【ファルコン&ウィンターソルジャー】ジョンウォーカー(スーパーパトリオット)(U.S.エージェント)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ファルコン&ウィンターソルジャー】ジョンウォーカー(スーパーパトリオット)の強さ・能力について解説!【マーベル原作】ファルコン&ウィンターソルジャー

ヒーローになることを夢見た元軍人、ジョン・ウォーカー!

彼はキャプテン・アメリカになった!しかし・・・

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の誕生・能力・活躍

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の誕生・能力・活躍

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の基本情報

本名:ジョン・ウォーカー

出身:アメリカ・ジョージア州カスターズグローブ

身長:193cm

体重:122kg

ライバル:ウォッチドッグズ、レジスタンツ、フラッグ・スマッシャー

初登場:1986年「CAPTAIN AMERICA」♯323

イカ
イカ

マーベルドラマ「ファルコン&ウィンターソルジャー」で登場した、キャプテン・アメリカの後任として指名された人物だよね。その後色々あったけど。

ハカセ
ハカセ

原作のジョン・ウォーカーは、本物のキャプテン・アメリカとも戦っているのじゃ。

ジョン・ウォーカーが登場する映像作品

・ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」2021年

・ドラマ「サンダーボルツ」(配信時期未定)
※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の誕生

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の誕生

ジョン・ウォーカーはアメリカ南部の軍人一家に産まれた。

父親は陸軍の退役軍人で、兄も軍人だったが東南アジアの戦争で死亡している。

弟のジョンも軍人となり、フォート・ブラッグで訓練を受けたが、なかなか実戦の戦闘に参加できないことで飽きてしまい、自ら軍を去った。

そんな彼にパワーブローカーが目をつけ、言葉巧みに説得すると、ジョンに放射線療法を受けさせて肉体を強化させたのだった。

強力なパワーを得たジョンはスーパーパトリオットとなるために動き出した。

そして、キャプテン・アメリカを時代遅れのヒーローだとみなし、彼に反対する大集会を開いた。

ウォーカーの支持者たちは愛国精神を言い訳に次第に暴徒化していき、移民たちを標的にして攻撃し始めた。

キャプテン・アメリカはその現状を問題視し、ウォーカー主催の大集会に現れると説得を試みたが、話し合いは平行線に終わり、戦闘となる。

だがその場で決着はつかなかった。

スーパーパトリオット(ジョン)はその後、国会議事堂内で核爆破装置を起爆すると脅迫していたテロリスト、ネガソニック・ティーンエイジ ウォーヘッドとの戦闘に勝利して爆破を食い止めることに成功した。

メディアはその功績を一斉に称賛し、スーパーパトリオットは民衆の間で英雄として称えられるようになった。

その一方で、キャプテン・アメリカは超人活動委員会(CSA)から指示に従うよう圧力をかけられており、誰かに管理された状態で人を救うことはできないと考える彼は、ヒーローを継続できないと判断して役割を放棄した。

するとCSAはジョン・ウォーカーを次なるキャプテン・アメリカに指名した。

ジョンはその指名を受け入れると、改めてキャプテン・アメリカの活動やこれまでの戦いについて研究し、近づこうと努力した。

キャプテン・アメリカのことを知るたびに彼の偉大さに尊敬の念を抱くようになっていったジョンだったが、しかし彼の激高しがちな性格が治ることはなかった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の能力

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の能力

超人的なパワー

スーパーパトリオットはキャプテン・アメリカが受けた実験に似た放射線療法を受けることで、超人的なパワーを得ている。

人間離れした腕力、耐久力、スタミナを持つ。

高い戦闘スキル

スーパーパトリオットは軍隊で学んだ戦闘技術の他に、タスクマスターから訓練を受ける機会があり、そこで様々な武器の扱いや身のこなしなどの技術を学んだ。

キャプテン・アメリカに任命されてからはヴィブラニウム製のシールドを巧みに扱いながら戦う他に、銃や刃物等の武器も躊躇なく使用している。

また、盾の形状は円形に星型のとげが生えたような形をしている。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の活躍

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の活躍

キャプテン・アメリカVSキャプテン・アメリカ

キャプテン・アメリカとしての活動を始めたジョン・ウォーカーは、軍人時代からの相棒のバトルスターと共にシークレット・エンパイアのプロフェッサー・パワーとの戦闘に突入した。

すると彼は必要以上にヴィランを痛めつけると、ついにはプロフェッサー・パワーに馬乗りになって殴り殺した。

その後自警団員を名乗るウォッチドッグスがジョンの両親を誘拐し、人質に取って戦いを優位に進めようとした。

助けに駆けつけたジョンだったが、銃撃戦に巻き込まれた両親に流れ弾が当たり死亡すると、激高した彼は誘拐犯たちを皆殺しにした。

そのあまりの凶暴さから、早くもCSAは彼をキャプテン・アメリカに任命したことを後悔し始めていたが、ダグラス・ロックウェル委員長の口添えで解任には至らずに済んだ。

しかし実のところロックウェルはレッドスカルの命令を受けており、スティーブ・ロジャースとジョン・ウォーカー、二人のキャプテン・アメリカを同時に始末する計画を進めていたのだった。

その後ジョンはフラッグ・スマッシャーと戦闘になるが捕らえられてしまい、身動きができないとろをスティーブ・ロジャースに助けられた。

この出来事は、ジョンにとってはあまりにも屈辱的な出来事だった。

その心の隙を突くようにしてジョンの前に現れたレッドスカルは、ジョンに対しスティーブ・ロジャースこそが物事がうまく進まない元凶であると言葉巧みに説得し、対決をそそのかした。

ついに二人のキャプテン・アメリカは戦うことを余儀なくされ、ジョン・ウォーカーはスティーブに打ち負かされるとようやく正気を取り戻し、協力してレッドスカルを追い払った。

戦いの後、ジョンはキャプテン・アメリカの称号を放棄することを伝え、コスチュームと盾をロジャースに返すと、この称号にふさわしいのはあなたしかいないと敗北を認めたのだった。

新インベーダーズ

ジョン・ウォーカーはU.S.エージェントとしてヒーロー活動を続け、アベンジャーズで短期間活躍した後に、新インベーダーズのチームにキャプテン・アメリカとして加入しないかと誘われた。

引き受けたジョンはチームメイトたちに自分をキャプテン・アメリカと呼ぶよう要求したが、本当のキャプテン・アメリカを知るチームメイトたち(ゴーストライダーやキャプテン・ブリテンなど)には残念ながらは受け入れられなかった。

それでもチームのリーダーとしての責務を果たし、テロリストたちと戦い続けたジョンだったが、二代目ヒューマン・トーチであるジム・ハモンドが戦闘で死亡するとチームは解散した。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の強さ

ジョン・ウォーカー(スーパーパトリオット)の強さ

パワー:B⁺

耐久力:B

スピード:B

知能:C⁺

エネルギー:C⁺

戦闘スキル:B⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、スーパーパトリオットの強さは・・・

 じゃ!

強さも信念も、本物には及ばないのじゃ。

イカ
イカ

ドラマではヒーローとして再起したシーンもあったし、今後の登場も期待したいね。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました