【X-メン】チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【X-メン】チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】X‐メン

アベンジャーズに並ぶスーパーヒーローチームを結成し、牽引してきた最高の科学者!

プロフェッサーXは人生をかけてミュータントを導いた最高峰のテレパシー能力者だ!

チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の誕生・能力・活躍

チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の誕生・能力・活躍

本名:チャールズ・フランシス・エグゼビア

出身:ニューヨーク州ニューヨーク市

身長:183cm

体重:86kg

ライバル:マグニートー、オンスロート、ジャガーノートなど

初登場:1963年「X-MEN」

イカ
イカ

なんだかおじいちゃんだし、身体も不自由そうだけど、そんなにすごい人なの?

ハカセ
ハカセ

もちろんじゃ。彼の存在無くしてX-メンは語れないほどにのう。

プロフェッサーXが登場する映像作品

・映画「X-MEN」2000年

・映画「X-MEN2」2003年

・映画「X-MEN:ファイナル ディシジョン」2006年

・映画「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」2009年

・映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」2011年

・映画「ウルヴァリン:SAMURAI」2013年

・映画「X-MEN:フューチャー&パスト」2014年

・映画「X-MEN:アポカリプス」2016年

・映画「LOGAN/ローガン」2017年

・映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」2019年

・映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」2022年
※すべて【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の誕生

チャールズは原子力研究者の父を持ち、裕福な家庭で育った。

何不自由の無い生活を送っていたチャールズだったが、父親であるブライアン・エグゼビアが亡くなったことで運命の歯車は悲しい方へと回りだす。

母親であるシャロンはブライアンの同僚であるカート・マルコと再婚した。

カートは義理の息子になったチャールズには優しかったが、実の息子であるケインに対しては酷い虐待を行っていたのだった。

虐待の手は母親のシャロンにまで伸びてゆき、カートの虐待は日に日に酷くなっていった。

また虐待を受け続けたケインも、チャールズに対しいじめを繰り返すようになっていった。

そんな中でもチャールズは優しさを忘れず、虐待を受ける母親の痛みをテレパシー能力で共有し、少しでも母親の苦しみが軽減されるように寄り添った。

そのかい無くシャロンは死んでしまったが、幸運だったのは苦しみの元凶であるカートも時を同じくして死んだことだ。

苦しみから解放されたチャールズは大学に進学し、自らの能力を隠しながら学業に励んだ。

義理の弟ケインは悪の道に進み、後にジャガーノートというヴィランになっている。

その後は世界中を旅しながら、ミュータントと人間がどうすれば共存できるか考えていた。

そして旅の途中で、エグゼビアはある大きな出会いを果たした。

その人物はエリック・マグナス・レーンシャーと名乗り、二人の考え方には異なる部分が多すぎたものの、二人はほどなく友人となる。

しかし彼は後にマグニートーと名乗り、何度もプロフェッサーXの前に立ちはだかる宿敵となるのだった。

旅を終えたチャールズはミュータントと人間の共存を叶えるため、「エグゼビアの恵まれし子らの学園」と、スーパーヒーローチーム「X-メン」を立ち上げた。

シンボルである「X」はエグゼビアの頭文字ではなく、ミュータントに備わる特別な細胞である「X-因子」を表すものだ。

チャールズは多くのミュータントをまとめる「プロフェッサーX」として、多くの尊敬を集めるようになった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の能力

テレパシー能力

チャールズは世界で最も強力な超能力の使い手である。

テレパシー能力は会話をせずに相手と意思疎通が図れるほか、耐えがたい苦痛を脳に直接送り込むことで攻撃することもできる。

また相手の記憶から不都合な部分を完全に消去したり、幻覚を見せることもできる。

超感覚的知覚(ESP)

ESPは特定の人物が世界のどこに存在しているかを突き止めることができるというものである。

この能力を駆使することで、チャールズは世界中のミュータントを監視している。

精神操作

マインドコントールを施すことによって、相手を制御化に置き意のままに操ることができる。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の活躍

X-メンの創設

チャールズは「X-メン」を立ち上げるとウルヴァリンサイクロップスストームビーストナイトクローラーらを率いて世界を何度も救った。

チャールズの「ミュータントと人間の共存」という願いは、世界に大きな影響を及ぼしたとされている。

エイジ・オブ・アポカリプス

「エイジ・オブ・アポカリプス」という作品では、チャールズが殺害されてしまった後の世界が描かれており、そこではX-メンという邪魔者がいなくなった世界で、古代のヴィランであるアポカリプスが思いのまま世界を征服していく様が描かれている。

その世界ではミュータントと人間が全面戦争を始め、世界は滅亡の危機にさらされている。

それだけチャールズ・エグゼビアという存在は偉大な、戦争を回避させるほどの人物であることが分かる。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

まとめ チャールズエグゼビアの強さ

パワー:C⁺

耐久性:C⁺

スピード:C⁺

知能:A

エネルギー:A

戦闘スキル:B

ハカセ
ハカセ

というわけで、チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の強さは・・・

B  じゃ!

もちろん肉弾戦に持ち込まれたら無力じゃが、それを補って余りあるテレパシー能力は伊達じゃないのう。

イカ
イカ

プロフェッサーXの活躍は映画「X-メン」シリーズで見れるね!

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました