【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】コスモの強さ・能力・エピソードについて解説!【マーベル原作】

【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】コスモの強さ・能力・エピソードについて解説!【マーベル原作】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

宇宙で迷子になった犬、コスモ!

このゴールデン・レトリバーは無事家に帰ることができるのか?

コスモの誕生・能力・エピソード

コスモの誕生・能力・エピソード

コスモ基本情報

本名:コスモ

出身:ソビエト連邦のどこか

身長:68cm

体重:32kg

ライバル:ユニバーサル・チャーチ・オブ・トゥルース、アビス、メイガス、インヒューマンなど

初登場:2008年「NOVA Vol.4」♯8

イカ
イカ

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」やアニメ「What if…?」に登場した犬だよね。

ハカセ
ハカセ

コスモも原作では立派なガーディアンズの一員なのじゃ!

コスモが登場する映像作品

・映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」2014年

・アニメ「ホワット・イフ…?」(第2話)2021年
※【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題配信中。

コスモの誕生

コスモの誕生

60年代、ソ連は宇宙実験の一環として、一匹の犬をシャトルに乗せて宇宙へと打ち上げた。

シャトルは地球から遠く離れた場所まで流れてゆき、コスモと名付けられていた犬は漂流犬となった。

それから時は過ぎ、スターロードロケットグルートガモーラドラックスがチームを結成した際、その本拠地となる宇宙基地ノーウェアを提供したのが、他ならぬコスモだった。

宇宙で迷子になったコスモは超能力を備えた後に、この宇宙基地ノーウェアに流れ着き、そこで警備主任として働くようになっていた。

ノーウェアには酒場や市場があり訪れた客人たちによって賑わう宇宙基地だったが、その大半は科学施設だった。

というのも、ノーウェアには死んだセレスティアルズの頭部が保管されており、これは基地の基礎となると同時に、物体をテレポーテーションさせる装置でもあった。

警備主任であるコスモは、銀河を守るという目的を持ったスターロードたちに、このテレポーテーション機能の利用を許したのだ。

その際、コスモはチーム名を「レトリーバーズ」にするよう提案したが却下され、彼らは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」と名乗った。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

MARVEL マーベルレジェンドシリーズ What If…? ドクター・ストレンジ・シュプリーム 6インチ アクションフィギュア 正規品 ビルド・ア・フィギュア・パーツ付き
created by Rinker

コスモの能力

コスモの能力

超能力

コスモはテレパシーやテレキネシスといった超能力を備えている。

テレパシーによって、しゃべることのできないコスモは他者とコミュニケーションを取る。

テレキネシス能力は、念じるだけで人や物体を動かしたり、身を守る障壁を発生させることができる。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

コスモの活躍

コスモの活躍

賢く強いコスモ

コスモはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの協力者として、セレスティアルズの頭部に内臓された「コンティニュアム・コーテックス」を使ってチームを銀河の様々な場所に転移させた。

シークレット・インベージョン事件では、ノーウェアでスクラルの侵入者や、ユニバーサル・チャーチ・オブ・トゥルースからの政治的な圧力に対処するなど警備主任としての任務を果たした。

しかしある時、アダム・ウォーロックはコスモとスクラルが秘密裏に連絡を取り合っていることに気付いた。

スクラルの協力者ではないかと疑われ、告発されたコスモは捕らえようとする仲間をテレキネシスで吹き飛ばした。

その後、実はコスモが連絡を取っていたスクラルは反体制派の平和主義者だったことが判明し、事なきを得た。

誠実なゴールデン・レトリバーは戦っても強いことをこの一件で証明した。

ロック・ジョーとの出会い

ウォー・オブ・キングス事件でガーディアンズ・オブ・ギャラクシーはクリー、シーア―、そしてインヒューマンズの三つ巴の戦争に巻き込まれた。

その戦いで、ガーディアンズの本拠地であるノーウェアがシーア―とインヒューマンズの軍隊に攻撃される事態に陥った。

この時、コスモはブルドックに似たインヒューマンのロック・ジョーと出会い、彼を犬の神だと思い込んだ。

その後コスモとガーディアンズは敵を追い払い、ノーウェアを守り抜いた。

ノーウェアへの帰還

コスモはガーディアンズに帯同してメイガスと戦ったが、その戦いで彼は死亡したと思われていた。

しかし彼の死に関する記述には誇張が多く含まれており、実は生きていたコスモはメイガスと手下と激しい戦闘を繰り広げた後、ガーディアンズと生まれ変わったサノスと共にキャンサーバースの脅威に対抗した。

戦いを終えたコスモはノーウェアへ帰還したが、留守の間にノーウェアは奴隷商人スカーンによって乗っ取られていたのだった。

さらにスカーンは、脅威となるコスモを騙して薬を盛り、超能力を使えなくした。

無力となったコスモだったが、失意の中出会ったノヴァの助けを借りると、ノーウェアを奪還することに成功したのだった。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

コスモの強さ

コスモの強さ

パワー:C

耐久性:C⁺

スピード:C⁺

知能:C⁺

エネルギー:B⁺

戦闘スキル:C⁺

ハカセ
ハカセ

というわけで、コスモの強さは・・・

C⁺ じゃ!

意外と強いマスコット的存在なのじゃ!

イカ
イカ

ぼくのライバルとして認めてあげようじゃないか。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました