【ファルコン&ウィンターソルジャー】バトルスターの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ファルコン&ウィンターソルジャー】バトルスターの強さ・能力について解説!【マーベル原作】ファルコン&ウィンターソルジャー

ジョン・ウォーカーから信頼を得た、キャプテン・アメリカの相棒!

彼は頼れるヒーローへと日々成長していく。

バトルスターの誕生・能力・活躍

バトルスターの誕生・能力・活躍

バトルスター基本情報

本名:レマー・ホスキンス

出身:アメリカ・イリノイ州シカゴ

身長:198cm

体重:129kg

ライバル:ウォッチドックス、サーペント・ソサエティ

初登場:1986年「CAPTAIN AMERICA」♯323

イカ
イカ

マーベルドラマ「ファルコン&ウィンターソルジャー」に登場した、ジョン・ウォーカーのサイドキックだよね。

ハカセ
ハカセ

ドラマでは悲運の死を遂げた彼じゃが、原作ではどんな活躍をしているのかのう。

バトルスターが登場する映像作品

・ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」2021年
※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

バトルスターの誕生

バトルスターの誕生

レマー・ホスキンスはアメリカ陸軍に従軍中、ジョン・ウォーカー、ヘクター・レノックス、ジェローム・ジョンソンの3名と特に親しくなった。

彼らとは退役後も親しい関係が続き、ある晩4人で飲んでいるとパワーブローカー社のエージェントを名乗る人物が近づいてきた。

彼は4人に、無差別級レスリング協会に所属しないかと誘い、そしてこの申し出を受け入れてくれるのならば、超人的なパワーを与えようと話した。

彼らは酒に酔っていたということもあり、その誘いを受け入れた。

施設に連れていかれた4人は放射線療法を受けると、本当に超人的なパワーを得ることができ、レスリングの大会では敵なしの大活躍を見せた。

その後契約期間が終わると、4人はレスリングから離れてアメリカ人至上主義を掲げるチーム、ボールド・アーバン・コマンドーズ(BUC)を結成。

ジョン・ウォーカースーパーパトリオットとしてBUCのリーダーになり、他の3人はその部下として協力した。

彼らの活動は徐々に民衆の支持を得るようになり、国会議事堂の爆破を予告したテロリスト、ネガソニック・ティーンエイジ ウォーヘッドを倒して危機を救ったことで英雄となった。

するとキャプテン・アメリカが任務を離れたため、その後任としてジョン・ウォーカーが指名された。

キャプテン・アメリカとして活動する道を選んだジョン・ウォーカーは、仲間の3人も一緒にチームとして働けると考えていたのだが、超人活動委員会(CSA)からパートナーとして適任だと判断されたのはレマー・ホスキンスのみだったため、他の二人とはそこで別れチームは解散となった。

キャプテン・アメリカの相棒となったホスキンスは、CSAから「バッキー」という名を与えられた(これはキャプテン・アメリカの初代相棒、バッキー・バーンズウィンターソルジャー)から取られたもの)。

しかし、最初の任務であるウォッチドックスを対象とした活動の後、ホスキンスはヒーロー名を「バトルスター」に改名した。

さらに赤と青の新コスチュームを身に着け、キャプテンアメリカが最初に使っていたようなカイト型のシールドを持つようになった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

バトルスターの能力

バトルスターの能力

超人的なパワー

パワーブローカーの放射線療法によって与えられたパワーは人並み外れた能力を彼に与えた。

超人的なパワー、スタミナ、敏捷性、耐久力を持ち合わせる。

さらに元軍人であるバトルスターは元々アスリート並みの運動能力を備えており、武器の扱いや素手での格闘にも長けている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

バトルスターの活躍

バトルスターの活躍

新キャプテン・アメリカの相棒

キャプテン・アメリカとその相棒として華々しくデビューを飾った二人に対して、CSAに選ばれなかった元仲間のレノックスとジョンソンの二人もチームを組んでヒーロー的な活動を始めるようになっていた。

レフト・ウィンガーとライト・ウィンガーと名乗って活動していた二人だったが、ある時スターダムを駆け上がるジョン・ウォーカーに嫉妬し、新キャプテン・アメリカの正体が彼であると世間にバラしてしまった。

すると先日の任務で打ち負かされたウォッチ・ドックスが、その情報を元にジョン・ウォーカーに対して個人攻撃を仕掛けるようになり、巻き添えで両親が死亡した。

怒りと悲しみで精神状態が不安定になったジョン・ウォーカーは、元仲間の二人に対して残酷な復讐を行い殺害。

その行動がさらに精神の不安定を加速させていく。

バトルスターはそんな彼を支えながら、レジスタンスやフラッグ・スマッシャー、サーペント・ソサエティ―といったヴィランと戦ったが、ジョン・ウォーカーの敵に対する行き過ぎた攻撃を止めることができず、ついにはキャプテン・アメリカを解任された。

同時にホスキンスもバトルスターとしての活動に終止符を打たざるを得なくなり、政府の仕事を辞めた。

復活のバトルスターと友情

ジョン・ウォーカーとも離れ地元のシカゴに戻ったホスキンスは、そこで再び学校に通い始めると高校卒業の認定を得た。

同時期にジョン・ウォーカーが殺されたという噂を聞き、居ても立ってもいられなくなった彼はそれが真実かどうか調査に乗り出した。

やがてホスキンスは、U.S.エージェントと改名して戦い続けるジョン・ウォーカーを見つけ出した。

しかし彼の精神状態は、以前別れたときよりも更にひどくなっていた。

ホスキンスは友人に寄り添うと励まし、未だに引きずっていた両親の死を受け入れるのを手伝った。

その後彼はバトルスターとしての活動を再開し、シルバー・セーブルの傭兵団やワイルドパック、ハワード・ザ・ダックの「ダッキー・ダズン」に参加するなどして活躍。

シビル・ウォーでは超人保護法に反対してキャプテン・アメリカ側について戦った。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

バトルスターの強さ

バトルスターの強さ

パワー:B⁺

耐久力:A⁺

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、バトルスターの強さは・・・

 じゃ!

まさに良き相棒!相棒の鑑じゃ!

イカ
イカ

最初のヒーロー名が「バッキー」って、CSA安直すぎだよね。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました