【ハルク】アボミネーションの強さ・能力・誕生について解説!【マーベル原作】

【ハルク】アボミネーションの強さ・能力・誕生について解説!【マーベル原作】 ヴィラン

ガンマ線によって生み出されたヴィラン、アボミネーション!

彼は全人類の脅威だ!

アボミネーションの誕生・能力・活躍

アボミネーションの誕生・能力・活躍

アボミネーション基本情報

本名:エミル・ブロンスキー

出身:ユーゴスラビア、ザグレブ

身長:203cm

体重445kg

初登場:1967年「TALES TO ASTONISH」♯90

イカ
イカ

映画「インクレディブル・ハルク」でハルクと戦った、超絶パワーのヴィランだよね。

ハカセ
ハカセ

アボミネーションとは、「忌まわしきもの」という意味があるそうじゃ。

アボミネーションの誕生

アボミネーションの誕生

ユーゴスラビアの工作員としてアメリカに潜入していたエミル・ブロンスキーは、ニューメキシコ州の米軍基地でミサイルを破壊せよとの命令を受けていた。

しかし破壊工作活動に失敗すると、次は❝サンダーボルト❞・ロス将軍の娘、ベティ・ロスを誘拐しようと行動したが、これも失敗に終わった。

一連の失敗で追われる身となったブロンスキーは、身を隠すためにある場所へと侵入した。

そこは偶然にもブルース・バナー博士のラボであった。

ブルース・バナー博士は核爆弾の事故の影響で、夜になるとハルクと呼ばれる存在に変身してしまう体になっていた。

そのためハルクを駆除する対策として、致死量のガンマ線を照射できるマシンをこのラボで開発していたのだった。

身を隠して様子を見ているブロンスキーの前で、ブルース・バナー博士は自らにガンマ線を照射するため、マシンを起動させようとしていた。

しかしそこに軍の関係者が現れると、ブルース・バナー博士を取り押さえて逮捕し、ラボから連れ去ってしまったのだった。

誰もいなくなったラボに姿を現したブロンスキーは、このマシンでガンマ線を浴びればハルクのようなパワーを得られるかもしれないと考えると、マシンを起動させて大量のガンマ線を浴びた。

本来ならば死亡するはずだったが、彼の身体は捻じ曲がり巨大化すると、緑がかかった恐ろしい見た目の怪物に変身した。

彼の場合、ハルクと違って怪物の姿になっていても知性を維持していた。

しかし、変身した姿は元に戻らず、永続的なものとなった。

その姿を見たベティ・ロスは、「あのアボミネーション(忌まわしきもの)は一体なんなの・・・?」と戦慄した声で叫んだ。

アボミネーションの能力

アボミネーションの能力

超人的なパワー

アボミネーションの超人的なパワーは100トンもの重量を持ち上げることができる。

また高い耐久力とスタミナも持ち合わせている。

再生能力

アボミネーションは回復能力を持っており、多少の傷ならば瞬時に回復することができる。

この能力のおかげで火に耐性があり、彼は深海や宇宙空間などの環境でも長時間生き続けることが可能になっている。

アボミネーションの活躍

アボミネーションの活躍

VSハルク

アボミネーションとなったブロンスキーはほぼ無敵の存在となったが、唯一自分に対抗できる存在のハルクを目障りに感じた。

そのため自分の優位性を示すために、アボミネーションはハルクに戦いを挑んだ。

振り下ろされたこん棒攻撃を喰らったハルクは気絶し、アボミネーションは自身の強さを証明できたことに満足して立ち去った。

死にかけたハルクだったが、ガンマ線を浴びて復活すると、ブルース・バナーの姿に戻った。

恐るべき怪物を放置しておけないと考えたバナーは、周到な準備をしてからアボミネーションおびき出し、罠にかけることに成功。

その罠はアボミネーションのパワーを流出させるというもので、およそ半分のパワーを奪うことに成功したのだった。

それでもアボミネーションのパワーはハルクと拮抗しており、ほぼ互角の戦いとなったが、最終的にはハルクのノックアウト勝利で幕を閉じた。

意識を失ったアボミネーションは、超宇宙的存在であるストレンジャーに引き渡されると、彼らの母星へと連行され研究対象となった。

まとめ アボミネーションの強さ

まとめ アボミネーションの強さ

パワー:S

耐久力:A⁺

スピード:B

知能:C⁺

エネルギー:D

戦闘スキル:C

ハカセ
ハカセ

というわけで、アボミネーションの強さは・・・

B⁺ じゃ!!

そのパワーと耐久力だけ見れば最強クラスなのじゃ!

イカ
イカ

アボミネーションが登場するのは映画「インクレディブル・ハルク」と「シャン・チー」だね!

マーベル映画を観るならU-NEXT!

ご自宅のテレビだけでなく、スマホやタブレットを使って時と場所を問わずに楽しめる動画コンテンツサービス、 U-NEXT !

マーベル映画は「アイアンマン」~最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」まで見ることが可能!

ソニーピクチャーズのマーベルシリーズ「ヴェノム」や「スパイダーマン:スパイダーバース」も見ることができます!

「X-メン」シリーズや「ローガン」も視聴可能!

U-NEXTは国内最大規模の動画配信サービス

U-NEXTは株式会社U-NEXT(ユーネクスト)が提供する国内最大規模の動画配信サービス。

2021年8月時点で配信されている見放題の動画コンテンツ数はなんと210,000本以上

洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・アジアドラマ、アニメ、バラエティ、キッズ向け映像作品の他にも、マンガやラノベ、雑誌なども扱っておりかなり幅広いラインナップ。

基本料金は月額2,189円(税込)ただし初回登録から31日間は無料

初回申し込み時に特典として有料コンテンツ視聴時などに使える600ポイントが必ず貰える(2021年8月時点)上に、無料期間のみで解約も可能です。

無料・有料コンテンツについて

U-NEXTの動画コンテンツは「基本料金のみの見放題」と、「有料レンタル(追加課金の必要あり)」の2種類があります。

見放題のコンテンツだけでも配信数は210,000本あり、基本料金だけでも十分に楽しめますが、見たい作品が基本料金を払った上で有料だったら…と心配される方もいるはず。

でも大丈夫!

契約後は基本料金の中から毎月U-NEXT内で使える1,200円/ポイントが付与されるので、基本料金だけで有料コンテンツも見ることが可能

参考までに、マーベル最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は199ポイントで視聴できます!

使わなかったポイントが映画館のチケットになる!

ポイントの使い道はレンタルコンテンツだけではなく、提携する映画館(イオンシネマ、ユナイテッド・シネマ等)で使える映画チケットと引き換えることが可能!

ポイントは1ポイント=1円換算なので、初回登録特典の600ポイントを使えばそれだけで600円引きで映画が1本見れる計算に!

毎月付与される1,200ポイントも使い道がなかったり、余ったりした場合は観たい最新映画を映画館で使うことができるので無駄がない!

しかも通常1,800~1,900円する映画チケットが、ポイントで購入する場合1,400~1,500ポイントで購入でき、400~500円も割安に!

割引クーポン・映画チケットへの引き換えもスマホの操作だけで簡単にできるので、映画好きの方はお得に活用するべきですね。

U-NEXT内容まとめ

○ テレビ、スマホ、タブレットで21万本以上の映像コンテンツが見放題!

○ 雑誌(110誌以上読み放題)、マンガ、ラノベコンテンツも豊富!

○ 月額2,189円の中から1,200ポイントが付与され、有料コンテンツも楽しめる!

○ 余ったポイントは映画館で使える割安チケットにもなる!

○ 今なら無料トライアルで31日無料&600ポイントもらえる!途中解約も可能!

1つの契約で値段が変わらず4つまでアカウントを登録することもできる(プライバシー保護あり)ので、家族で楽しみたい方もオススメです。

更なる詳細は U-NEXT 公式サイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました