【マイティ・ソー】デストロイヤーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【マイティ・ソー】デストロイヤーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】 ヴィラン

アスガルドの戦闘ロボット、デストロイヤー!

覚醒した破壊兵器はほぼ無敵である。

デストロイヤーの誕生・能力・活躍

デストロイヤーの誕生・能力・活躍

デストロイヤー基本情報

本名:なし

出身:アスガルド

身長:188cm

体重:386kg

初登場:1964年「JOURNEY INTO MYSTERY」♯118

イカ
イカ

映画「マイティ・ソー」に登場したアスガルドのロボットだよね。

ハカセ
ハカセ

原作ではオーディンが自ら作った兵器として登場するぞい。強いわけじゃ。

デストロイヤーの誕生

デストロイヤーの誕生

はるか昔、セレスティアルズと呼ばれる宇宙生命体が地球の人類に対して遺伝子実験を行った。

この実験が、超人的な能力を持った人間が次々と現れるようになるきっかけを作ったとされている。

セレスティアルズは千年後に再び地球を訪れることを決定し、もしその時に人間の進化が十分でなければ、惑星ごと滅ぼすという恐ろしい計画を立てていた。

そのことを知ったアスガルドの神々は、地球の破滅を阻止するための対抗手段としてデストロイヤーを作り出した。

デストロイヤーは神々の頂点に君臨するオーディンが製作し、アスガルド原産の未知の金属「アンチメタル」からできたボディはオーディンの魔力が注がれさらに強化された。

その結果、デストロイヤーのボディはアダマンチウムヴィブラニウムソーのハンマーの原料でもある神秘的な金属ウルよりも高い硬度を誇っている。

オーディンはデストロイヤーをインドシナ海の隠れた寺院に隠し、来るべき滅亡の日に備えた。

デストロイヤーの能力

デストロイヤーの能力

アンチメタル

デストロイヤーのアーマーはアスガルド原産の未知の金属「アンチメタル」でできている。

この「アンチメタル」という金属は、滅びた異星の神々の死骸が数えきれないほどのビッグバンやビッグクランチを耐え抜き、その過程で金属化したものである。

世界樹ユグドラシルの根の最深部から発掘されたこの金属を、周囲の宇宙ごと歪ませながら加工して作り上げられたのがデストロイヤーのアーマー部分である。

さらに内部骨格には神秘的な金属ウルが惜しげもなく使われており、デストロイヤーを破壊するのは事実上不可能とされている。

搭載された様々な兵器

デストロイヤーは超人的なパワーを持ち、その上様々な兵器が搭載されている。

それぞれの指がビーム砲になっており、高熱や電磁プラズマなどの莫大なエネルギーを放出することができる。

その威力は都市を丸ごと吹き飛ばすほど。

他にも物体を個体・液体・気体に変化させるビームを発射することもでき、この能力にはソーも苦しめられた。

また周囲の磁場を操ることができ、敵を引き寄せるトラクター・ビームを放つことができる。

最も強力なのは、顔面にあたる部分に搭載されている元素崩壊ビームである。

頭部のバイザーを解放して放たれる元素崩壊ビームは、その名の通り命中した物質の元素を崩壊させて甚大なダメージを与える。

このビームを受けた物質は、神秘的な金属ウルであっても耐えることができない。

また、足の裏に刻まれた重力制御のルーン文字のおかげで、空中を移動することもできる。

デストロイヤーの活躍

デストロイヤーの活躍

ロキによる悪用

セレスティアルズとの決戦に向けて隠されていたデストロイヤーだったが、その存在を聞きつけたロキが義兄であるソーを倒すために悪用しようと考えていた。

デストロイヤーが隠されている寺院周辺の高原を焼き尽くしたロキはデストロイヤーを発見すると、悪徳ハンターのバック・フランクリンの生命エネルギー(魂)を注ぎ込んでデストロイヤーを起動させた。

機動したデストロイヤーに襲われたソーは攻撃が通用せず歯が立たないことを知ると、フランクリンの肉体を探し出してそこに攻撃を仕掛ける振りをした。

するとフランクリンは肉体にピンチが及ぶことを恐れて、デストロイヤーのコントロールを手放した。

ソーはデストロイヤーを瓦礫の下に埋めて、二度と悪用されないようにした。

だが、悪童ロキはデストロイヤーの悪用を諦めておらず、今度は自分自身の魂をデストロイヤーに入り込ませると次元を超えてアスガルドへ渡った。

そしてあろうことか養父オーディンを襲って玉座を奪おうとした。

だがオーディンロキの身体を見つけ出して稲妻を落とすと、ロキの意識はデストロイヤーから飛び出してデストロイヤーは停止した。

その後もロキは懲りずにデストロイヤーを悪用しようとしたが、失敗に終わっている。

VSセレスティアルズ

そしていよいよセレスティアルズが地球を訪れた時、アスガルドの全ての神々(ソーロキは除く)がデストロイヤーに生命エネルギーを注ぎ込んだ。

すると覚醒したデストロイヤーは約610mもの大きさに巨大化し、さらには大剣オーディンソードを装備して南米にあるセレスティアルズの基地に攻め込んだ。

しかし想像を絶する強さを誇ったデストロイヤーでも、セレスティアルズの集団には全く歯が立たなかった。

オーディンソードは吹き飛ばされ、元素崩壊ビームは片手でブロックされる始末。

セレスティアルズの放った稲妻のような攻撃を受けたデストロイヤーのボディは、ドロドロに溶けて鉄くずと化した。

デストロイヤーは敗北を喫したが、幸いなことにセレスティアルズは人類の進化を認める判定を下したため、地球の滅亡は免れたのだった。

ちなみに破壊されたデストロイヤーは、その後またしてもロキが復活させ、悪用している。

まとめ デストロイヤーの強さ

まとめ デストロイヤーの強さ

パワー:A

耐久力:S

スピード:B

知能:C⁺

エネルギー:A

戦闘スキル:A

ハカセ
ハカセ

というわけで、デストロイヤーの強さは・・・

A じゃ!!!

ウルより硬い金属とかもうなんでもありなのじゃ。

イカ
イカ

デストロイヤーは映画「マイティ・ソー」で登場!

マーベル映画を観るならU-NEXT!

ご自宅のテレビだけでなく、スマホやタブレットを使って時と場所を問わずに楽しめる動画コンテンツサービス、 U-NEXT !

マーベル映画は「アイアンマン」~最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」まで見ることが可能!

ソニーピクチャーズのマーベルシリーズ「ヴェノム」や「スパイダーマン:スパイダーバース」も見ることができます!

「X-メン」シリーズや「ローガン」も視聴可能!

U-NEXTは国内最大規模の動画配信サービス

U-NEXTは株式会社U-NEXT(ユーネクスト)が提供する国内最大規模の動画配信サービス。

2021年8月時点で配信されている見放題の動画コンテンツ数はなんと210,000本以上

洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・アジアドラマ、アニメ、バラエティ、キッズ向け映像作品の他にも、マンガやラノベ、雑誌なども扱っておりかなり幅広いラインナップ。

基本料金は月額2,189円(税込)ただし初回登録から31日間は無料

初回申し込み時に特典として有料コンテンツ視聴時などに使える600ポイントが必ず貰える(2021年8月時点)上に、無料期間のみで解約も可能です。

無料・有料コンテンツについて

U-NEXTの動画コンテンツは「基本料金のみの見放題」と、「有料レンタル(追加課金の必要あり)」の2種類があります。

見放題のコンテンツだけでも配信数は210,000本あり、基本料金だけでも十分に楽しめますが、見たい作品が基本料金を払った上で有料だったら…と心配される方もいるはず。

でも大丈夫!

契約後は基本料金の中から毎月U-NEXT内で使える1,200円/ポイントが付与されるので、基本料金だけで有料コンテンツも見ることが可能

参考までに、マーベル最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は199ポイントで視聴できます!

使わなかったポイントが映画館のチケットになる!

ポイントの使い道はレンタルコンテンツだけではなく、提携する映画館(イオンシネマ、ユナイテッド・シネマ等)で使える映画チケットと引き換えることが可能!

ポイントは1ポイント=1円換算なので、初回登録特典の600ポイントを使えばそれだけで600円引きで映画が1本見れる計算に!

毎月付与される1,200ポイントも使い道がなかったり、余ったりした場合は観たい最新映画を映画館で使うことができるので無駄がない!

しかも通常1,800~1,900円する映画チケットが、ポイントで購入する場合1,400~1,500ポイントで購入でき、400~500円も割安に!

割引クーポン・映画チケットへの引き換えもスマホの操作だけで簡単にできるので、映画好きの方はお得に活用するべきですね。

U-NEXT内容まとめ

○ テレビ、スマホ、タブレットで21万本以上の映像コンテンツが見放題!

○ 雑誌(110誌以上読み放題)、マンガ、ラノベコンテンツも豊富!

○ 月額2,189円の中から1,200ポイントが付与され、有料コンテンツも楽しめる!

○ 余ったポイントは映画館で使える割安チケットにもなる!

○ 今なら無料トライアルで31日無料&600ポイントもらえる!途中解約も可能!

1つの契約で値段が変わらず4つまでアカウントを登録することもできる(プライバシー保護あり)ので、家族で楽しみたい方もオススメです。

更なる詳細は U-NEXT 公式サイトでご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました