【ブラックパンサー】キルモンガーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】

【ブラックパンサー】キルモンガーの強さ・能力について解説!【マーベル原作】ブラックパンサー

ブラックパンサーへの復讐だけを目的に生きる男、キルモンガー!

彼は何度もティチャラに勝利している。

キルモンガーの誕生・能力・活躍

キルモンガーの誕生・能力・活躍

キルモンガーの基本情報

本名:エリック・キルモンガー(ンジャダカ)

出身:ワカンダ

身長:198cm

体重:102kg

ライバル:ブラックパンサー、アイアンマン

初登場:1973年「JUNGLE ACTION THE BLACK PANTHER」♯6

イカ
イカ

映画「ブラックパンサー」に登場したメインヴィランだよね。狡猾な相手だった印象。

ハカセ
ハカセ

原作だとティチャラと何度もぶつかっておるのじゃ。

キルモンガーが登場する映像作品

・映画「ブラックパンサー」2018年

・アニメ「What If…?」2021年
※どちらも【Disney+ (ディズニープラス)】でのみ見放題。

キルモンガーの誕生

キルモンガーの誕生

アフリカのワカンダで誕生したンジャダカがまだ幼い頃、ヴィヴラニウムを狙ったユリシーズ・クローがワカンダの侵略を開始した。

ユリシーズ・クローはワカンダの王であるティチャカを殺害すると、ワカンダ人を暴力で支配して奴隷のようにしてヴィヴラニウム採掘のために働かせた。

奴隷となって強制的に労働させられたワカンダ人の中には、ンジャダカと彼の父親も含まれていた。

やがてティチャカの息子であるティチャラが立ち上がり、ユリシーズ・クローをワカンダから追い出すことに成功したのだが、ンジャダカの父親はクローによって殺害され、ンジャダカを含む数名の奴隷はアメリカに連れ去られてしまった。

その後自力でクローの支配から脱出したンジャダカは、父親を殺された恨みをティチャラに持つようになる。

彼が真に強い王であれば、ユリシーズ・クローの侵略など許さなかったからである。

彼はアメリカの地でエリック・キルモンガーと名を変え、勉学に没頭すると工学博士号と経営学修士を獲得した。

さらには肉体を鍛え上げ、様々な武器を扱えるよう訓練した。

全てはティチャラを王座から引きずり下ろし、復讐を果たすためだ。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

キルモンガーの能力

キルモンガーの能力

超人的なパワー

キルモンガーはブラックパンサーのみが使用することを許されるハート形のハーブを摂取したことで、超人的なパワーを獲得している。

パワー、スタミナ、敏捷性、耐久性が常人を超えるほどに高められている。

また、視力、聴力、嗅覚といった感覚も向上している。

武器の扱い

キルモンガーは銃火器や刃物といった武器の扱いに長けており、戦闘では必ず武装している。

また統率者としての資質を持っており、部隊を率いてティチャラを攻撃する。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

キルモンガーの活躍

キルモンガーの活躍

ワカンダへの帰還

アメリカで準備をしながらティチャラへの復讐の機会をうかがっていたキルモンガー。

彼の目的はティチャラを殺害し、ワカンダの王になることだった。

アベンジャーズの一員として活動を開始したブラックパンサーがアメリカを訪れた際、キルモンガーはティチャラに接触すると自分はワカンダの出身であることを明かし、故郷に帰還したい旨を伝えた。

この時はティチャラに対する復讐心はまだ隠していたが、ティチャラの計らいでワカンダへの帰還が成功すると彼はすぐに身を隠して復讐計画の準備に取り掛かった。

キルモンガーはブラックパンサーのみが摂取することを許されるハート形のハーブを人工的に再現することに成功し、自分が率いる軍隊に与えて強化した。

準備が整うと、軍隊にワカンダの街を占領させ、ティチャラに攻撃を仕掛けた。

キルモンガーとその軍隊の強さに逃亡を余儀なくされたブラックパンサーだったが、逃げた先でキルモンガーと彼に調教された豹に襲われ滝の上から落下した。

ブラックパンサーVSキルモンガー

キルモンガーに敗北し滝の上から落下したブラックパンサーだったが、なんとか生き延びていた。

ティチャラはキルモンガーの強さの秘密を知るため彼の尾行を開始した。

するとキルモンガーは「復活の祭壇」と呼ばれる場所に出入りしており、その祭壇には落下した隕石のかけらが祀られていた。

どうやらキルモンガーはその祭壇からパワーを得ているようだった。

その後も尾行を続行したブラックパンサーだったが、キルモンガーは追跡を見破っており、逆に軍隊を待ち伏せさせた地にティチャラをおびき寄せることに成功させた。

またしても滝の上で戦闘となったが、ブラックパンサーはキルモンガーとの決闘に持ち込こんだ。

しかしキルモンガーの圧倒的な強さに敗北を喫し、ブラックパンサーは倒れた。

キルモンガーがブラックパンサーにとどめを刺そうとしたその瞬間、カントゥという名の少年が飛び出し、キルモンガーに体当たりすると彼を滝の下に突き落とした。

カントゥはキルモンガーに両親を殺されており、復讐の機会をうかがっていたのだ。

復讐だけを目的に行動してきた結果、いつの間にかキルモンガーもまた復讐をされる側となってしまっていたのだった。

キルモンガーの復活

死亡したキルモンガーの遺体は彼の恋人であるマダム・スレイによって回収されていた。

彼の死体を前に夜通し悲しんでいたマダム・スレイだったが、驚くべきことにキルモンガーは生き返った。

彼を生き返らせたのは、アイアンマンを宿敵に持つヴィラン、マンダリンだった。

マンダリンは10個の恐るべきパワーを秘めた指輪を使い、キルモンガーを生き返らせたのだ。

実業家でもあるマンダリンはワカンダのヴィブラニウムに目をつけており、国を侵略しようとしていた。

利害の一致した二人は協力してワカンダを攻め、ついにブラックパンサーを銃撃戦の末に殺害することに成功した。

しかしこの時殺されたブラックパンサーは、実はアイアンマンの作ったライフ・モデル・デコイ(LMD)であり、キルモンガーは罠に嵌められおびき寄せられていたのだった。

その後攻撃を受けたキルモンガーは敗北し、指輪のパワーによって蘇った肉体は灰と化して死亡した。

また復活したキルモンガー

再び復活を果たしたキルモンガーはティチャラの不在時を狙ってワカンダの支配に成功した。

キルモンガーはワカンダの経済を破たんさせ、激怒したブラックパンサーとの一騎打ちにも打ち勝ち、ついにブラックパンサーの称号さえも手に入れた。

ブラックパンサーのみが摂取することを許されるハート形のハーブを摂取し、更なるパワーを得たキルモンガーは、次にアベンジャーズの実権を握ろうと企んだ。

しかしアベンジャーズのメンバーであるデッドプールとの戦闘中に体調に異変をきたし、キルモンガーは敗北する。

ハート形のハーブは、実は王族の血統を持つ者以外には有毒に作用するのだった。

死にかけたキルモンガーを見かねたティチャラは彼から全ての権利をはく奪した上で、彼に治療を受けさせ命を救った。

キルモンガーの死

回復したキルモンガーはワカンダに隣接するニガンダと呼ばれる国の支配者となった。

彼はティチャラの妹であるシュリを誘拐し、両国間での戦争を引き起こした。

またしても一騎打ちとなったキルモンガーとブラックパンサーの戦いは、最終的にキルモンガーが勝利した。

しかしニガンダ国の捕虜となっていたモニカ・ランボーブラックパンサーを助けに現れると、強烈な蹴りをキルモンガーの胸に突き刺し勝利した。

この攻撃によって、キルモンガーは死亡した(おそらくまた蘇るが)。

\Amazonタイムセール祭り開催中/

キルモンガーの強さ

キルモンガーの強さ

パワー:B⁺

耐久性:B

スピード:C⁺

知能:A

エネルギー:C

戦闘スキル:A

ハカセ
ハカセ

というわけで、キルモンガーの強さは・・・

 じゃ!!

復活を繰り返しブラックパンサーをつけ狙う狡猾な男なのじゃ!

イカ
イカ

映画だと王族の血を受け継いでいたけど、原作でだと違うんだね。

↓映像作品での活躍はこちら↓

\Amazonタイムセール祭り開催中/

マーベル映画・ドラマ・アニメを観るなら【Disney+】!

【サブスク】マーベル映画・ドラマ・アニメを見るならDisney+!【MCU・X‐MEN】

現在までに展開されているマーベル原作の映像作品(映画・ドラマ・アニメ)は、公開予定も含めると70作品以上!

そのほとんどを網羅し、一度に視聴できる見放題サイトは【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

2022年6月より、「スパイダーマン」シーリーズも視聴できるようになりました!

運営:ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション

サービス開始:2019年11月12日

世界登録者数:約1億2900万人(2022年2月現在)

料金:990円(税込)/月額プラン 9,900円(税込)/年額プラン

公式サイト:Disney+ (ディズニープラス)

Disney+をオススメする理由①:MCU作品が見放題の唯一のサブスク

現時点でマーベル映像作品を見放題で視聴できるサブスクは、【Disney+ (ディズニープラス)】のみであることをご存知でしょうか?

さらに近年では、SONYやNETFLIX、huluなどが制作した映画・オリジナルドラマ・アニメも【Disney+ (ディズニープラス)】が配信権を取得しているため、「スパイダーマン」シリーズや「デアデビル」、「ヒットモンキー」を一度に視聴できるのは【Disney+ (ディズニープラス)】だけとなっています。

Disney+ (ディズニープラス)】で視聴できるマーベル映像作品を一覧にしてまとめたのでご覧ください。

MARVEL作品一覧見放題◎×
MARVELスタジオ製作【映画】作品(28タイトル)
・アイアンマン
・キャプテン・アメリカ
・マイティ・ソー
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・アントマン

・ドクター・ストレンジ
・アベンジャーズ など
MARVELスタジオ製作【ドラマ・アニメ】作品(7タイトル)
・ワンダヴィジョン
・ファルコン&ウィンター・ソルジャー
・ロキ
・ホークアイ

ムーンナイト
・ミス・マーベル
・Whai If…? など
スパイダーマン【映画】作品
・旧3部作
・アメイジング2部作
・MCU版

スパイダーマン:スパイダーバース
・ヴェノムシリーズ
20世紀FOX配給【映画】作品(全13タイトル)
・X‐MENシリーズ
・ウルヴァリンシリーズ
・ローガン

・デッドプールシリーズ
・ニュー・ミュータント
NETFLIX製作【ドラマ】シリーズ(全6タイトル)
・デアデビル
・ルークケイジ
・ジェシカ・ジョーンズ
・アイアンフィスト
・パニッシャー
・ディフェンダーズ

※2022年3月から放映権利がネットフリックスから
 Disney+へ移行し6月29日より配信開始。
abc制作【ドラマ】シリーズ(全3タイトル)
・エージェント・カーター
・エージェント・オブ・シールド

・インヒューマンズ
hulu制作【ドラマ・アニメ】シリーズ(全3タイトル)
・ランナウェイズ
・ヘルストローム

・ヒットモンキー
※huluでは視聴不可
フリーフォーム制作【ドラマ】シリーズ(全1タイトル)
・クローク&ダガー

上記の70作品近いタイトルが見放題で視聴できるサブスクは、現時点で【Disney+ (ディズニープラス)】だけ!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルドラマ作品の充実

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を十分に楽しむためには、映画だけでなくドラマ・アニメ作品の視聴が不可欠となっています。

これまでNETFLIXやhulu、フリーフォームなどがドラマを展開してきましたが、「アベンジャーズ」などの本筋に影響を与えることはほとんどありませんでした。

しかし2021年に配信が開始された「ワンダヴィジョン」を皮切りに、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」など、これまでの主役級ヒーローたちがドラマに登場し、しかも今後公開の映画に直接関係する物語が展開されています。

今後Disney+で公開される予定のオリジナルドラマ作品をまとめたのでご覧ください!

ー現在配信中ー

・「ワンダヴィジョン」(2021年)
・「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021年)
・「ロキ」(2021年)
・「ホークアイ」(2021年)
・「ムーンナイト」(2022年)
・「ミズ・マーベル」(2022年)

ー今後配信予定ー


・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」
 (2022年配信予定)
・「シーハルク」
 (2022年配信予定)
・「アーマー・ウォーズ」
・「シークレット・インベージョン」
・「アイアンハート」
・「ブラックパンサーのスピンオフ(タイトル未定)」
・「エコー」
・「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」
・「ワンダーマン」

しかもこれらのドラマ作品は全て【Disney+ (ディズニープラス)】のみで視聴できる、オリジナル作品となっています!

Disney+をオススメする理由②:オリジナルアニメ作品

Disney+ (ディズニープラス)では現在、オリジナルアニメーション「What If…?」が配信されています。

この作品では「もしも世界がヒーローを失ったら?」「もしもティ・チャラがスターロードだったら?」「もしもウルトロンが勝利していたら?」など、起こり得たかもしれない「もしも」のエピソードを描くスピンオフアニメーションとなっています。

しかし本作は、ただのスピンオフでは終わっていないことが最近判明しました。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にて、ドクター・ストレンジがマルチバースの扉を開いてしまったことにより、「What If…?」で語られたキャラクターたちが「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する可能性が浮上したのです。

「マルチバース・オブ・マッドネス」の予告映像や宣伝ポスターなどに、アニメで登場した人物やアイテムと見られる存在が確認されています。

そのため映画を最大限楽しむために、ドラマと合わせてアニメの視聴がおすすめ!

さらに「What If…?」シーズン2の配信も2022年に【Disney+ (ディズニープラス)】で配信予定!

Disney+のオススメポイントまとめ

○ マーベル映像作品が「見放題」で視聴できる唯一のサブスク!

○ ここでしか見ることができない、オリジナル作品が充実!

○ マーベルだけでなく、ディズニー、ピクサー、スターウォーズ等の作品も見放題!

○ 比較的安価な月額990円(年額プラン9,900円)!

○ 最大5つのデバイスで視聴可能!

更なる詳細は【Disney+ (ディズニープラス)】公式サイトでご確認ください。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました