【ファンルコン&ウィンターソルジャー】フラッグ・スマッシャー カール・モーゲンソーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ファンルコン&ウィンターソルジャー】フラッグ・スマッシャー カール・モンゲンソーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】ヴィラン

ナショナリズムの消滅を目的に活動するテロ集団のリーダー、フラッグ・スマッシャー!

その名はカール・モーゲンソー!

フラッグ・スマッシャーの誕生・能力・活躍

フラッグ・スマッシャーの誕生・能力・活躍

フラッグ・スマッシャー基本情報

本名:カール・モーゲンソー

出身:スイス・ベルン

身長:188cm

体重:106kg

ライバル:キャプテン・アメリカ、U.S.エージェント、ムーンナイト、X-メン

初登場:1985年「CAPTAIN AMERICA」♯312

イカ
イカ

ドラマ「ファルコン&ウィンターソルジャー」に登場したメインヴィランだよね。原作だと男なんだ。

ハカセ
ハカセ

ドラマの設定と共通する部分もあるから比べてみると面白いかものう。

フラッグ・スマッシャーが登場する映像作品

・ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」2021年
※【Disney+ (ディズニープラス)】独占配信。

フラッグ・スマッシャーの誕生

フラッグ・スマッシャーの誕生

カール・モーゲンソーはスイス人外交官の息子として誕生し、裕福な環境下で育った。

父親の仕事が外交官である性質上、カールも両親と共に世界中を回りながら暮らしていた。

そんな暮らしはカールを複数の言語が話せる子供に育てたが、一方でなかなか友達ができず内向的な性格となった。

事件は愛する父親がラトベリアの大使館で勤務していた時に起こった。

大使館周辺で起きた移民に関する暴動に巻き込まれ、父親が死亡してしまったのだ。

まだ十代だったカールは怒りと悲しみに暮れ、このような悲劇が存在するのは全て国家主義(ナショナリズム)によるものだと考えた。

それからカールはどんな代償を支払うことになろうとも、ナショナリズムと地理的な国境の消滅に人生を捧げるようになったのだった。

死亡した父親から相続した遺産を使って、カールは「ULTIMATUM(地下解放完全統合機動軍)」を立ち上げ、自らをフラッグ・スマッシャーと名付けた。

⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中

フラッグ・スマッシャーの能力

フラッグ・スマッシャーの能力

武器

フラッグ・スマッシャーのメイン武器は、大きなスパイクがついた人の頭ほどもある大きなメイスである。

それ以外にも銃火器の扱いに長けており、星条旗を離れた場所から撃ち抜くほどの正確性を持ち合わせている。

空手

フラッグ・スマッシャーは先述の通り武器を使用して戦うことが多いが、実は子どものころから空手を習っておりそれが戦闘の基礎となっている。

その腕前は松濤館流空手の達人クラスである。

超人的なパワー

フラッグ・スマッシャーがヴィランとして登場した時は通常の人間だったが、途中で超人的なパワーを与えられている。

これによってパワー、耐久力、スピードが増強している。

BLACK FRIDAYセール開催中

フラッグ・スマッシャーの活躍

フラッグ・スマッシャーの活躍

VSキャプテン・アメリカ

フラッグ・スマッシャーが最初に現れたのはニューヨークで、キャプテン・アメリカが演説する背後に並ぶ、各国の国旗の破壊を目的としていた。

国旗を破壊することで、今後国境を消滅させる活動を行うというメッセージを世間に広めようと画策しており、キャプテン・アメリカの演説中ともなればその効果がかなり期待できると踏んでいた。

計画を実行に移して国旗を銃で撃ち抜くと、彼は向けられたカメラの前で自分の主張を語った。

しかしその後キャプテン・アメリカの戦闘に敗北し、あえなく当局に引き渡された。

時が経ち釈放されたフラッグ・スマッシャーだったが反省はしておらず、先の主張に共感した追随者と共に飛行機をハイジャックして乗客を人質にした。

人質をアルプス山中の今や廃墟となったヒドラの基地に連れて行くと、犯行声明を出してキャプテン・アメリカの処刑を要求し、さもなければ人質を全員殺害すると予告した。

それを見たキャプテン・アメリカは映像を解析し、フラッグ・スマッシャーのいる場所を突き止めるとヒドラの基地に潜入し、まずは逃走用のヘリコプターを破壊した。

フラッグ・スマッシャーとキャプテン・アメリカは雪山の山中で再び激闘を繰り広げたが、またしてもフラッグ・スマッシャーは敗北した。

VSレッドスカル

キャプテン・アメリカに敗北を重ねてしまったフラッグ・スマッシャーは、アメリカから拠点を移して北極にULTIMATUMの基地を再建した。

彼はこの地で出資者から支援を受けながら、地球から電力を奪い取る装置「アルティメイタム・デバイス」を作り上げていた。

これは地球上の電力全てを機械で吸い取らせることで、電子機器などのテクノロジーに依存した人類を解放し、その結果人々が国境を越えて協調し合う未来が来るという理想から開発されたものだった。

しかし装置が完成すると、その主導権が謎の出資者によって奪われる事態が発生する。

その出資者とはレッドスカルで、装置によってもたらされる混乱が自分の野望実現の役に立つと考えていたのだった。

それに気づいたフラッグ・スマッシャーはレッドスカルのいびつなナショナリズムを嫌悪し、デバイスの機動を阻止しようとした。

しかし自分一人だけでは力不足と感じた彼は、自分にとってもレッドスカルにとっても宿敵であるキャプテン・アメリカに支援を要請した。

しかしその頃のキャプテン・アメリカは様々な事情によってスティーブ・ロジャースからジョン・ウォーカーへと変更になっており、そのことを知ったフラッグ・スマッシャーは激怒してジョン・ウォーカーを倒して人質にすると、それをエサにスティーブ・ロジャースを呼び出した。

駆けつけたスティーブ・ロジャースと、事情を聞かされてもなかなか納得のいかないジョン・ウォーカーフラッグ・スマッシャーの3人は協力して戦い、レッドスカルがデバイスを機動させるのを食い止めることに成功したのだった。

VSジョン・ウォーカー(U.S.エージェント)

ある時北極においてフラッグ・スマッシャー配下のエージェントたちが、キャプテン・アメリカの盟友であるDーマンを発見した。

彼は別の戦いで負傷しており、記憶喪失となって倒れていたのだった。

キャプテン・アメリカスティーブ・ロジャース)との再戦を望んでいたフラッグ・スマッシャーは、彼を人質にして宿敵を呼び出そうと考えた。

しかし、やってきたのはまたジョン・ウォーカーU.S.エージェント)だった。

激怒したフラッグ・スマッシャーはU.S.エージェントと激しい戦いを繰り広げたが、今回はジョン・ウォーカーも善戦して二人で冷たい海に落下すると戦いは引き分けに終わった。

しかし、この時フラッグ・スマッシャーは脳に損傷を負ってしまっていた。

手負いで弱ったフラッグ・スマッシャーを、ロクソン・オイル社の社長カルビン・ハルダーマンが捕獲すると、彼に超人的なパワーを与えて自分の下で働かせた。

ロクソン・オイル社の秘密を掴んだジャーナリスト二人を消すため、フラッグ・スマッシャーが動き出すと、それを止めるためにキャプテン・アメリカが立ち塞がった。

今度は本物のスティーブ・ロジャースキャプテン・アメリカだったため彼は歓喜したが、戦いでは当然のように敗北している。

フラッグ・スマッシャーの最後

反ナショナリズムを抱える彼のテロ行為は残念ながらほぼ失敗に終わっており、アメリカ政府にクーデターを仕掛けた際にはムーンナイトパニッシャーによって阻止された。

イギリスのバッキンガム宮殿を国家アイデンティティの象徴であると批判したフラッグ・スマッシャーは、宮殿の破壊を目論んだがスパイダーマンサンドマンに阻止されている。

唯一の成功例としては、戦神マルデゥクから資金の提供と助言を受けた結果、ルメキスタンの侵略には成功している。

しかし国のトップとなったフラッグ・スマッシャーは国の導き手としてはふさわしくなく、国民からの人気が低迷するとX-フォースのドミノにあっさりと暗殺されてその生涯を閉じた。

だが彼の精神はULTIMATUMの元エージェントであるガイ・ティエーロへ引き継がれている。

⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中

MARVEL レジェンド・シリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー アイアンハート 6インチ (15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー8個付き
created by Rinker

フラッグ・スマッシャーの強さ

フラッグ・スマッシャーの強さ

パワー:C⁺

耐久力:C⁺

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:C

戦闘スキル:A

ハカセ
ハカセ

というわけで、フラッグ・スマッシャーの強さは・・・

C⁺ じゃ!

戦闘スキルは一流のヴィランなのじゃ!

イカ
イカ

現れたキャプテン・アメリカがジョン・ウォーカーだと激怒するのが本当に面白い(笑)

\⚡BLACK FRIDAY⚡セール開催中/

MARVELレジェンドシリーズ ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー ブラックパンサー 6インチ(15 cm) MCUアクションフィギュア アクセサリー2個付き
created by Rinker

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

もちろんパソコンだけでなく、タブレットやスマホでも楽しめます。

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)
・「シーハルク」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シークレット・インベージョン」
 (2023年春配信予定)
・「ロキ」シーズン2
 (2023年夏配信予定)
・「エコー」
 (2023年夏配信予定)
・「アガサ:コヴン・オブ・カオス
 (2023年冬配信予定)
・「アイアンハート」
 (2023年配信予定)
・「デアデビル:ボーン・アゲイン」
 (2024年春配信予定)
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「アーマー・ウォーズ」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

もちろん途中解約による追加料金は発生しないので、時間のある連休中にだけ契約するのもアリ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)】では現在、オリジナルアニメーション「ホワット・イフ…?(What If…?)」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「ホワット・イフ…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そして実際に、アニメで初登場を果たした「キャプテン・カーター」が「マルチバース・オブ・マッドネス」にも登場して大きな話題となりました。

そのため今後、映画を最大限楽しむためには、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

「ホワット・イフ…?」シーズン2の配信は2023年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信が予定されています。

今後【Disney+ (ディズニープラス)】で公開される予定のオリジナルアニメ作品をまとめたのでご覧ください!

現在配信中ー

・「ホワット・イフ…?」(2021年)
・「ヒットモンキー」(2021年)
・「アイ・アム・グルート」(2022年8月10日)

ー今後配信予定ー

・「ホワット・イフ…?」シーズン2
 (2023年初頭配信予定)
・「X‐MEN´97」
 (2023年配信予定)
・「スパイダーマン:フレッシュマン・イヤー」
 (2024年配信予定)

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

サブスクで動画をサクサク見るなら、TVCMでお馴染みの「超」高速インターネット【NURO 光】がオススメ!

\今なら45,000円キャッシュバック中/

超高速インターネット下り最大2Gbps NURO光(公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました