【アイテム】キャプテン・アメリカのシールドの性能・種類・歴史について解説!【マーベル原作】

【アイテム】キャプテン・アメリカのシールドの性能・種類・歴史について解説!【マーベル原作】キャプテン・アメリカ

盾でありながら武器としても扱えるキャプン・アメリカのシールド!

その種類は1つではなく複数存在している!

キャプテン・アメリカのシールドの歴史・性能・種類

キャプテン・アメリカのシールドの歴史・性能・種類
イカ
イカ

丸い形と星条旗カラーが特徴的なキャプテン・アメリカの代名詞だよね!

ハカセ
ハカセ

じゃが最初に使用されたシールドは円形ではなかったのじゃ。

⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中

MARVEL レジェンド・シリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー アイアンハート 6インチ (15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー8個付き
created by Rinker

キャプテン・アメリカのシールドの歴史

キャプテン・アメリカのシールドの歴史

スティーブ・ロジャーズがキャプテン・アメリカになった当初は、下部が逆三角形のヒーター形状と呼ばれる一般的な形のシールドを使用していた。

このシールドは鋼鉄製でそこそこの強度を持っていた。

しかし、ニック・フューリーと共にワカンダをナチスの軍勢から守るのに協力した際、レッドスカルとバロン・ストラッカーから激しい攻撃を受けてシールドは破壊されてしまうのだった。

それでもワカンダを守り抜いたキャプテン・アメリカに対して、国王のティチャカは少量のヴィブラニウムを提供。

その後マイロン・マクレイン博士が頑丈な金属を生み出すためにヴィブラニウムと他の金属を組み合わせ、全く新しい合金を作ることに成功。

このヴィブラニウムの特性を持った破壊不可能な合金は円形のシールドへと加工されると、キャプテン・アメリカに与えられた。

その後キャプテン・アメリカがアベンジャーズに加わると、トニー・スターク(アイアンマン)は彼のシールドに無線機と磁石を組み込むことで、シールドを投擲した際に軌道を制御できるシステムを加えた(その後取り外されたが)。

またアスガルドの神、サーペントと戦った際にはシールドが無残な形で破壊されてしまったものの、その後アスガルドのドワーフが神秘の金属ウルを加えて修復したため強化される形となった。

BLACK FRIDAYセール開催中

キャプテン・アメリカのシールドの性能

キャプテン・アメリカのシールドの性能

①ほぼ破壊不可能

キャプテン・アメリカのシールドにはヴィブラニウムウルといった希少で耐久力の非常に高い金属が使われているため、発射された弾丸やビームといったエネルギー攻撃の衝撃を吸収するほか、高温や低温にも耐えることができる。

②計算された形状

また、その形状も計算し尽くされており、シールドを投擲して攻撃するキャプテン・アメリカの戦闘スタイルに合わせて、空気抵抗を最小化し安定した軌道で飛行できるよう設計されている。

\⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中

キャプテン・アメリカのシールドの種類

キャプテン・アメリカのシールドの種類

①カイト

キャプテン・アメリカが最初に使用していた、ヒーター型の鋼鉄製のシールド。

レッドスカルとバロン・ストラッカーとの戦いで失われたが、アメリカにレプリカが存在している。

ヴィブラニウムを使用した合金製の物と、純ヴィブラニウム製の二種類が存在している。

前者は破壊されたが、後者はUSエージェントに引き継がれた。

アメリカ政府によってシールドの返却を求められた際に、トニースターク(アイアンマン)が開発してキャプテン・アメリカにプレゼントした物。

④フォトン製

SHIELDが開発し、シャロン・カーターより渡された、実態を持たないエネルギー製のシールド。

サーペントに破壊されたシールドをアスガルドのドワーフによって修復してもらった際に、ヴィブラニウム製のシールドには神秘の金属ウルが加えられた。

キャプテン・アメリカの使用した数あるシールドの中でも、これが最強なのではないかと目されている。

\⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中/

MARVELレジェンドシリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー ブラックパンサー 6インチ(15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー2個付き
created by Rinker

まとめ キャプテン・アメリカのシールド

イカ
イカ

意外にも色々な種類の盾を使いこなしていたんだね!

ハカセ
ハカセ

映画「アベンジャーズ エンドゲーム」にもあったように、キャプテン・アメリカのシールドは次の世代へと引き継がれ、新しいヒーローが意思を受け継いでいるのじゃ

⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました