッチを手に入れたファントメックスが起動させると、ハンツマンの脳は爆発。

ハンツマンを無事に倒すことに成功したのだった。

だがこの戦いの中で、ジーン・グレイはあることに疑問を感じていた。

それは、ハンツマンが格納されていたウェポンⅫ用ポッドの隣に、ウェポンⅩⅢ「ファントメックス」と書かれたポッドがあったことだ。

そのことを伝えると、ファントメックスは自分はマイクロ・センチネルを注入されて誕生した新たな生命体であると正体を打ち明けた。

その後共に戦わないかというエグゼビアの誘いを彼は断り、どこかへ去って行ったのだった。

ウルヴァリンとファントメックス

ウェポン・プラス計画の最新版「ウェポンⅩⅤ」の情報を聞きつけたファントメックスは、アフガニスタンを訪れていた。

そこで彼は、ダストという奇妙な女性ミュータントに出会うと、この地で行われているウェポン・プラス計画の情報を得た。

彼女の身の危険を案じたファントメックスは、同じウェポン・プラス計画の被験者であるウルヴァリンと協力関係を結び、ダストを預けた。

さらにウェポン・プラス計画の最新兵器・ウルティマトンを倒すための助力を頼んだ。

二人はウェポン・プラス計画の研究所に侵入し、進化を加速させるバーチャル空間「ワールド」に入り込んだ。

そこでウルティマトンを発見し、見事再起不能にすることに成功したのだった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ ファントメックスの強さ

まとめ ファントメックスの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:B⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけでファントメックスの強さ評価は

 じゃ!

知能と戦闘スキルは高いが単純なパワーやスピードは他の者たちより落ちる印象じゃの。

イカ
イカ

ていうか、ウェポン・プラス計画の被験者多すぎィ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました