【X-メン】ウルヴァリンの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【X-メン】ウルヴァリンの強さ・能力について解説!【マーベル原作】X‐メン

あまりに柄の悪いカナダのミュータント!

ウルヴァリンについて解説!

ウルヴァリンの誕生・能力・活躍

ウルヴァリンの誕生・能力・活躍

ウルヴァリン基本情報

本名:ジェームズ・ハウレット

出身:カナダ

身長:160cm

体重:136kg

ライバル:セイバートゥース、レディ・デスストライクなど

初登場:「INCREDIBLE HULK」♯180

イカ
イカ

なんだか怖そうな見た目だね。

ぼくと同じヴィランの匂においがするけど、本当にヒーローなの?

ハカセ
ハカセ

ウルヴァリンは最も有名なヒーローの一人じゃぞ!

ウルヴァリンが登場する映像作品

・映画「X-MEN」2000年

・映画「X-MEN2」2003年

・映画「X-MEN:ファイナル ディシジョン」2006年

・映画「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」2009年

・映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」2011年

・映画「ウルヴァリン:SAMURAI」2013年

・映画「X-MEN:フューチャー&パスト」2014年

・映画「X-MEN:アポカリプス」2016年

・映画「LOGAN/ローガン」2017年
※すべて【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

ウルヴァリンの誕生

ウルヴァリンの誕生

カナダの裕福な農家に生まれたジェームズは、幸せな生活を送っていた。

ところがある日、雇っていた使用人に父親が殺されてしまう現場を目撃する。

怒りに我を忘れ、使用人に殴りかかったその瞬間、骨が手の甲を突き破って鋭い爪が現れ、使用人の命を奪った。

夫の死と息子の変化を目の当たりにした母親は、その後精神的に落ち込んで自殺してしまう。

殺人を犯し家族と居場所を失ったジェームズには、カナダの荒野へと逃亡するしか道は残されていなかった。

以降は正体を隠すため、自分が命を奪った使用人の名である「ローガン」を名乗り、各地を転々とするようになった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ウルヴァリンの能力

ウルヴァリンの能力

アダマンチウム製の骨格

ウエポンX計画」に参加したローガンは手術を受け、全身の骨と爪がアダマンチウムで覆われ強化されている。

その結果彼の肉体は事実上破壊不可能となり、さらにはアダマンチウムで強化された爪はこの世のほとんどの物を斬り割くことができる。

急速治癒能力

ウルヴァリンは肉体にダメージを受けても急速治癒能力の恩恵によって、数時間から数日で完全に回復することができる(小さいダメージであれば短時間で回復可能)。

そもそも身体にアダマンチウムを流し込まれるという過酷な実験に耐えられたのもこの能力のおかげであり、強化された骨格と回復能力を持つ彼を殺すのはほぼ不可能に近い。

並外れた戦闘技術

ウルヴァリンは忍者マスターオグンの元で訓練を受けたことがあり、それによって並外れた戦闘技術を獲得した。

また高度な感覚を持ち合わせており、嗅覚・聴覚・味覚などといった機能が非常に鋭敏になっている。

これによって相手をかぎ分けたり追跡することが可能だ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ウルヴァリンの活躍

ウルヴァリンの活躍

ウェポンX

二度の世界大戦を戦い抜く間、ローガンは様々な出会いを果たしている。

ある時は若きナターシャ・ロマノフ(後のブラック・ウィドウ)に訓練をつけ、ナチスの思想に染まった父親から救い出した。

同じ地ではあのキャプテン・アメリカとも協力して戦っている。

またアメリカの軍に所属していた時には、ニック・フューリーキャロル・ダンバース(後のキャプテン・マーベル)と共に働いた。

しかし「ウェポンX計画」の被験者に選ばれ洗脳を受けるなどした結果、ローガンはこれら過去の記憶を多く失うことになる。

骨格をアダマンチウムで強化して破壊不可能の肉体を得たローガンは(その際にウルヴァリンという名を与えられている)、その後研究所を脱出した。

アルファライトとX-メンへの加入

研究所の脱出に成功したウルヴァリンは、後に親友となるジェームズ・ハドソンと出会った。

彼の誘いもあって、ウルヴァリンはカナダのスーパーヒーローチーム「アルファライト」に加わるとヒーローとして活躍する道を見出した。

その後は失った記憶を取り戻すためチームを抜けると、X-メンに加入した。

それまで孤独に戦ってきたウルヴァリンはそこでチームプレーを学ぶと、すぐにチームにとって欠かせない存在となった。

「人類とミュータントの共存」というチャールズ・エグゼビアの理想を守るため、ウルヴァリンは戦い続ける。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ ウルヴァリン強さ

まとめ ウルヴァリン強さ

パワー:B⁺

耐久力:

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:S

ハカセ
ハカセ

というわけでウルヴァリンの強さは・・・

B⁺  じゃ!

アダマンチウムは核にも耐えうる金属なのじゃ。それに加えて急速回復はチートじゃろう。

イカ
イカ

ぼくの触手攻撃も効かないとはなかなかやるな・・・

ウルヴァリンの誕生は映画でも描かれているね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました